きさらぎ賞は、1人気のダノンマジェスティが、まさかの大負け!

 

なんとブービー負けです。

 

この時期の3歳馬はむずかしいですね。

 

一方、むずかしいと思っていた東京新聞杯は、軸にしたリスグラシューが3人気ながら勝ちました。

 

競馬なんて、所詮はそんなものです。

 

今回は、きさらぎ賞2018と東京新聞杯2018の後検証(回顧)を行いたいと思います。

スポンサーリンク

きさらぎ賞2018の後検証(回顧)

出典 JRAフェイスブック

 

着順 馬番 馬 名 騎手 単勝

人気

1着 3 3 サトノフェイバー 古川吉洋 4
2着 7 8 グローリーヴェイズ M.デムーロ 2
3着 4 4 ラセット 藤岡佑介 5

 

きさらぎ賞2018で1着となったサトノフェイバーは、前走で2000mの新馬戦を2人気で勝っていた馬。

 

でも、その勝った日が1月6日という2018年の開幕日でした。

 

また、2着となったグローリーヴェイズの対角に当たりますので、対角ぞろ目決着ということになります。

 

同じレース体系の日刊スポーツ賞シンザン記念や京成杯と異なり、前走1人気1着の未勝利馬がいなかったため、前走できさらぎ賞と同じ1800mの新馬戦を1人気で勝ってきたダノンマジェスティを安易に軸にしてしまったことは失敗でしたね。

 

やはり、今年の3歳重賞は、ことごとく前走で500万下条件戦で連対してきた馬の筋が来ていたので、こちらを信用するべきでした。

 

2着となったグローリーヴェイズは、やはり同枠となった萩ステークス(京都1800m)2着馬のオーデットエールの存在が大きかったと思います。

 

3着となったラセットがオーデットエールの対角配置ですからね。

 

この流れが来週の共同通信杯につながると思うので、検討していきたいと思います。

東京新聞杯2018の後検証(回顧)

出典 JRAフェイスブック

 

着順 馬番 馬 名 騎手 単勝

人気

1着 4 8 リスグラシュー 武豊 3
2着 2 3 サトノアレス 柴山雄一 5
3着 8 15 ダイワキャグニー 横山典弘 2

 

東京新聞杯2018は、染め分け帽戦でした。

 

そして、染め分け帽となった4枠の中から1着馬が出ました。

 

リスグラシューが強いから勝ったのではありません。

 

リスグラシューは、2018年のJRA開幕日に行われたスポーツニッポン賞京都金杯2着馬のクルーガーの同枠に配置されていたから勝てたのです。

 

もちろん、リスグラシューの騎乗騎手が武豊騎手というのも意味があります。

 

JRAフェイスブックの1つ前の記事に武豊騎手のことが載っていました。

 

シリーズ『中央競馬のデータルームから』(7)
「重賞競走最多連勝(騎乗機会)」
2018年は戸崎圭太騎手の中山金杯(GIII)、フェアリーS(GIII)、シンザン記念(GIII)の史上初となる3日連続重賞勝利でスタートしましたね。
重賞競走の連勝記録を調べてみるとやはりこの騎手の名前がありました。
騎乗機会での最多重賞連勝記録は1998年に記録した武豊騎手の6連勝!

出典 JRAフェイスブック

 

主催者にとって、武豊騎手はとても大切な存在!

 

いざというときは、使ってきます。

 

2着になったのは、2016年朝日杯フューチュリティステークス1着馬のサトノアレス。

 

別定戦の巴賞1着、同じく特別指定交流競走の別定戦キャピタルステークス2着と、別定戦である東京新聞杯には条件が合っている馬でした。

 

3着には特別指定交流競走の別定戦キャピタルステークス1着のダイワキャグニー。

 

東京新聞杯というレースは、このあたりがむずかしいレースと感じています。

スポンサーリンク

最後に

フェブラリーステークスの登録馬が発表されています。

 

2015年桜花賞馬のレッツゴードンキや地方馬のララベルの名前が見えます。

 

特に、地方馬のララベルは要注目です。

 

地方馬のララベルがフェブラリーステークスに出走すれば、2015年以来となります。

 

検討していきたいと思います。

スポンサーリンク