3日間開催の最終日の重賞は京成杯!

 

京成杯は、日刊スポーツ賞シンザン記念と同じ1着賞金3800万円のレースです。

 

今回は、京成杯2019の予想を行いたいと思います。

スポンサーリンク

京成杯2019の出馬表

出典 JRA

 

京成杯2019には13頭が登録し、グレイスアンが回避し、12頭立てとなっています。

 

現在のところ、1人気はシークレットラン、2人気はラストドラフト、3人気はランフォザローゼスとなっています。

1枠 1番 カイザースクルーン 牡3 56.0kg 石川 裕紀人 相沢 郁
2枠 2番 ヒンドゥタイムズ 牡3 56.0kg 中谷 雄太 斉藤 崇史
3枠 3番 クリスタルバローズ 牡3 56.0kg 北村 宏司 奥村 武
4枠 4番 マードレヴォイス 牡3 56.0kg 三浦 皇成 田村 康仁
5枠 5番 ランフォザローゼス 牡3 56.0kg O.マーフィー 藤沢 和雄
6番 カテドラル 牡3 56.0kg 福永 祐一 池添 学
6枠 7番 ラストドラフト 牡3 56.0kg C.ルメール 戸田 博文
8番 カフジジュピター 牡3 56.0kg 坂井 瑠星 矢作 芳人
7枠 9番 シークレットラン 牡3 56.0kg 内田 博幸 田村 康仁
10番 ナイママ 牡3 56.0kg 柴田 大知 河津 裕昭
8枠 11番 リーガルメイン 牡3 56.0kg 戸崎 圭太 橋口 慎介
12番 ダノンラスター 牡3 56.0kg M.デムーロ 堀 宣行

プロモーションCM「2019集合!篇」からのサイン

中川大志と葵わかなが加わって、6人体制となったプロモーションキャラクターですが、プロモーションCM「2019集合!篇」を見ると、気になる部分が…

 

出典 JRA

 

明らかに、右からシルクレーシング、キャロットファーム、そして、社台レースホースの勝負服です。

 

また、この3日間開催の重賞の勝ち馬を見ていくと、フェアリーステークスの1着馬のフィリアプーラはキャロットファーム、日経新春杯の1着馬のグローリーヴェイズはシルクレーシングです。

 

残ったのは社台レースホースですよね。

1回中山からのサイン

2019年 1回中山1日 11レース 日刊スポーツ賞中山金杯(16頭立て)

1着 ウインブライト 牡5 58㎏ 6枠11番逆6番)松岡正海騎手 3人気

2着 ステイフーリッシュ 牡4 56㎏ 8枠15番(逆2番)藤岡佑介騎手 7人気

 

2019年 1回中山2日 11レース ポルックスステークス(13頭立て)

1着 テーオーエナジー 牡4 56㎏ 5枠6番逆8番)岩田康誠騎手 1人気

2着 ホーリーブレイズ 牡5 56㎏ 11番(逆13番)高倉稜騎手 4人気

 

2019年 1回中山3日 11レース フェアリーステークス(16頭立て)

1着 フィリアプーラ 牝3 54㎏ 1枠1番(逆16番) 丸山元気騎手 3人気

2着 ホウオウカトリーヌ 牝3 54㎏ 4枠8番(逆9番)大野拓弥騎手 4人気

 

2019年 1回中山4日 11レース ニューイヤーステークス(14頭立て)

1着 ドーヴァー 牡6 56㎏ 5枠7番(逆8番)田辺裕信騎手 3人気

2着 キャプテンペリー せん6 56㎏ 7枠12番(逆3番)大野拓弥騎手 2人気

ナイママからのサイン

地方馬のナイママが出走してきました。

 

ナイママが中央競馬に出走してきたレースは、コスモス賞、 札幌2歳ステークス、東京スポーツ杯2歳ステークスの3レース。

 

コスモス賞ではナイママが1着し、アガラスが2着。

 

札幌2歳ステークスではニシノデイジーが1着し、ナイママが2着。

 

そして、東京スポーツ杯2歳ステークスではニシノデイジーが1着し、アガラスが2着。

 

しかし、京成杯2019にはニシノデイジーもアガラスも出走はありません。

 

ただし、東京スポーツ杯2歳ステークスでアガラスの同枠にはカテドラルがいました。

スポンサーリンク

京成杯2019の予想の結論

京都1600mの 日刊スポーツ賞シンザン記念は、京都1600mの新馬戦を1人気で勝ったヴァルディゼールが1着、阪神1600mの500万下条件戦を11人気で勝ったマイネルフラップが2着。

 

中山1600mのフェアリーステークスは、中山1600mの未勝利戦を1人気で勝ったフィリアプーラが1着、中山1200mの500万下条件戦を1人気で勝ったホウオウカトリーヌが2着。

 

しかし、中山2000mの京成杯2019で、中山2000mの新馬戦や未勝利戦の1着馬の出走馬はいません。

 

京成杯2019の出馬表にいるのは、中山2000mの500万下条件戦の葉牡丹賞の1着馬のシークレットランとその葉牡丹賞で1人気で2着だったランフォザローゼス。

 

一方、前走で新馬戦か未勝利戦を勝った馬は、阪神2000mの新馬戦を3人気で勝ったヒンドゥタイムズ、東京1800mの新馬戦を1人気で勝ったラストドラフト、阪神2000mの未勝利戦を1人気で勝ったリーガルメイン。

 

今回は、ラストドラフトを軸とします。

 

相手は、カフジジュピター、ランフォザローゼス、カテドラル、シークレットランにします。

スポンサーリンク