ホープフルステークス2017の出馬表とG1ヘッドラインが出ましたね。

 

G1となったホープフルステークスですが、最初のホープフルステークスの覇者はどの馬になるのでしょうか?

 

今回はG1ヘッドラインを中心にサインを探してみたいと思います。

スポンサーリンク

 ホープフルステークス2017の出馬表

出典 JRA

 

ホープフルステークス2017には18頭の登録があり、ニシノベースマンが回避し、17頭立てとなりました。

 

放馬で出走が危ぶまれたルーカスは出走するようですね。

 

出馬表を見ると、牝馬のリュヌルージュとナスノシンフォニーが対角配置になっています。

1枠 1番 リュヌルージュ 牝2 54.0kg 北村 宏司 斉藤 崇史
2番 トーセンクリーガー 牡2 55.0kg 横山 和生 小野 次郎
2枠 3番 ウォーターパルフェ 牡2 55.0kg 酒井 学 田所 秀孝
4番 ロードアクシス 牡2 55.0kg 三浦 皇成 奥村 豊
3枠 5番 トライン 牡2 55.0kg 北村 友一 浜田 多実雄
6番 マイハートビート 牡2 55.0kg 津村 明秀 高橋 義忠
4枠 7番 タイムフライヤー 牡2 55.0kg C.デムーロ 松田 国英
8番 シャルルマーニュ 牡2 55.0kg 戸崎 圭太 清水 久詞
5枠 9番 サンリヴァル 牡2 55.0kg 田辺 裕信 藤岡 健一
10番 ルーカス 牡2 55.0kg M.デムーロ 堀 宣行
6枠 11番 フラットレー 牡2 55.0kg C.ルメール 藤沢 和雄
12番 ジュンヴァルロ 牡2 55.0kg 藤岡 康太 友道 康夫
7枠 13番 ステイフーリッシュ 牡2 55.0kg 中谷 雄太 矢作 芳人
14番 ワークアンドラブ 牡2 55.0kg 内田 博幸 田所 秀孝
8枠 15番 ジャンダルム 牡2 55.0kg 武 豊 池江 泰寿
16番 シャフトオブライト 牡2 55.0kg 松田 大作 北出 成人
17番 ナスノシンフォニー 牝2 54.0kg 吉田 隼人 武井 亮

出走馬情報からのサイン


出典 JRA

 

出走馬情報にはルーカス、ジャンダルム、タイムフライヤー、サンリヴァル、ジュンヴァルロ、マイハートビート、フラットレー、シャルルマーニュの8頭の記載がありました。

 

この8頭の中から優勝馬が出そうですね。

ホープフルステークス2017のG1ヘッドラインからのサイン

ホープフルステークス2017のG1ヘッドラインは「今年最後の夢が来春に続く軌跡の始まり。」

 

ホープフルステークスとしては、最初のG1ですから、他のG1レースからサインを探すことになります。

 

やはり、気になるのは「軌跡」という言葉です。

 

今年のジャパンカップでも使われていました。

 

ジャパンカップはシュヴァルグランとレイデオロのゾロ目決着。

 

1枠が使われていました。

 

また、同じ馬齢戦である菊花賞でキセキが優勝しましたが、7枠13番は気になります。

 

他には、ホープフステークスと同様にG1となった大阪杯とは「夢」という言葉が一致しています。

 

大阪杯はキタサンブラックが勝ちましたが、4枠が使われています。

中山G1からのサイン

中山で行われるG1は皐月賞、スプリンターズステークス、有馬記念、そして今年からG1化されたホープフルステークス。

 

2017年皐月賞(18頭立て)

1着 アルアイン 6枠11番(逆8番)松山弘平騎手 9人気

2着 ペルシアンナイト 4枠7番(逆12番)M.デムーロ騎手 4人気

3着 ダンビュライト 5枠10番(逆9番)武豊騎手 12人気

 

2017年スプリンターズステークス(16頭立て)

1着 レッドファルクス 4枠8番(逆9番)M.デムーロ騎手 1人気

2着 レッツゴードンキ 1枠2番(逆16番)岩田康誠騎手 5人気

3着 ワンスインナムーン 3枠6番(逆11番)石橋脩騎手 7人気

 

2017年有馬記念(16頭立て)

1着 キタサンブラック 1枠2番(逆15番)武豊騎手 1人気

2着 クイーンズリング 2枠3番(逆14番)ルメール騎手 8人気

3着 シュヴァルグラン 5枠10番(逆7番)ボウマン騎手 3人気

 

皐月賞とスプリンターズステークスは正逆8番で連動、スプリンターズステークスと有馬記念は正2番で連動しています。

 

となると、正逆2番か正逆15番、正逆3番、正逆14番がホープフルステークスで連動しないでしょうか。

スポンサーリンク

最後に

阪神ジュベナイルフィリーズで2着となったリリーノーブルは18頭立ての7番(逆12番)配置で、サンデーレーシングが馬主です。

 

朝日杯フューチュリティステークスで2着となったステルヴィオは16頭立ての10番(逆7番)配置で、サンデーレーシングが馬主です。

 

ホープフルステークス2017で7番配置となったタイムフライヤーはサンデーレーシングが馬主です。

 

もし、流れが続くのであれば、この馬が2着かも知れません。

スポンサーリンク