昨年、降雪の影響で中京競馬場と京都競馬場が開催中止となり、WIN5が行われなかった京成杯。

 

このため、京成杯はタブー戦となり、昨年の京成杯連対馬は全く機能しませんでした。

 

今年の京成杯はどうなるのでしょうね。

 

今回は、京成杯2018のサインを探してみたいと思います。

スポンサーリンク

京成杯2018の出走予定(特別登録)

出典 JRA

 

京成杯2018の出走予定(特別登録)は16頭。

 

京成杯2018の出走可能頭数は17頭なので、登録段階でフルゲート割れとなっています。

 馬 名 性齢 斤量 想定騎手 調教師
1 イェッツト 牡3 56.0kg 蛯名 正義 金成 貴史
2 エイムアンドエンド 牡3 56.0kg 三浦 皇成 二ノ宮 敬宇
3 ギャンブラー 牡3 56.0kg 津村 明秀 斎藤 誠
4 コズミックフォース 牡3 56.0kg 戸崎 圭太 国枝 栄
5 コスモイグナーツ 牡3 56.0kg 柴田 大知 高橋 祥泰
6 サクステッド 牡3 56.0kg 吉田 隼人 小西 一男
7 ジェネラーレウーノ 牡3 56.0kg 田辺 裕信 矢野 英一
8 ジョリルミエール 牝3 54.0kg 木幡 初也 青木 孝文
9 スラッシュメタル 牡3 56.0kg 柴山 雄一 西村 真幸
10 タイキフェルヴール 牡3 56.0kg 北村 宏司 牧浦 充徳
11 ダブルシャープ 牡3 56.0kg 田中 勝春 渡辺 薫彦
12 デルタバローズ 牡3 56.0kg 石橋 脩 堀 宣行
13 マイハートビート 牡3 56.0kg 高橋 義忠
14 ヤマノグラップル 牡3 56.0kg 蛯名 正義 田中 清隆
15 ライトカラカゼ 牡3 56.0kg 大野 拓弥 相沢 郁
16 ロジティナ 牡3 56.0kg 内田 博幸 新開 幸一

参考 netkeiba

イベントからのサイン

第1回中山競馬イベントを見ると、「新春わくわくチャレンジ!」というのがあります。

 

京成杯2018が開催される1月14日は「箔座 黄金の焼菓子セット」が賞品となっています。

 

「箔座 黄金の焼菓子セット」から黄色の枠である5枠や金成貴史調教師のイェッツトが気になります。

2007年京成杯からのサイン

今年は1月6日に日刊スポーツ賞中山金杯とスポーツニッポン賞京都金杯が開催された年です。

 

これは2007年以来ですね。

 

では、2007年の京成杯の結果はどうだったのでしょう。

 

2007年京成杯(12頭立て)

1着 サンツェッペリン 7枠10番(逆3番)松岡正海騎手 3人気

前走 ホープフルステークス(OP・中山2000m)10人気2着

1勝馬(未勝利勝ち・東京1800m)

500万条件戦・百日草特別(東京1800m)2着歴あり

同枠 マイネルアナハイム 勝浦正樹騎手 7人気

前走 ホープフルステークス(OP・中山2000m)9人気5着

前々走 500万条件戦・葉牡丹賞(中山2000m)6人気1着

2着 メイショウレガーロ

500万条件戦・ベゴニア賞(東京1600m)3人気1着

同枠 ローズプレステージ 蛯名正義騎手 5人気

前走 ラジオNIKKEI杯(阪神2000m)5人気9着

前々走 京都2歳ステークス(京都2000m)1人気2着

3着 アルナスライン 2枠2番(逆11番) 柴山雄一騎手 9人気

前走 500万下条件戦・樅の木賞(中京ダート1700m)7人気1着

 

2007年京成杯で、気になることは1着同枠のマイネルアナハイムです。

 

この馬は京成杯と同じ中山2000mの条件戦である葉牡丹賞を勝ち、京成杯に出走しています。

 

ここに鍵がありそうです。

 

京成杯2017の登録馬で人気を集めそうなジェネラーレウーノも、葉牡丹賞を4人気で勝ってきた馬です。

スポンサーリンク

最後に

フェアリーステークスと日刊スポーツ賞シンザン記念の流れを見ると、そのレースと同じ距離の500万条件戦を勝ってきた馬自身か筋が連対しています。

 

京成杯2018の登録馬で見ると、葉牡丹賞のジェネラーレウーノ、紫菊賞のマイハートビートでしょうか。

スポンサーリンク