ジャパン・オータムインターナショナル第3弾のジャパンカップ!

 

エリザベス女王杯はモレイラ騎手が騎乗したリスグラシューが勝ち、マイルチャンピオンシップはビュイックが騎乗したステルヴィオが勝ちました。

 

ジャパン・オータムインターナショナル第3弾のジャパンカップも、外国人騎手が勝ってしまうのでしょうか・

 

今回は、ジャパンカップ2018の予想を行いたいと思います。

スポンサーリンク

JRAフェイスブックからのサイン

出典 JRA

 

JRAフェイスブックには、1999年のジャパンカップで優勝したスペシャルウィークの記事が載っていました。

 

スペシャルウィークは7枠13番に配置され、武豊騎手騎乗で2人気で勝っています。

東京8日からのサイン

ジャパンカップ2018は5回東京8日の11レースに行われます。

 

では、1回~4回の東京8日の11レースの結果はどうだったのでしょうか?

 

1回東京8日 11レース フェブラリーステークス(16頭立て)

1着 ノンコノユメ せん6 57㎏ 6枠12番(逆5番)内田博幸騎手 4人気

2着 ゴールドドリーム 牡5 57㎏ 7枠14番(逆3番)ムーア騎手 1人気

 

2回東京8日 11レース ヴィクトリアマイル(18頭立て)

1着 ジュールポレール 牝5 55㎏ 2枠4番(逆15番)幸英明騎手 8人気

2着 リスグラシュー 牝4 55㎏ 8枠16番(逆3番)武豊騎手 1人気

 

3回東京8日 11レース ウッドバイン競馬場賞パラダイスステークス(10頭立て)

1着 ショウナンアンセム 牡5 56㎏ 5枠5番(逆6番)津村明秀騎手 2人気

2着 ロードクエスト 牡5 57㎏ 3枠3番(逆8番)三浦皇成騎手 3人気

 

4回東京8日 11レース  アルテミスステークス(15頭立て)

1着 シェーングランツ 牝2 54㎏ 2枠3番(逆13番) 武豊騎手 6人気

2着  ビーチサンバ 牝2 54㎏ 6枠11番(逆5番)藤岡康太騎手 5人気

 

この4レースの共通項は正逆3番が連対していることです。

褒賞金交付レースからのサイン

昨年、褒賞金交付基準が改正され、同一年度に大阪杯、天皇賞(春)、宝塚記念のすべての競走に優勝した馬には内国産馬2億円、マル外には1億円交付されることになりました。

 

この褒賞金交付基準は、元々、古馬に対しては同一年度に天皇賞(秋)、ジャパンカップ、有馬記念のすべての競走に優勝した馬には内国産馬2億円、マル外には1億円交付されることになっています。

 

そして、この古馬褒賞金交付基準に指定された大阪杯、天皇賞(春)、宝塚記念、天皇賞(秋)、ジャパンカップ、有馬記念の6レースこそが、今年の古馬G1レースの中で、賞金維持戦となったレースです。

 

では、褒賞金交付基準の春秋の1戦目となる大阪杯と天皇賞(秋)を比べてみます。

 

2018年大阪杯(16頭立て)

1着  スワーヴリチャード 牡4 57kg 8枠15番(逆2番)M.デムーロ騎手 1人気

前走 金鯱賞(中京2000m)1人気1着

前々走 有馬記念(中山2500m)2人気4着

2着  ペルシアンナイト 牡4 57kg 3枠5番(逆12番)福永祐一騎手 6人気

前走 中山記念(中山1800m)1人気5着

前々走 マイルチャンピオンシップ(京都1600m)4人気1着

3着 アルアイン 牡4 57kg 4枠8番(逆9番)川田将雅騎手 2人気

前走 京都記念(京都2200m)3人気2着

前々走 菊花賞(京都3000m)2人気7着

 

2018年天皇賞(秋)(13頭立て)

1着 レイデオロ 牡4 58kg 4枠4番(逆10番)ルメール騎手 2人気

前走 産経賞オールカマー(中山2200m)1人気1着

前々走 ドバイシーマ(ア首2410m)4着

同枠 スワーヴリチャード 牡4 58kg M.デムーロ騎手 1人気

前走 安田記念(東京1600m)1人気3着

前々走 大阪杯(阪神2000m)1人気1着

2着 サングレーザー 牡4 58kg 6枠9番(逆5番)モレイラ騎手 4人気

前走 札幌記念(札幌2000m)2人気1着

前々走 安田記念(東京1600m)3人気5着

3着 キセキ 牡4 58kg 7枠10番(逆4番)川田将雅騎手 6人気

前走 毎日王冠(東京1800m)6人気3着

前々走 宝塚記念(阪神2200m)2人気8着

 

大阪杯で1着となったスワーヴリチャードが、天皇賞(秋)で1着同枠配置。

 

大阪杯で2着となったペルシアンナイトの馬主はG1レーシング、天皇賞(秋)で2着となったサングレーザーの馬主もG1レーシング。

 

大阪杯で3着となったアルアインは川田将雅騎手が騎乗、天皇賞(秋)で3着となったキセキは川田将雅騎手が騎乗。

 

では、褒賞金交付基準の春2戦目の天皇賞(春)の結果はどうだったのでしょうか?

 

2018年天皇賞春(17頭立て)

1着 レインボーライン 牡5 58kg 6枠12番(逆6番)岩田康誠騎手 2人気

前走 阪神大賞典(阪神3000m)3人気1着

前々走 有馬記念(中山2500m)9人気8着

2着 シュヴァルグラン 牡6 58kg 6枠11番(逆7番)ボウマン騎手 1人気

前走 大阪杯(阪神2000m)4人気13着

前々走 有馬記念(中山2500m)3人気3着

3着 クリンチャー 牡4 58kg 4枠8番(逆10番)三浦皇成 騎手 4人気

前走 阪神大賞典(阪神3000m)1人気3着

前々走 京都記念(京都2200m)4人気1着

スポンサーリンク

ジャパンカップ2018の予想の結論

染め分け帽戦となったジャパンカップ2018ですが、染め分け帽のジャパンカップといえば、2012年のジャパンカップを思い出します。

 

サンデーレーシングのジェンティルドンナが、染め分け帽戦を使って、同じサンデーレーシングの オルフェーヴルを2着ゾロ目にして、勝ったレース。

 

同じことを繰り返すなら、サトノダイヤモンドでしょうか?

 

とりあえず、サトノダイヤモンドからサトノクラウンとシュヴァルグランに流してみたいと思います。

 

問題は、染め分け帽が囮の場合ですが、軸はアーモンドアイになると思います。

 

その場合は、13番のノーブルマーズと13人気のサウンズオブアースにしてみたいと思います。

スポンサーリンク