17頭立てで行われることになった今年のジャパンカップ。

 

昨年も17頭立てで行われていましたね。

 

2012年、2013年のジャパンカップで連覇を達成したジェンティルドンナも、ともに17頭立てのジャパンカップで優勝していました。

 

キタサンブラックに連覇の可能性が出てきた気がします。

 

今回も、ジャパンカップ2017のサインを探してみたいと思います。

スポンサーリンク

 ジャパンカップ2017の出馬表

出典 JRA

 

ジャパンカップ2017には19頭が登録し、タンタアレグリアとタンタアレグリアが回避し、17頭立てとなりました。

 

1人気が予想されるキタサンブラックは2枠4番、2017年ダービー馬のレイデオロは1枠2番、宝塚記念1着、天皇賞秋2着でM.デムーロ騎手騎乗のサトノクラウンは6枠12番に配置されました。

1枠 1番 シュヴァルグラン 牡5 57.0kg H.ボウマン 友道 康夫
2番 レイデオロ 牡3 55.0kg C.ルメール 藤沢 和雄
2枠 3番 シカク外ギニョール 牡5 57.0kg F.ミナリク J.カルヴァロ
4番 キタサンブラック 牡5 57.0kg 武 豊 清水 久詞
3枠 5番 サウンズオブアース 牡6 57.0kg 田辺 裕信 藤岡 健一
6番 シカク外イキートス 牡5 57.0kg D.ポルク H.グリューシェル
4枠 7番 ディサイファ 牡8 57.0kg 柴山 雄一 小島 太
8番 ソウルスターリング 牝3 53.0kg C.デムーロ 藤沢 和雄
5枠 9番 レインボーライン 牡4 57.0kg 岩田 康誠 浅見 秀一
10番 シカク外ブームタイム 牡6 57.0kg C.パリッシュ D.ヘイズ
6枠 11番 マカヒキ 牡4 57.0kg 内田 博幸 友道 康夫
12番 サトノクラウン 牡5 57.0kg M.デムーロ 堀 宣行
7枠 13番 シャケトラ 牡4 57.0kg 福永 祐一 角居 勝彦
14番 シカク外アイダホ 牡4 57.0kg R.ムーア A.オブライエン
8枠 15番 ワンアンドオンリー 牡6 57.0kg 橋口 慎介 横山 典弘
16番 ヤマカツエース 牡5 57.0kg 池添 謙一 池添 兼雄
17番 ラストインパクト 牡7 57.0kg 戸崎 圭太 角居 勝彦

出走馬情報からのサイン

出走馬情報には、外国馬のアイダホ、ギニョール、イキートス、ブームタイムの他に、キタサンブラック、レイデオロ、サトノクラウン、ソウルスターリング、シュヴァルグラン、マカヒキが記載されています。

 

この10頭の中にジャパンカップ2017の優勝馬がいそうですね。

過去の天皇賞春秋連覇馬からのサイン

今年、キタサンブラックは天皇賞春秋連覇を達成しました。

 

過去に天皇賞春秋連覇を達成した馬はタマモクロス、スーパークリーク、スペシャルウィーク、テイエムオペラオー、メイショウサムソン、キタサンブラックの6頭。

 

ただし、スーパークリークは同一年ではないため除外します。

 

では、天皇賞春秋連覇を達成した馬が、その年にジャパンカップに出走した時の結果はどうだったのでしょう?

 

1988年ジャパンカップ(16頭立て・取消戦)

1着 ペイザバトラー 牡5 外国馬 8枠16番(逆1番)マッキャロン騎手 9人気

前走 ロスマンズ国際ステークス9着

マンノウォーステークス2着馬

2着 タマモクロス 牡5 3枠5番(逆12番)南井克巳騎手 1人気

前走 天皇賞秋2人気1着

1988年天皇賞春・宝塚記念1着

3着 オグリキャップ 牡4 マル地 4枠8番(逆9番)河内洋騎手 3人気

前走 天皇賞秋1人気2着

 

1999年ジャパンカップ(15頭立て・取消戦)

