金鯱賞2017の出馬表が確定しました。

 

現在のところ、1人気は前回の金鯱賞1着馬のヤマカツエース、2人気は4歳馬のプロディガルサン、3人気は牝馬のルージュバックとなっています。

 

大阪杯の前哨戦となる金鯱賞ですが、特別指定交流戦からマル指定に変更されています。

 

そして、忘れてならないのが、金鯱賞2017は日程が変更されたレースであることです。

スポンサーリンク

金鯱賞2017の出馬表

 

1枠 1番 ルージュバック 55.0キロ 戸崎 圭太
2番 プロディガルサン 56.0キロ 田辺 裕信
2枠 3番 ナスノセイカン 56.0キロ 丸山 元気
4番 ルミナスウォリアー 56.0キロ 柴山 雄一
3枠 5番 タッチングスピーチ 54.0キロ C.ルメール
6番 ヤマカツエース 57.0キロ 池添 謙一
4枠 7番 アングライフェン 56.0キロ 藤岡 康太
8番 スズカデヴィアス 56.0キロ 藤岡 佑介
5枠 9番 ステファノス 56.0キロ 川田 将雅
10番 サトノノブレス 56.0キロ 秋山 真一郎
6枠 11番 ヒットザターゲット 56.0キロ 古川 吉洋
12番 パドルウィール 56.0キロ 松山 弘平
7枠 13番 ヌーヴォレコルト 54.0キロ 岩田 康誠
14番 ヒストリカル 56.0キロ 高倉 稜
8枠 15番 ロードヴァンドール 56.0キロ 太宰 啓介
16番 フルーキー 56.0キロ 松岡 正海

昨年の金鯱賞と見比べると、2番のプロディガルサンが金子真人ホールディングスで同じです。

 

また、プロディガルサンとロードヴァンドールの4歳馬が対角配置になっています。

 

あとは、藤岡兄弟が同居する4枠ですね。

 

前回の覇者であるヤマカツエースは牝馬のタッチングスピーチと、2016年毎日王冠を勝っているルージュバックは東京新聞杯2着のプロディガルサンと、2016年天皇賞(秋)3着馬のステファノスはサトノノブレスと組みました。

金鯱賞と愛知杯

金鯱賞と同じ中京2000mの愛知杯が施行回数でリンクしています。

 

2012年 第50回愛知杯(18頭立て)

1着 12番  2着 8番

2014年 第50回金鯱賞(17頭立て)

1着 4番  2着 12番

 

2013年 第51回愛知杯(18頭立て)

1着 5番  2着 18番(逆1番)

2015年 第51回金鯱賞(12頭立て)

1着 10番  2着 1番 

 

2014年 第52回愛知杯(18頭立て)

1着 13番  2着 2番

2016年 第52回金鯱賞(13頭立て)

1着 13番  2着 3番

 

2015年 第53回愛知杯(18頭立て)

1着 4番  2着 15番

2017年 第53回金鯱賞(16頭立て)

1着 ?  2着 ?

 

金鯱賞2017は16頭立てなので、正逆4番と正逆15番は注意したいですね。

金鯱賞が日程移動した2012年を振り返る

金鯱賞は2012年に12月に日程変更されています。

 

2012年金鯱賞(12頭立て)

1着 オーシャンブル- 4歳牡馬 5枠6番 ルメール騎手 6人気

前走 アルゼンチン共和国杯5人気5着

前々走 1600万下条件戦・大原ステークス(京都2000m)1着

2着 ダイワマッジョーレ 3歳牡馬 7枠9番 丸田恭介騎手 8人気

前走 1600万下条件戦・甲斐路ステークス(東京1800m)1着
オーシャンブル-の前々走の大原ステークスは、5回京都1日から4回京都2日に日程変更されています。

 

オーシャンブル-が出走した2012年のみ、土曜日開催から日曜日開催となっていて、2013年以降は土曜日開催に戻っています。

 

また、オーシャンブル-と同枠となったアドマイヤラクティにはデムーロ騎手が騎乗しており、5枠は外国人ジョッキーの枠となっていました。

 

そして、2着となったダイワマッジョーレの同枠は3歳馬のサトノギャラントで、7枠は3歳馬同士の枠となっていました。

 

金鯱賞2017の出走馬を見ていくと、ロードヴァンドールが気になります。

 

ロードヴァンドールの前々走にあたる1600万下条件戦・寿ステークス(京都2000m)は、1回京都2日(土)から1回京都3日(日)に日程変更されたレースです。

 

オーシャンブル-の大原ステークスと重なります。

 

他では、ナスノセイカンの前々走にあたる1600万下条件戦・ウェルカムステークス(東京1800m)が、5回東京9日から5回東京8日になっていますが、土曜日から日曜日への変更ではありません。

JRAフェイスブックよりサイン?

JRAフェイスブックに、1965年の有馬記念のシンザンの記事があります。

 

 

有馬記念でシンザンは4番のゼッケンをつけて見事に1着となっています。

 

2016年の有馬記念で4番のゼッケンをつけた馬はヤマカツエースでした。

スポンサーリンク

まとめ

大阪杯の前哨戦を、中日新聞杯ではなく金鯱賞を日程移動させてまで持ってきた理由が、ヤマカツエースあるいはパドルウィールの連続連対なのではと推測します。

 

ヤマカツエースあるいはパドルウィールであれば、ヤマカツエースを上位にとります。

 

相手は、日程変更された寿ステークスを勝ったロードヴァンドールでしょうか。

 

しかし、対角のプロディガルサンも気になります。

 

3月11日は東日本大震災が発生した日です。

 

プロディガルサンの騎手である田辺騎手は、福島県出身の騎手です。

 

そこで、ヤマカツエースからロードヴァンドール、プロディガルサンに馬連で流してみます。

 

おそらく、3着枠は、こちらも移動させられた中日新聞杯の1着馬のいる5枠でしょうね。

スポンサーリンク