サマースプリントシリーズ第3弾となるアイビスサマーダッシュ。

 

重賞で1000m直線のレースはこのレースだけです。

 

そんなアイビスサマーダッシュに登録してきた馬が18頭。

 

昨年いなかった3歳馬も登録されています。

 

今回は、アイビスサマーダッシュ2017のサインを探してみたいと思います。

スポンサーリンク

アイビスサマーダッシュ2017の出走予定(特別登録)

http://keiba-news.tv/から引用

 

1 アクティブミノル 56.0kg 牡5  酒井学 北出 成人
2 アースエンジェル 54.0kg 牝5  吉田隼人 田中 剛
3 イオラニ 56.0kg せん6  木幡巧也 栗田 博憲
4 オヒア 54.0kg 牝5 村山 明
5 キープレイヤー 54.0kg 牝6  嶋田純次 佐藤 吉勝
6 シンボリディスコ 56.0kg 牡7  伴啓太 高橋 祥泰
7 ダンシングワンダー 54.0kg 牝5 中内田 充正
8 ナガラオリオン 56.0kg 牡8 大根田 裕之
9 ナリタスターワン 56.0kg 牡5  柴田善臣 高橋 亮
10 ネロ 58.0kg 牡6  戸崎圭太 森 秀行
11 マル外フィドゥーシア 54.0kg 牝5  石橋脩 松元 茂樹
12 ブライトチェリー 54.0kg 牝7  柴田大知 菊川 正達
13 プレイズエターナル 56.0kg 牡7  北村友一 安田 隆行
14 ラインスピリット 56.0kg 牡6  岩田康誠 松永 昌博
15 ラインミーティア 56.0kg 牡7  西田雄一郎 水野 貴広
16 マル外レヴァンテライオン 53.0kg 牡3  内田博幸 矢作 芳人
17 レジーナフォルテ 51.0kg 牝3  杉原誠人 佐藤 吉勝
18 レッドラウダ 56.0kg 牡4  大野拓弥 音無 秀孝

アイビスサマーダッシュ2017のプレゼンターからのサイン

出典 JRA

 

アイビスサマーダッシュ2017のプレゼンターはメイプル超合金。

 

もしかしたら、メイプル超合金からサインがあるかも知れません。

 

メイプル超合金は安藤なつとカズレーザーのお笑いコンビ。

 

安藤なつは、本名が安藤和代で1981年1月31日生まれのツッコミ担当。

 

カズレーザーは、本名が金子和令(かねこかずのり)で、1984年7月4日生まれのボケ担当。

 

安藤なつと誕生日が同じ調教師に高橋祥泰氏がいます。

 

高橋祥泰氏が管理する馬はシンボリディスコですね。

 

カズレーザーと同じ誕生日の騎手や調教師はいませんでした。

 

ちょっと気になるのは、カズレーザーの本名です。

 

カズレーザーの本名は金子和令ですが、オヒアの馬主は金子真人ホールディングスです。

 

オヒア自身及び同枠には注意したいと思います。

 

また、サンミュージックに所属していることから、シンボリディスコは気になります。

韋駄天ステークス

韋駄天ステークスで1着となったフィドゥーシアが出走してきます。

 

韋駄天ステークスは2014年に創設された1000mのオープンレースですが、創設された2014年に1着となったセイコーライコウ以外は連対することができていません。

 

2014年アイビスサマーダッシュ

セイコーライコウ 1人気1着

前走 函館スプリントステークス 5人気4着

前々走 韋駄天ステークス 2人気1着

 

2015年アイビスサマーダッシュ

フレイムヘイロー 8人気9着

前走 CBC賞 15人気11着

※ 前年韋駄天ステークス1着馬のセイコーライコウが1着同枠

前々走 韋駄天ステークス15人気1着

 

2016年アイビスサマーダッシュ

プリンセスムーン  3人気3着

前走 韋駄天ステークス2人気1着

 

フィドゥーシアは、韋駄天ステークス2人気1着で、直接アイビスサマーダッシュに参戦してくるので、プリンセスムーンに近い馬ですね。

 

当日のアイビスサマーダッシュで3人気以内に支持されるようだと3着以内が見えてきそうです。

スポンサーリンク

最後に

アイビスサマーダッシュはサマースプリントシリーズ第3戦なので、函館スプリントステークスやCBC賞を戦った馬の登録もあります。

 

そんな馬たちの中に、CBC賞3着馬のアクティブミノルの名前があります。

 

CBC賞がサマースプリントシリーズに加わったのは2012年からですが、CBC賞3着馬がアイビスサマーダッシュに参戦してきたのは、2016年のベルカント以外いません。

 

ベルカントはアイビスサマーダッシュで1人気1着となっていますが、アクティブミノルはどうでしょうか?

スポンサーリンク