菊花賞2018は、秋華賞でもアーモンドアイを1着に導いたルメール騎手が騎乗するフィエールマンが1着、デムーロ騎手騎乗のエタリオウが2着、3着には武豊騎手が騎乗するユーキャンスマイルが3着となりました。

 

一方、前日に行われたマイルチャンピオンシップの前哨戦の富士ステークス2018は、2人気のロジクライが1着、モレイラ騎手のワントゥワンが2着、3着にはレッドアヴァンセが入っています。

 

どちらのレースも1・2着は外国人騎手でしたね。

 

今回は、菊花賞2018と富士ステークス2018の後検証(回顧)を行いたいと思います。

スポンサーリンク

菊花賞2018の後検証(回顧)

出典 JRA

着順 馬番 馬 名 騎手 単勝

人気

1着 6 12 フィエールマン C.ルメール 7
2着 5 9 エタリオウ M.デムーロ 2
3着 4 7 ユーキャンスマイル 武豊 10

 

皐月賞、日本ダービーでも1着同枠の馬に騎乗していた浜中俊騎手が騎乗したコズミックフォースの同枠馬のフィエールマンが、菊花賞2018の覇者となりました。

 

フィエールマンは年明けデビュー馬で、前走までオール1人気だった馬でした。

 

ラジオNIKKEI賞でも、1人気で連対着順を確保していた馬で、浜中俊騎手が同枠にいたことからも、6枠は鉄板の枠だったのかも知れません。

 

1着賞金額が同じ大阪杯でも、逆12番のペルシアンナイトが2着でしたね。

 

2着に入ったエタリオウは1勝馬の馬。

 

やはり、1勝馬では2着が精いっぱいだったのでしょうね。

 

ただ、1着賞金額が同じ大阪杯で、デムーロ騎手が騎乗した スワーヴリチャードが1着であったことからも、エタリオウは気になっていた馬でした。

 

また、3着に入ったユーキャンスマイルは、1着となったフィエールマンの対角配置となっていた馬でした。

 

皐月賞で正7番のエポカドーロが1着、日本ダービーで逆7番のエポカドーロが2着、菊花賞2018で正7番のユーキャンスマイルが3着。

 

綺麗に着順を刻んでいます。

 

この辺は主催者のこだわりなんでしょうね。

富士ステークス2018の後検証(回顧)

着順 馬番 馬 名 騎手 単勝

人気

1着 4 8 ロジクライ C.ルメール 2
2着 6 11 ワントゥワン J.モレイラ 3
3着 7 14 レッドアヴァンセ 北村友一 5

 

富士ステークス2018の1着馬は、安田記念2着平行に配置されていたヒーズインラブの平行配置のロジクライが1着でした。

 

富士ステークスは東京1600mで行われる競走なので、東京1600mのG1である安田記念、NHKマイルカップ、ヴィクトリアマイルの同枠配置馬には要注意なんです。

 

安田記念の2着平行馬のヒーズインラブの平行配置になったロジクライが見事に、恩恵を受け1着となっています。

 

そして、ヴィクトリアマイルで2着同枠配置になっていた デンコウアンジュの筋が連対すると思っていましたが、ワントゥワンも1着平行配置馬というのに気付きませんでした。

 

ヴィクトリアマイルの1着平行馬のワントゥワンが、富士ステークスで2着となっています。

 

3着にはヴィクトリアマイルの3着馬のレッドアヴァンセがそのまま3着。

 

あらためて、このレースの結果を見ると、東京1600mのG1である安田記念、NHKマイルカップ、ヴィクトリアマイルが大事なレースだとわかりますね。

 

軸としたジャンダルムは第21回という閉幕戦では、用なしということなんでしょうね。

スポンサーリンク

最後に

マイルチャンピオンシップの前哨戦は、富士ステークスと毎日放送賞スワンステークスです。

 

富士ステークスが1600mで行われるのに対し、毎日放送賞スワンステークスは1400m。

 

富士ステークスがG3なのに対し、毎日放送賞スワンステークスはG2。

 

このあたりに、毎日放送賞スワンステークスを解くカギがあるかも知れません。

スポンサーリンク