ホープフルステークス2018の出馬表とG1ヘッドラインが発表されました。

 

サートゥルナーリアは4枠5番に、アドマイヤジャスタは6枠8番に、ニシノデイジーは1枠1番に配置されました。

 

今回はG1ヘッドラインなどから、ホープフルステークス2018のサインを探してみたいと思います。

スポンサーリンク

ホープフルステークス2018の出馬表

出典 JRA

 

ホープフルステークス2018には17頭が登録し、朝日杯フューチュリティステークスに出走していたクリノガウディーとコパノマーティンの他に、タイセイモナーク、ハギノアップローも回避し、13頭立てとなっています。

 

ブラックタイド産駒のハクサンタイヨウとミッキーブラックが同枠となっています。

1枠 1番 ニシノデイジー 牡2 55.0kg 勝浦 正樹 高木 登
2枠 2番 ブレイキングドーン 牡2 55.0kg 福永 祐一 中竹 和也
3枠 3番 キングリスティア 牡2 55.0kg 内田 博幸 河内 洋
4枠 4番 ヒルノダカール 牡2 55.0kg 松田 大作 北出 成人
5番 サートゥルナーリア 牡2 55.0kg M.デムーロ 中竹 和也
5枠 6番 ハクサンタイヨウ 牡2 55.0kg 松岡 正海 浅野 洋一郎
7番 ミッキーブラック 牡2 55.0kg O.マーフィー 音無 秀孝
6枠 8番 アドマイヤジャスタ 牡2 55.0kg C.ルメール 須貝 尚介
9番 ジャストアジゴロ 牡2 55.0kg 田辺 裕信 大和田 成
7枠 10番 マードレヴォイス 牡2 55.0kg 三浦 皇成 田村 康仁
11番 ヴァンドギャルド 牡2 55.0kg C.デムーロ 藤原 英昭
8枠 12番 タニノドラマ 牡2 55.0kg 池添 謙一 松田 国英
13番 コスモカレンドゥラ 牡2 55.0kg 戸崎 圭太 田中 博康

G1ヘッドラインからのサイン

ホープフルステークス2018のG1ヘッドラインは、「世代の主役となれ、若き日の栄冠が自信を育む。」

 

「主役」という言葉は、2018年皐月賞で使われていますね。

 

2018年皐月賞

唯一の春に叫ぶ、三冠の軌跡の主役は譲れない。

 

2018年皐月賞は、エポカドーロが勝っていますね。

 

エポカドーロは4枠7番で7人気で優勝。

 

また、戸崎圭太騎手が騎乗し、藤原英昭厩舎の馬です。

ゲストプレゼンターからのサイン

ホープフルステークス2018のゲストプレゼンターは、2019年JRA年間プロモーションに新たに加わる中川大志と葵わかな!

 

葵といえば、今年重賞となった葵ステークスが連想されます。

 

葵ステークスは2枠のゴールドクイーンが勝っていますが、2枠は同じ調教師の馬が同居していました。

阪神ジュベナイルフィリーズと朝日杯フューチュリティステークスからのサイン

阪神ジュベナイルフィリーズは、1人気のダノンファンタジーが勝ちました。

 

そして、朝日杯フューチュリティステークスは、2人気のアドマイヤマーズが勝ちました。

 

この2頭の馬の前走を見てみると、ダノンファンタジーはKBS京都賞ファンタジーステークスに出走して1人気で勝っており、アドマイヤマーズはデイリー杯2歳ステークスに出走して1人気で勝っています。

 

では、2017年のKBS京都賞ファンタジーステークスとデイリー杯2歳ステークスの勝ち馬は、阪神ジュベナイルフィリーズと朝日杯フューチュリティステークスでどんな結果となっていたのでしょうか?

 

2017年のKBS京都賞ファンタジーステークスを勝ったベルーガは、その後骨折が判明し、復帰したのは翌年10月の信越ステークスとなっています。

 

一方、2017年のデイリー杯2歳ステークスをジャンダルムは、ホープフルステークスに出走して2着となっています。

 

つまり、2017年のKBS京都賞ファンタジーステークスの1着馬は、阪神ジュベナイルフィリーズに出走しておらず、2017年のデイリー杯2歳ステークスの1着馬は朝日杯フューチュリティステークスに出走していなかったということです。

 

では、ホープフルステークス2018でも考えてみたいと思います。

 

KBS京都賞ファンタジーステークスもデイリー杯2歳ステークスも地方馬が2着以内に入れば、阪神ジュベナイルフィリーズと朝日杯フューチュリティステークスに優先的に出走できるレースです。

 

同じ様に、ホープフルステークスには、地方馬が2着以内に入れば、ホープフルステークスに優先的に出走できるレースとして、東京スポーツ杯2歳ステークスと京都2歳ステークスがあります。

 

ホープフルステークス2018の出走馬には、東京スポーツ杯2歳ステークス1着馬のニシノデイジー、ラジオNIKKEI杯京都2歳ステークス2着馬のブレイキングドーンがいます。

 

2017年のラジオNIKKEI杯京都2歳ステークス2着馬のタイムフライヤーは、2017年のホープフルステークスに出走して1着。

 

しかし、2017年の東京スポーツ杯2歳ステークス1着馬のワグネリアンは、次走が報知杯弥生賞でした。

スポンサーリンク

最後に

13頭立てとなったホープフルステークス2018ですが、今年、13頭立てで行われたG1は天皇賞秋です。

 

天皇賞秋は、2人気のレイデオロが4枠4番で勝っています。

 

1人気が予想されるサートゥルナーリアは勝つことができるのでしょうか?

スポンサーリンク