昨年に引き続き、出走取消戦となった京成杯オータムハンデキャップ2017。

 

ダノンプラチナの戦歴が邪魔だったのか、出走取消戦にして不足馬を勝たせたいのでしょうか。

 

今回は、サマーマイルシリーズの最終戦である京成杯オータムハンデキャップ2017の予想を行いたいと思います。

スポンサーリンク

京成杯オータムハンデキャップ2017の出馬表

出典 JRA

 

京成杯オータムハンデキャップ2017には20頭の登録があり、アドマイヤゴッド、ストーミーシー、ロードクエストが回避し、ノットフォーマルが除外となりました。

 

そして、枠順発表後にダノンプラチナを出走取消にしています。

 

現在のところ、1人気はマルターズアポジー、2人気はグランシルク、3人気はボンセルヴィーソとなっていますが、波乱含みですね。

1枠 1番 ダイワリベラル 牡6 56.0kg 津村 明秀 菊沢 隆徳
2番 ボンセルヴィーソ 牡3 54.0kg 松山 弘平 池添 学
2枠 3番 ガリバルディ 牡6 57.0kg 北村 宏司 藤原 英昭
4番 オールザゴー 牡3 53.0kg 坂井 瑠星 矢作 芳人
3枠 5番 マルターズアポジー 牡5 58.0kg 武士沢 友治 堀井 雅広
6番 グランシルク 牡5 56.0kg 田辺 裕信 戸田 博文
4枠 7番 ウインフルブルーム 牡6 57.0kg 松岡 正海 宮本 博
8番 ブラックスピネル 牡4 57.0kg 吉田 隼人 音無 秀孝
5枠 9番 ウキヨノカゼ 牝7 55.0kg 横山 典弘 菊沢 隆徳
10番 ダノンプラチナ 牡5 58.0kg 蛯名 正義 国枝 栄
6枠 11番 アスカビレン 牝5 54.0kg 松田 大作 中尾 秀正
12番 トーセンデューク 牡6 55.0kg 三浦 皇成 藤原 英昭
7枠 13番 ダノンリバティ 牡5 56.0kg 松若 風馬 音無 秀孝
14番 ミッキージョイ 牡5 55.0kg 内田 博幸 萩原 清
8枠 15番 ロサギガンティア 牡6 57.0kg 杉原 誠人 藤沢 和雄
16番 マイネルアウラート 牡6 57.0kg 柴田 大知 高橋 裕

出走取消戦からのサイン

京成杯オータムハンデキャップで出走取消があったのは1999年、2006年、そして2016年ですね。

 

1999年京成杯オータムハンデキャップ(16頭立て・出走取消戦)

1着  サンライズアトラス 7枠13番(逆4番) 6歳牡馬 54kg 安田康彦騎手 7人気

前走 新潟日報賞(OP・新潟1200m)2着

前々走 関屋記念4着(2着同枠)

2着 ドラゴンライト 3枠5番(逆12番) 6歳牡馬 53kg  木幡初広騎手 8人気

前走 1600万下条件戦・漁火ステークス(函館1800m)1着

3着 ブラックホーク 2枠3番(逆14番) マル外 6歳牡馬 57kg  柴田善臣騎手 1人気

前走 関屋記念2着

出走取消  スパークトウショウ 6枠12番(逆5番)

 

1999年の京成杯オータムハンデキャップは出走取消馬の対角馬が2着になっています。

 

2006年京成杯オータムハンデキャップ(16頭立て・出走取消戦)

1着 ステキシンスケクン 4枠8番(逆9番) マル外 3歳牡馬 54kg 後藤浩輝騎手 10人気

前走 アイビスサマーダッシュ2人気12着(2着同枠)

2着 カンファーベスト 3枠6番(逆11番) 7歳牡馬 57kg  江田照男騎手 6人気

前走 関屋記念1着

3着 マイネルスケルツィ 7枠14番(逆3番) 3歳牡馬 54kg    柴田善臣騎手 2人気

前走 関屋記念3着(1着同枠)

出走取消 ダイワバンディット 8枠16番(逆1番)

 

2006年の京成杯オータムハンデキャップは出走取消馬の平行馬が1着になっています。

 

2016年京成杯オータムハンデキャップ(16頭立て・出走取消戦)

1着 ロードクエスト 5枠10番(逆7番) 3歳牡馬 55kg  池添謙一騎手 1人気

前走 日本ダービー11着(2着同枠)

2着 カフェブリリアント 2枠3番(逆14番)6歳牝馬 54kg 戸崎圭太騎手 6人気

前走 ヴィクトリアマイル15着(2着同枠)

3着 ダノンプラチナ 3枠5番(逆12番)4歳牡馬 58kg 蛯名正義騎手 2人気

前走 東京新聞杯4着

出走取消 アルマディヴァン 1枠2番(逆15番)

 

2016年の京成杯オータムハンデキャップは出走取消馬の平行馬が1着になっています。

 

このように、連対馬は出走取消馬の平行、対角配置になっていることから、ダノンプラチナの同枠、平行、対角配置には気を付けたいですね。

 

サマーマイルシリーズからの考察

昨年、チャンピオンを輩出しなかったサマーマイルシリーズ。

 

2012年もチャンピオンは誕生していなかったので、翌年の2013年を考えてみます。

 

2013年の京成杯オータムハンデキャップはエクセラントカーヴが1着で、ダノンシャークが2着。

 

両馬とも、サマーマイルシリーズに出走していなかった馬でした。

 

エクセラントカーヴの前走は1600万下の新潟日報賞で1着でした。

 

そして、ダノンシャークの前走は安田記念3着でした。

 

さらに、この年はぞろ目決着でした。

 

京成杯オータムハンデキャップはハンデ戦なのでG1敗退馬の救済があると思います。

スポンサーリンク

まとめ

ダノンシャークが安田記念3着馬であるなら、NHKマイルカップ3着馬のボンセルヴィーソの救済があるのではないでしょうか。

 

軸はボンセルヴィーソにします。

 

相手は、ウインフルブルーム、ブラックスピネル、グランシルク、ダイワリベラルにします。

スポンサーリンク