1着 スペシャルウィーク 牡5 7枠13番(逆3番)武豊騎手 2人気

前走 天皇賞秋4人気1着

1999年天皇賞春1着、宝塚記念2着

2着 インディジェナス せん7 外国馬 4枠7番(逆9番)ホワイト騎手 12人気

前走 ナショナルパナソニックC10着

3着 ハイライズ 牡5 外国馬 7枠12番(逆4番)デットーリ騎手 7人気

前走 チャンピオンステークス6着

 

2000年ジャパンカップ(16頭立て)

1着 テイエムオペラオー 牡5 4枠8番(逆9番)和田竜二騎手 1人気

前走 天皇賞秋1人気1着

2000年天皇賞春・宝塚記念1着

2着 メイショウドトウ 牡5 マル外 7枠13番(逆4番)安田康彦騎手 5人気

前走 天皇賞秋2人気2着

3着 ファンタスティックライト 牡5 外国馬 5枠10番(逆7番)デットーリ騎手 2人気

前走 ブリーダーズカップターフ5着

 

2007年ジャパンカップ(18頭立て)

1着 アドマイヤムーン 牡4 2枠4番(逆15番)岩田康誠騎手 5人気

前走 天皇賞秋2人気6着

2着 ポップロック 牡6 1枠2番(逆17番)ペリエ騎手 4人気

前走 天皇賞秋4人気4着

3着 メイショウサムソン 牡4 5枠10番(逆9番)武豊騎手 1人気

前走 天皇賞秋1人気1着

2007年天皇賞春1着、宝塚記念2着

 

スペシャルウィークとテイエムオペラオーは1着、タマモクロスは2着、メイショウサムソンは3着になっています。

 

この4頭の中で、スペシャルウィークとメイショウサムソンは前年に出走していて、スペシャルウィークは1人気3着、メイショウサムソンは4人気6着でした。

 

キタサンブラックは前年のジャパンカップに出走し、見事に1着に輝いています。

ジャパンカップ2017のポスターからのサイン

出典 JRA

 

ジャパンカップ2017のポスターがマイルチャンピオンシップの前からアップされています。

 

サインは1着を示すものだけではなく、2着あるいは3着を示すものもあります。

 

エリザベス女王杯にJRA年間プロモーションキャラクターである高畑充希が表彰式プレゼンターとして登場しています。

 

このジャパンカップ2017のポスターで高畑充希が着ている服はアイルランドの国旗の服。

 

エリザベス女王杯で2着に来たクロコスミアはアイルランドトロフィー府中牝馬ステークス1着馬です。

 

出典 JRA

 

マイルチャンピオンシップのポスターに載っていたのはJRA年間プロモーションキャラクターの柳楽優弥。

 

ジャパンカップ2017のポスターで柳楽優弥が着ているのはイギリスの国旗の服。

 

マイルチャンピオンシップで2着となったエアスピネルの騎手はムーア騎手。

 

ムーア騎手の出身地はイギリスです。

 

JRA年間プロモーションキャラクターで残っているのは松坂桃李と土屋太鳳。

 

しかし、チャンピオンズカップで土屋太鳳が表彰式プレゼンターに決まっています。

 

残ったのは松坂桃李。

 

ジャパンカップ2017のポスターで松坂桃李が着ている服はアメリカの国旗でしょうか。

 

でも、アメリカの馬なんていないですよね。

 

ここからは推測ですが、AJCCが関係しているのではないでしょうか。

 

今年のAJCCの優勝馬のタンタアレグリアは回避しています。

 

ただし、2016年の優勝馬のディサイファは出走予定となっています。

 

実は、他のことも考えていますが、予想の時にアップするかも知れません。

スポンサーリンク

最後に

キタサンブラックがジャパンカップを連覇したら国内G1の勝利数が7勝になります。

 

国内G1で7勝した馬はディープインパクト、ウォッカ、テイエムオペラオー、シンボリルドルフの4頭。

 

海外G1を加えて7勝したジェンティルドンナを加えても5頭だけです。

 

ただし、国内G1で8勝した馬はいません。

 

ジャパンカップと有馬記念の両レースをキタサンブラックが勝つことはないでしょう。

スポンサーリンク