今年で12回開催を迎えるキーランドカップ。

 

昨年は14頭、今年は13頭とフルゲート割れが続いています。

 

このレースはサマースプリントシリーズの第5戦であり、スプリンターズステークスの前哨戦でもあります。

 

今回は、キーランドカップ2017の予想を行いたいと思います。

スポンサーリンク

キーンランドカップ2017の出馬表

出典 JRA

 

キーンランドカップ2017には14頭が登録し、マユキが回避し、13頭立てになりました。

 

現在のところ、1人気はモンドキャンノ、2人気はソルヴェイグ、3人気はシュウジとなっています。

1枠 1番 ブランボヌール 牝4 55.0kg 三浦 皇成 中竹 和也
2枠 2番 マル外 イッテツ 牡5 56.0kg 藤岡 佑介 斎藤 誠
3枠 3番 ネロ 牡6 57.0kg 中野 省吾 森 秀行
4枠 4番 マル地 ヒルノデイバロー 牡6 56.0kg 四位 洋文 昆 貢
5番 ノボバカラ 牡5 57.0kg 田辺 裕信 天間 昭一
5枠 6番 ナックビーナス 牝4 54.0kg 横山 典弘 杉浦 宏昭
7番 フミノムーン 牡5 56.0kg 勝浦 正樹 西浦 勝一
6枠 8番 エポワス せん9 56.0kg C.ルメール 藤沢 和雄
9番 モンドキャンノ 牡3 53.0kg 戸崎 圭太 安田 隆行
7枠 10番 シュウジ 牡4 58.0kg J.モレイラ 須貝 尚介
11番 ソルヴェイグ 牝4 54.0kg 川田 将雅 鮫島 一歩
8枠 12番 マル地 ライトフェアリー 牝5 54.0kg 内田 博幸 石毛 善彦
13番 メイソンジュニア 牡3 53.0kg M.デムーロ 渡辺 薫彦

出走馬情報からのサイン

出走馬情報には、モンドキャンノ、シュウジ、ソルヴェイグ、ブランボヌール、イッテツ、エポワス、ナックビーナス、ネロの8頭の記載がありました。

 

少なくとも、この8頭のうち、1頭は連対しそうですね。

WIN5からの考察

昨年のWIN5は、小倉日経オープン、キーンランドカップ、新潟2歳ステークス、小倉3歳以上500万下条件戦、新潟以上500万下条件戦で行われました。

 

今年のWIN5は、小倉日経オープン、キーンランドカップ、新潟2歳ステークス、 2017ワールドオールスタージョッキーズ第4戦、新潟以上500万下条件戦で行われます。

 

小倉競馬場の12Rと札幌競馬場の12Rが入れ替わっているわけです。

 

つまり、ワールドオールスタージョッキーズが、キーンランドカップ2017に影響するのではないでしょうか。

 

例えば、ワールドオールスタージョッキーズに出走している騎手、あるいは2016ワールドオールスタージョッキーズ第3戦に出走し、2着となったイッテツは注目でしょう。

アーリントンカップと中山牝馬ステークスからのサイン

キーンランドカップはキーランド競馬場がレース名に関係しています。

 

同じように、競馬場名をレース名に入れたアーリントンカップとローレル競馬場賞中山牝馬ステークスからのサインはないでしょうか。

 

アーリントンカップ2017(12頭立て)

1着 ペルシアンナイト 6枠8番(逆5番) 1人気 デムーロ騎手

同枠 ナンヨーマーズ 7人気 ルメール騎手

2着 レッドアンシェル 8枠12番(逆1番) 6人気 浜中俊騎手

同枠 ヴゼットジョリー 5人気 川田将雅騎手

 

中山牝馬ステークス2017(16頭立て)

1着 トーセンビクトリー 2枠4番(逆13番)5人気 武豊騎手

同枠 ビッシュ 3人気 戸崎圭太騎手

2着 マジックタイム 7枠13番(逆4番)1人気 ルメール騎手

同枠 フロンテアクイーン 4人気 北村宏司騎手

 

共通するのは1人気とルメール騎手がいる枠ですね。

 

そして、5人気が気になります。

マユキとジャスパーエイト、ライリーの回避

キーンランドカップ2017で回避したマユキ、新潟2歳ステークスを回避したジャスパーエイト、ライリーのいずれも森秀行調教師の所属馬。

 

そして残った森秀行調教師の所属馬のネロ。

 

ネロの騎手は中野省吾騎手。

 

ワールドオールスタージョッキーズに参加している唯一の地方競馬所属騎手。

2017札幌重賞の流れ

北海道新聞杯クイーンステークス(13頭立て)

1着 アエロリット 2枠2番(逆12番)2人気

2着 トーセンビクトリー 1枠1番(逆13番) 6人気

 

エルムステークス(14頭立て)

1着 ロンドンタウン 2枠2番(逆13番) 4人気

2着 テイエムジンソク 3枠4番(逆11番) 1人気

 

札幌記念(13頭立て)

1着 サクラアンプルール 1枠1番(逆13番) 6人気

2着 ナリタハリケーン 2枠2番(逆12番) 12人気

 

3レースの共通項は2番と逆13番が連対していること。

スポンサーリンク

高松宮記念の前哨戦である第12回オーシャンステークスを勝ったのは、前走がオーシャンステークスと同じ中山1200mのラピスラズリステークス(特指別定戦)を制したマル外のメラグラーナでした。

 

ならば、同じ札幌1200mの舞台であるUHB賞(特指ハンデ戦)を勝った イッテツを軸にしたいと思います。

 

相手は、3歳のメイソンジュニアとモンドキャンノ、 ネロにします。

スポンサーリンク