阪神ジュベナイルフィリーズ2017は、オルフェーヴル産駒のラッキーライラックが優勝しました。

 

オルフェーヴルはG1初勝利が皐月賞でしたが、ラッキーライラックと同じ6枠で勝利しています。

 

そう考えると、ラッキーライラックは阪神ジュベナイルフィリーズ2017で勝つべくして勝ったと思います。

 

今回は阪神ジュベナイルフィリーズ2017、カペラステークス2017、中日新聞杯2017の後検証(回顧)を行いたいと思います。

スポンサーリンク

阪神ジュベナイルフィリーズ2017の後検証(回顧)

出典 JRA

 

着順 馬番 馬 名 騎手 単勝

人気

1着  6  11 ラッキーライラック 石橋脩  2
2着  4  7 リリーノーブル 川田将雅 3
3着 2  4 マウレア 戸崎圭太 4

1着となった6枠と2着枠となった4枠は、牝馬戦しか戦っていなかった枠でした。

 

ここに、ホープフルステークスがG1化された影響が出ています。

 

1人気となったロックディスタウンは、新馬戦が指定交流競走の新潟1800m、2戦目が特別指定交流競走の札幌2歳ステークス(札幌1800m)。

 

いずれも、牡馬を倒しての阪神ジュベナイルフィリーズ2017の出走でした。

 

ホープフルステークスがG1化されたことで、阪神ジュベナイルフィリーズは以前にも増して、牝馬限定戦の意味合いが強くなったと思います。

 

牡馬打倒歴だけでなく、今年は牡馬と戦うことすら否定したわけですから。

 

ただし、来年以降は分かりません。

 

2着となったリリーノーブルが勝った500万下条件戦の白菊賞は、昨年までなら連対を許さなかった牝馬限定戦のレースです。

 

こちらもホープフルステークスがG1化されたことで連対が可能になったのでしょう。

 

3着になったマウレアは、昨年までなら連対できたはずなのに、惜しいことをしましたね。

 

連対禁止の3着席にとどまりました。

カペラステークス2017の後検証(回顧)

出典 JRA

 

着順 馬番 馬 名 騎手 単勝

人気

1着 8 16 ディオスコリダー 津村明秀 4
2着 8 15 スノードラゴン 大野拓弥 8
3着 4 8 シカク地ブルドッグボス 内田博幸 2

冬のダイヤモンドを形成するアルデバラン・リゲル・シリウス・プロキオン・ポルックスのうち、リゲル以外のレースは正逆4番が連対し、リゲルステークスのみ変化を与え、4人気に変えてきた時点で、4人気がカペラステークス2017で連対することになっていたのでしょう。

 

頑固に正逆4番にこだわってしまいました。

 

また、明らかに京葉ステークスを意識した結果となりました。

 

京葉ステークス(13頭立て・別定戦)

1着 ショコラブラン 牡5 6枠9番(逆5番) 戸崎圭太騎手 4人気

2着 トキノゲンジ 牡9 1枠1番(逆13番)石橋脩騎手 13人気

3着 カジキ 牡8 6枠8番(逆6番)柴田善臣騎手 6人気

 

京葉ステークス2着のトキノゲンジもカペラステークス2017の2着馬のスノードラゴンも9歳馬です。

 

これは1本とられました。

 

3着となったのは、3年連続1着を狙った内田博幸騎手の地方馬ブルドッグボス。

 

枠としては2番目に入着しているので、3歳馬が出走していた2014年のカペラステークスと同じです。

 

ただ、今年はぞろ目になったことで、3着になったということです。

中日新聞杯2017の後検証(回顧)

出典 JRA

 

着順 馬番 馬 名 騎手 単勝

人気

1着 7 13 メートルダール C.デムーロ 2
2着 5 10 ミッキーロケット 和田竜二 1
3着 6 12 ロードヴァンドール 横山典弘 5

 

日程移動し、指定交流競走から特別指定交流競走に変わった中日新聞杯はC.デムーロが騎乗したメートルダールが勝ちました。

 

メートルダールの前走は特別指定交流競走の関屋記念。

 

メートルダールは関屋記念で12着に敗退していますが、1人気を取っています。

 

人気歴というのも非常に大切な要素です。

 

おそらく、この関屋記念の1人気が効いているのでしょう。

 

2着に入ったのはミッキーロケット。

 

ミッキーロケットは前走で中日新聞杯2017と同じ2000mのG1の天皇賞秋。

 

この時期の移動ということは、天皇賞秋で敗退した馬の救済のためのハンデ戦かと考え、相手に加えましたが、軸が狂っていましたね。

 

3着に入ったのは指定交流競走に変更となった金鯱賞2着のロードヴァンドール。

 

まあ、そうなんでしょうね。

 

連対はできないでしょう。

スポンサーリンク

最後に

阪神ジュベナイルフィリーズ2017の結果が、朝日杯フューチュリティステークスに反映されます。

 

朝日杯フューチュリティステークスもまた、阪神ジュベナイルフィリーズ2017がKBS京都賞ファンタジーステークス1着馬が出走しなかったように、デイリー杯2歳ステークス1着馬を出走させません。

 

デイリー杯2歳ステークス組は1着馬だけでなく、2着馬も登録がありません。

 

残ったデイリー杯2歳ステークス組は、連対できないでしょうか。

 

これから考えていきたいと思います。

スポンサーリンク