大阪杯のステップレースは、金鯱賞と中山記念の2レース。

 

中山記念は5頭のG1馬を出走させ、1着にはG1馬ではない前年覇者のウインブライトを起用しました。

 

そして、2着には古馬戦初出走の阪神ジュベナイルフィリーズ1着馬のラッキーライラックを使ってきました。

 

では、金鯱賞はどんな決着となるのでしょうか?

 

今回は、金鯱賞2019の予想を行いたいと思います。

スポンサーリンク

金鯱賞2019の出馬表

出典 JRA

 

金鯱賞2019には14頭が登録し、クリノヤマトノオーが回避し、13頭立てとなっています。

 

現在のところ、1人気はエアウィンザー、2人気はダノンプレミアム、3人気はペルシアンナイトとなっています。

1枠 1番 ダノンプレミアム 牡4 56.0kg 川田 将雅 中内田 充正
2枠 2番 ショウナンバッハ 牡8 56.0kg 幸 英明 上原 博之
3枠 3番 サトノワルキューレ 牝4 54.0kg 四位 洋文 角居 勝彦
4枠 4番 スズカデヴィアス 牡8 56.0kg 藤岡 康太 橋田 満
5番 タニノフランケル 牡4 56.0kg 吉田 隼人 角居 勝彦
5枠 6番 ペルシアンナイト 牡5 57.0kg M.デムーロ 池江 泰寿
7番 ギベオン 牡4 56.0kg 丸山 元気 藤原 英昭
6枠 8番 エアウィンザー 牡5 56.0kg 武 豊 角居 勝彦
9番 ムイトオブリガード 牡5 56.0kg 横山 典弘 角田 晃一
7枠 10番 アルアイン 牡5 57.0kg 北村 友一 池江 泰寿
11番 リスグラシュー 牝5 55.0kg A.シュタルケ 矢作 芳人
8枠 12番 モズカッチャン 牝5 54.0kg 和田 竜二 鮫島 一歩
13番 メートルダール 牡6 56.0kg 福永 祐一 戸田 博文

JRAフェイスブックからのサイン

出典 JRA

 

JRAフェイスブックには、2010年の金鯱賞を制したアーネストリーの記事が載っていました。

 

アーネストリーは、1600万下条件戦の夕刊フジ杯大原ステークスを勝った後、G2のアルゼンチン共和国杯を2着し、G3の中日新聞杯を勝った重賞馬。

 

ただし、この時点ではG1馬ではありませんでした。

 

アーネストリーからは1人気、4枠5番あたりがサインでしょうか?

ローレル競馬場賞中山牝馬ステークスからのサイン

土曜には、牝馬のハンデ戦重賞のローレル競馬場賞中山牝馬ステークスがありました。

 

金鯱賞2019もマル地のショウナンバッハとマル外のタニノフランケルが出走しますが、ローレル競馬場賞中山牝馬ステークス2019にもマル地のレイホーロマンスとマル外のランドネが出走していました。

 

そして、ローレル競馬場賞中山牝馬ステークス2019で、1着になったのはマル地のレイホーロマンスと同枠のフロンテアクイーン、2着にはマル外のランドネの対角配置のウラヌスチャームでした。

 

ウラヌスチャームは、ローレル競馬場賞中山牝馬ステークス2019で1人気となっていたノームコアの平行配置の馬でもあります。

スポンサーリンク

金鯱賞2019の予想の結論

中山記念で1着になったウインブライトは、皐月賞のステップレースのフジテレビ賞スプリングステークスの勝ち馬。

 

また、中山記念で2着になったラッキーライラックは、古馬戦未出走の阪神ジュベナイルフィリーズ1着馬。

 

このように考えると、ダノンプレミアムは連対を外さないのではないでしょうか。

 

そして、WIN5の観点からも、キャリーオーバーが発生していることから、1人気か2人気の1着ということになるのでしょうね。

 

そこで、軸はダノンプレミアムにします。

 

相手はサトノワルキューレ、エアウィンザー、ムイトオブリガード、メートルダールにします。

 

抑えに、エアウィンザーとアルアインの組み合わせ。

スポンサーリンク