かなりレアな1900mのダートレースである平安ステークス。

 

2012年までは1800mのダートレースとして1月に開催されていました。

 

その後、東海ステークスと入れ替わるように、1900mのレースとして5月に移動しました。

 

昨年は、5月に移動してから初めてのフルゲート割れのレースでした。

 

そして、昨年の平安ステークス1着馬のアスカノロマンも出走予定になっています。

 

今回は、平安ステークス2017のサインを探してみたいと思います。

平安ステークス2017の出走予定馬(特別登録)

出典 JRA

 

東海テレビ杯東海ステークスに続いて、ラストインパクトの名前がありますね。

 

東海テレビ杯東海ステークスでは、同じ馬主のグレンツェントが1着となっていますが、再び東海テレビ杯東海ステークスの再現となるのでしょうか?

 

そして、平安ステークスに4回目の登場となるクリノスターオー。

 

果たして、今回は何着になるのでしょう?

馬 名 負担重量 想定騎手 調教師
1  アスカノロマン  57.0kg  和田竜二  川村 禎彦
2  マル外アメリカンウィナー  56.0kg  戸田 博文
3  エルマンボ  56.0kg  岩田康誠  堀 宣行
4  カゼノコ  58.0kg  太宰啓介  野中 賢二
5  クリソライト  58.0kg  武豊  音無 秀孝
6  クリノスターオー  56.0kg  幸英明  高橋 義忠
7  グレイトパール  56.0kg  川田将雅  中内田 充正
8  グレンツェント  58.0kg  C.ルメール  加藤 征弘
9  ケイティブレイブ  58.0kg  福永祐一  目野 哲也
10  コパノチャーリー  56.0kg  村山 明
11  タガノエスプレッソ  56.0kg  北村友一  五十嵐 忠男
12  タガノゴールド  56.0kg  川村 禎彦
13  マル外ドリームキラリ  56.0kg  黛弘人  矢作 芳人
14  ピオネロ  56.0kg  石橋脩  松永 幹夫
15  マイネルクロップ  56.0kg  岡部誠  飯田 雄三
16  マイネルバイカ  56.0kg  西村 真幸
17  メイショウイチオシ  56.0kg  庄野 靖志
18  メイショウウタゲ  56.0kg  安達 昭夫
19  メイショウヒコボシ  56.0kg  安達 昭夫
20 ヨヨギマック 56.0kg  酒井学  岡田 稲男
21 ラストインパクト 56.0kg  四位洋文  角居 勝彦
22 リーゼントロック 56.0kg  中谷雄太  矢作 芳人
23 ロワジャルダン 56.0kg  浜中俊  戸田 博文
24 ロンドンタウン 56.0kg  松山弘平  牧田 和弥

参考 NETKEIBA

出走馬情報からのサイン

出走馬情報に記載されているのは、クリソライト・グレイトパール・ケイティブレイブ・グレンツェント・クリノスターオー・ピオネロ・ロンドンタウン・アスカノロマンの8頭。

 

この中に最低1頭の連対馬がいそうです。

 桃山ステークス1着馬の出走からのサイン

http://ameblo.jp/から引用

 

2013年に5月に移動となった平安ステークスですが、京都1900mと平安ステークスと同条件の1600万下条件戦の桃山ステークス1着馬のコパノチャーリーが出走予定となっています。

 

もし、コパノチャーリーが平安ステークス2017に出走してきたら、移動初年度の2013年以来となります。

 

2013年平安ステークス(16頭立て)

1着 ニホンピロアワーズ 6歳牡馬 59キロ(増量馬) 酒井学騎手 1人気

前走 アンタレスステークス(ダート1800m)2着

2012年ジャパンカップダート1着馬

同枠 アメリカンウィナー マル外 4歳牡馬 56キロ 幸英明騎手 12人気

前走 1600万下条件戦・総武ステークス(ダート1800m)1着

2着 ナイスミーチュー 6歳牡馬 57キロ(増量馬) 小牧太騎手 8人気

前走 アンタレスステークス(ダート1800m)5着

前々走 仁川ステークス(ダート2000m)1着

同枠 マイネルバイカ  4歳牡馬 56キロ 藤田伸二騎手 11人気

前走 1600万下条件戦・桃山ステークス(ダート1900m)1着

3着 ナムラタイタン 7歳牡馬 56キロ 太宰啓介騎手 5人気

前走 ブリリアントステークス(ダート2100m)4着(1着同枠)

前々走 フェブラリーステークス9着

同枠 ハタノヴァンクール 4歳牡馬 59キロ(増量馬) 四位洋文騎手 3人気

前走 ダイオライト記念(ダート2400m)2着

 

2着同枠に1600万下条件戦・桃山ステークス1着馬がいます。

 

コパノチャーリーが出走してきたら、コパノチャーリーの同枠に注意が必要です。

スポンサーリンク

最後に

東海テレビ杯東海ステークス1着馬のグレンツェント、4連勝中のグレイトパール、昨年の1着馬のアスカノロマンあたりが人気を集めそうです。

 

特に、グレイトパールは500万、1000万、1600万下の条件戦で1900mという距離で連勝してきた馬。

 

何か気になります。

 

また、出馬表などが揃ったら再度検討したいと思います。

スポンサーリンク