ヤマカツエースの3連覇がかかる金鯱賞ですが、土曜開催から日曜開催に変更されてしまいました。

 

過去に金鯱賞を3連覇した馬はタップダンスシチー1頭だけ。

 

でも、タップダンスシチーが3連覇した時は日程移動がありませんでした。

 

ヤマカツエースの3連覇は厳しいのでは?

 

今回は金鯱賞2018のサインを探してみたいと思います。

スポンサーリンク

金鯱賞2018の出走予定(特別登録)

出典 JRA

 

金鯱賞2018の出走予定(特別登録)は13頭。

 

久々にサトノダイヤモンドの名前が見えますね。

 

でも、なぜサトノダイヤモンドは大阪杯のステップレースの金鯱賞を選んだのでしょうか?

 

それも、同じ馬主のサトノノブレスもいます。

 

 馬 名 性齢 斤量 想定騎手 調教師
1 アクションスター 牡8 56.0kg 音無 秀孝
2 キンショーユキヒメ 牝5 54.0kg 中村 均
3 サトノダイヤモンド 牡5 57.0kg C.ルメール 池江 泰寿
4 サトノノブレス 牡8 56.0kg 幸 英明 池江 泰寿
5 スワーヴリチャード 牡4 57.0kg M.デムーロ 庄野 靖志
6 タイセイサミット 牡5 56.0kg 矢作 芳人
7 ダッシングブレイズ 牡6 56.0kg 北村 宏司 吉村 圭司
8 デニムアンドルビー 牝8 54.0kg D.バルジュー 角居 勝彦
9 デルマサリーチャン 牝7 54.0kg 堀井 雅広
10 トリオンフ せん4 56.0kg 須貝 尚介
11 ブレスジャーニー 牡4 56.0kg 三浦 皇成 佐々木 晶三
12 メートルダール 牡5 56.0kg 福永 祐一 戸田 博文
13 ヤマカツエース 牡6 57.0kg 池添 謙一 池添 兼雄

参考 netkeiba

金鯱賞2018のプレゼンターからのサイン

金鯱賞2018のプレゼンターは俳優のモロ師岡!

 

モロ師岡が金鯱賞2018のサインとなっている可能性があります。

 

モロ師岡を調べてみました。

 

モロ師岡は、本名が師岡三智雄(もろおかみちお)で、1959年2月20日生まれ。

 

所属事務所はオレガ。

 

2月20日生まれの調教師や騎手はいません。

 

また、金鯱賞2018の出走予定馬に2月20日生まれの馬はいませんでした。

 

誕生日から2番や本名から3番が使われるかも知れませんね。

 AJCC・京都記念・中山記念からのサイン

金鯱賞2018は1着賞金が6200万円の別定戦。

 

1着賞金6200万円のG2の別定戦はすでにAJCC・京都記念・中山記念の3レースが終了しています。

 

2018年アメリカジョッキークラブカップ(中山2200m)

1着  ダンビュライト 牡4 55㎏

2着 ミッキースワロー 牡4 56㎏ 朝日杯セントライト記念(中山2200m)1着馬

 

2018京都記念(京都2200m)

1着 クリンチャー 牡4 55㎏

2着 アルアイン 牡4 57㎏ 朝日杯セントライト記念(中山2200m)2着馬

 

2018年中山記念(中山1800m)

1着 ウインブライト 牡4 56㎏ フジテレビ賞スプリングステークス(中山1800m)1着馬

2着 アエロリット 牡4 55㎏

 

3レースとも1・2着ともに4歳牡馬が独占しています。

 

しかも、3レースともに同じ距離の馬齢重賞で連対した馬の起用です。

 

また、2着に入った馬はG1あるいはG2を1年以内に勝っていた斤量増量馬です。

 

金鯱賞2018の登録馬で4歳馬はスワーヴリチャード、トリオンフ、ブレスジャーニーの3頭。

 

いずれも、2000mの馬齢重賞での勝利歴はありません。

 

ここがAJCC・京都記念・中山記念と異なるところです。

 

でも、G2と考えれば、スワーヴリチャードは ハンデ戦のアルゼンチン共和国杯を勝って、増量馬となっています。

スポンサーリンク

最後に

土曜開催と日曜開催の違いはWIN5の有無ではないでしょうか。

 

ヤマカツエースは前年の金鯱賞から賞金加算がない馬。

 

しかも、前年の金鯱賞は土曜日開催なので、この馬の1着はないと見ます。

 

やはり気になるのは、昨年の 阪神大賞典の1着馬のサトノダイヤモンド、せん馬のトリオンフ。

 

そしてマル外のダッシングブレイズです。

 

また、枠順が出たら、検討したいと思います。

スポンサーリンク