金鯱賞は、2017年に大阪杯のステップレースとなり、12月から3月に日程変更され、特別指定交流競走から指定交流競走に変更されました。

 

昨年は、さらに、2回中京1日から2回中京2日に変更されています。

 

今年の番組設定は、昨年と同じ2回中京2日開催と変わっていません。

 

でも、昨年と比べて、G1馬が多く登録しています。

 

特に、ダノンプレミアムの登録は気になるところです。

 

今回は、金鯱賞2019のサインを考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

金鯱賞2019の出走予定(特別登録)

出典 JRA

 

金鯱賞2019の出走予定(特別登録)は14頭。

 

2017年の皐月賞馬アルアイン、2017年の朝日杯フューチュリティステークス1着馬のダノンプレミアム、2017年のマイルチャンピオンシップの覇者・ペルシアンナイト、2017年のエリザベス女王杯1着馬のモズカッチャン、2018年のエリザベス女王杯優勝馬のリスグラシューと5頭のG1馬が登録しています。

 

豪華なメンバーですね。

 

また、角居勝彦厩舎は3頭、池江泰寿厩舎は2頭の登録があります。

 馬 名 性齢 斤量 想定騎手 調教師
1 アルアイン 牡5 57.0kg 北村 友一 池江 泰寿
2 エアウィンザー 牡5 56.0kg 武 豊 角居 勝彦
3 ギベオン 牡4 56.0kg 藤原 英昭
4 クリノヤマトノオー 牡5 56.0kg 高橋 義忠
5 サトノワルキューレ 牝4 54.0kg 四位 洋文 角居 勝彦
6 ショウナンバッハ 牡8 56.0kg 上原 博之
7 スズカデヴィアス 牡8 56.0kg 藤岡 康太 橋田 満
8 タニノフランケル 牡4 56.0kg 吉田 隼人 角居 勝彦
9 ダノンプレミアム 牡4 56.0kg 川田 将雅 中内田 充正
10 ペルシアンナイト 牡5 57.0kg M.デムーロ 池江 泰寿
11 ムイトオブリガード 牡5 56.0kg 横山 典弘 角田 晃一
12 メートルダール 牡6 56.0kg 福永 祐一 戸田 博文
13 モズカッチャン 牝5 54.0kg 和田 竜二 鮫島 一歩
14 リスグラシュー 牝5 55.0kg A.シュタルケ 矢作 芳人

参考 netkeiba

ゲストプレゼンターからのサイン

金鯱賞2019のゲストプレゼンターは、元中日ドラゴンズ監督の落合博満!

 

元中日ドラゴンズ監督からは、ドラゴンつながりで和田竜二騎手が騎乗予定のモズカッチャン?

 

また、名前の落合博満からは「満」つながりで橋田満厩舎のスズカデヴィアスでしょうか?

愛知杯からのサイン

中京で行われる2000mの重賞は、愛知杯と中日新聞杯、そして金鯱賞の3レース。

 

愛知杯は今年が第56回、中日新聞杯と金鯱賞が今年、第55回を迎えます。

 

何かずれていますよね。

 

そこで、愛知杯と金鯱賞の開催回数を同じにして、比べてみました。

 

2016年愛知杯(第53回)(18頭立て)

1着  バウンスシャッセ 牝5 55.5kg 2枠4番(逆15番)田辺裕信騎手 8人気

2着 リーサルウェポン 牝5 50kg 7枠15番(逆4番)川島信二騎手 5人気

 

2017年金鯱賞(第53回)(16頭立て)

1着 ヤマカツエース 牡5 57kg 3枠6番(逆11番)池添謙一騎手 1人気

2着 ロードヴァンドール 牡4 56kg 8枠15番(逆2番)太宰啓介騎手 7人気

 

 

2017年愛知杯(第54回)(15頭立て)

1着 マキシマムドパリ 牝5 53kg 6枠11番(逆5番)岩田康誠騎手 1人気

2着 サンソヴール 牝6 52kg 3枠4番(逆12番)津村明秀騎手 10人気

 

2018年金鯱賞(54回)(9頭立て)

1着 スワーヴリチャード 牡4 57kg 8枠9番(逆1番)M.デムーロ騎手 1人気

2着 サトノノブレス 牡8 56kg 4枠4番(逆6番)幸英明騎手 8人気

 

馬番で連動していましたね。

 

2018年愛知杯(第55回)(18頭立て)

1着  エテルナミノル 牝5 54kg 5枠10番(逆9番)四位洋文騎手 6人気

2着 レイホーロマンス 牝5 51kg 4枠8番(逆11番)岩崎翼騎手 11人気

スポンサーリンク

最後に

大阪杯のステップレースは、中山記念と金鯱賞。

 

中山記念にもG1馬が5頭出走していて、勝ったのは非G1馬のウインブライトでした。

 

何か、出走構成が中山記念と似ていると思ったのは私だけでしょうか?

 

また、出馬表が決まったら、再検討したいと思います。

スポンサーリンク