昨年の京王杯2歳ステークスは、地方馬の出走があり、地方馬の同枠となったカシアスが2着、そして1着には1人気のタワーオブロンドンがルメール騎手が騎乗して勝っています。

 

ルメール騎手は、一昨年の京王杯2歳ステークスも勝っていて、現在連覇中です。

 

今回は、京王杯2歳ステークス2018のサインを探してみたいと思います。

スポンサーリンク

京王杯2歳ステークス2018の出走予定(特別登録)

出典 http://news.netkeiba.com/

 

京王杯2歳ステークス2018の出走予定(特別登録)は9頭。

 

昨年、出走のあった地方馬は、登録されていません。

 

ファンタジスト、アウィルアウェイ、アスターペガサスあたりが人気を集めそうです。

 馬 名 性齢 斤量 想定騎手 調教師
1 アウィルアウェイ 牝2 54.0kg M.デムーロ 高野 友和
2 アスターペガサス 牡2 55.0kg 福永 祐一 中竹 和也
3 カルリーノ 牡2 55.0kg 三浦 皇成 高橋 裕
4 ココフィーユ 牝2 54.0kg 斎藤 誠
5 シングルアップ 牡2 55.0kg 松山 弘平 寺島 良
6 ファンタジスト 牡2 55.0kg 武 豊 梅田 智之
7 プライム 牡2 55.0kg 尾関 知人
8 メイショウオニテ 牡2 55.0kg 石橋 守
9 ラバストーン 牡2 55.0kg 江田 照男 大江原 哲

参考 netkeiba

イベントからのサイン

第5回東京競馬開催日イベントを見ると、京王杯2歳ステークス2018が行われる11月3日に、「競馬と鉄道」の著者である矢野吉彦さんが来場するそうです。

 

いやいや、この人、どっかで見たことあるなあと思ったら、ウイニング競馬に出ている方ですよね。

 

ウイニング競馬と考えれば、テレビ東京ですから、関東だとチャンネルは7番です。

閉幕回からのサイン

京王杯2歳ステークス2018は、第54回の閉幕戦になります。

 

では、前回の閉幕戦である第43回の京王杯2歳ステークスはどんな結果だったのでしょうか?

 

第43回(2007年)京王杯2歳ステークス(15頭立て)

1着 アポロドルチェ マル外 牡2 55㎏ 8枠14番(逆2番)後藤浩輝騎手 1人気

前走 いちょうステークス(東京1600m)3人気3着

前々走 新馬戦(中山1200m)1人気1着

同枠 ミリオンウェーブ 牡2 55㎏ 小牧太騎手 9人気

前走 小倉2歳ステークス(小倉1200m)6人気2着

前々走 新馬戦(小倉1200m)4人気1着

2着 ドリームシグナル 牡2 55㎏ 4枠7番(逆9番)小林淳一騎手 12人気

前走 未勝利戦(京都1600m)2人気1着

前々走 未勝利戦(新潟1600m)2人気5着

同枠 イイデケンシン 牡2 55㎏ 藤田伸二騎手 11人気

前走 クローバー賞(札幌1500m)1人気7着

前々走 函館2歳ステークス(函館1200m)2人気3着

3着 レッツゴーキリシマ 牡2 55㎏ 7枠12番(逆4番)幸英明騎手 4人気

前走 500万下条件戦・かえで賞(京都1400m)1人気1着

前々走 ききょうステークス(阪神1400m)3人気2着

 

第43回京王杯2歳ステークス1着馬は、1400mの距離経験のないマル外のアポロドルチェ。

 

同枠馬には、小倉2歳ステークス2着馬のミリオンウェーブがいました。

 

2着馬のドリームシグナルは12人気の馬で、同枠馬も11人気の馬でしたが、どちらの馬も1400mの距離経験のない馬でした。

 

つまり、この年は1400mの距離未経験の馬同士で決まったことになります。

 

京王杯2歳ステークス2018の出馬表を見ると、1400mの出走経験のある馬が多いですが、アスターペガサス、カルリーノ、ファンタジスト、 ラバストーンは1400mの出走経験はありません。

スポンサーリンク

最後に

京王杯2歳ステークス2018は、祝日に行われます。

 

京王杯2歳ステークスとしては、祝日に行われたケースはないようです。

 

この祝日開催が気になりますね。

スポンサーリンク