今週は、東京で東京新聞杯、京都できさらぎ賞という重賞があります。

 

きさらぎ賞は、正賞がNHK賞となっており、NHKマイルカップと関連のあるレースです。

 

また、きさらぎ賞は、みやこステークスとならぶ平仮名表記のレースです。

 

きさらぎ賞というぐらいですから、当然睦月賞との関連がありますが、今年はどんな関連があるのでしょうか。

 

さて、今回は、きさらぎ賞について検討したいと思いますが、似たようなレースが既に終了しています。

 

日刊スポーツ賞シンザン記念と京成杯ですね。

 

どちらも3歳の(特指)の別定戦です。

 

まずは、この2つのレースを見ていきましょう。

スポンサーリンク

日刊スポーツ賞シンザン記念の結果

 

1回京都3日に行われた日刊スポーツ賞シンザン記念の結果は以下のとおりです。

 

1着 キョウヘイ   前走 阪神500万下条件戦・千両賞(1600m)2着

同枠 トラスト(増量馬) 前走 朝日杯フューチュリティステークス5着

 

2着 タイセイスターリー  前走 デイリー杯2歳ステークス8着

同枠 コウソクストレート  前走 京王杯2歳ステークス4着

 

3着 ペルシアンナイト  前走 中京500万下条件戦・こうやまき賞(1600m)1着

 

1着同枠のトラストは、札幌2歳ステークス1着、クローバー賞2着と(特指)馬齢戦および別定戦連対歴がありました。

 

2着同枠のコウソクストレートは、前々走で東京500万下条件戦のくるみ賞(1400m)で1着。

 

このくるみ賞は(特指)馬齢戦でした。

 

日刊スポーツ賞シンザン記念の決着は、1着関西の阪神1600m、2着関東の東京1400m、3着中京の1600mでした。

京成杯の結果

1回中山5日で行われた京成杯の結果は以下のとおりです。

 

1着 コマノインパルス  前走 中山500万下条件戦・葉牡丹賞(2000m)2着

同枠 アダマンティン  前走 未勝利戦(2000m)1着

 

2着 ガンサリュート   前走 京都未勝利戦(1800m)1着

同枠 アダムバローズ  前走 ラジオNIKKEI杯京都2歳ステークス10着

 

3着 マイネルスフェーン  前走 ホープフルステークス(2000m)2着

 

2着同枠のアダムバローズは、前々走で京都500万下の条件戦・紫菊賞(2000m)で1着。

 

紫菊賞は(特指)馬齢戦でした。

 

この京成杯の決着は、1着関東の中山2000m、2着関西の京都2000m、3着関東の中山2000mでした。

日刊スポーツ賞シンザン記念と京成杯の結果から導き出されるきさらぎ賞出走予定馬は?

 

きさらぎ賞出走予定馬は11頭です。

 

そして、きさらぎ賞は1800mの(特指)別定戦です。

 

日刊スポーツ賞シンザン記念と京成杯の結果を見ると、1着馬は前走で同じ距離の(特指)馬齢戦を2着している馬です。

 

今回のきさらぎ賞の出走予定馬にそんな馬はいません。

 

このため、見方を変えてみます。

 

1800mの(特指)馬齢戦および別定戦の連対経験馬としてみましょう。

 

阪神オープンの野菊路ステークス1着のアメリカズカップ、阪神500万下のシクラメン賞1着のサトノアーサー、京都オープンの萩ステークス1着馬のプラチナヴォイスが浮上します。

 

日刊スポーツ賞シンザン記念と京成杯の結果から2着は関東のレースの(特指)馬齢戦および別定戦で連対している馬。

 

そんな馬は、東京の(特指)馬齢戦のサウジアラビアロイヤルカップで連対しているダンビュライトしかいません。

 

このダンビュライトが入った枠は要注意となります。

スポンサーリンク

最後に

京成杯ときさらぎ賞は、施行回数が同じであることから、何らかの関連を付けてきそうです。

 

昨年は、京成杯の2着馬であるケルフロイデときさらぎ賞の2着馬のレプランシュが同一馬主のキャロットファームでした。

 

今年はどんなことをしてくるのでしょうね。

 

ちょっと楽しみです。

スポンサーリンク