きさらぎ賞は、京都1800mで行われる特別指定交流競走の別定戦です。

 

そして、昨年との違いは3場開催で裏開催に中京競馬場があること!

 

今回は、きさらぎ賞2019の予想を行いたいと思います。

スポンサーリンク

きさらぎ賞2019の出馬表

出典 JRA

 

きさらぎ賞2019には11頭が登録し、サンアップルトン、ハギノアップロード、マコトジュズマルが回避し、8頭立てとなっています。

 

現在のところ、1人気はヴァンドギャルド、2人気はアガラス、3人気はダノンチェイサーとなっています。

1枠 1番 タガノディアマンテ 牡3 56.0kg 岩田 康誠 鮫島 一歩
2枠 2番 エングレーバー 牡3 56.0kg 藤岡 佑介 中内田 充正
3枠 3番 ヴァンドギャルド 牡3 56.0kg M.デムーロ 藤原 英昭
4枠 4番 ダノンチェイサー 牡3 56.0kg 川田 将雅 池江 泰寿
5枠 5番 コパノマーティン 牡3 56.0kg 和田 竜二 村山 明
6枠 6番 ランスオブプラーナ 牡3 56.0kg 松山 弘平 本田 優
7枠 7番 アガラス 牡3 56.0kg 戸崎 圭太 古賀 慎明
8枠 8番 メイショウテンゲン 牡3 56.0kg 池添 謙一 池添 兼雄

エルフィンステークスからのサイン

きさらぎ賞2019の前日に行われたエルフィンステークスは、きさらぎ賞2019と同じ特別指定交流競走の別定戦!

 

今年のエルフィンステークスは、2013年以来の裏開催が中京開催でした。

 

では、今年のエルフィンステークスと2013年のエルフィンステークスを比較してみます。

 

2019年エルフィンステークス(10頭立て)

1着 アクアミラビリス 牝3 54kg 1枠1番(逆10番)M.デムーロ騎手 1人気

前走 フェアリーステークス(中山1600m・特指・別定戦)1人気5着

前々走 2歳新馬戦(東京1600m)1人気1着

2着 ブランノワール 牝3 54kg 6枠6番(逆5番)福永祐一騎手 4人気

前走 2歳未勝利戦(阪神1600m)3人気1着

前々走 2歳未勝利戦(京都1600m)2人気4着

 

2013年エルフィンステークス(12頭立て)

1着  トーセンソレイユ 牝3 54kg 8枠11番(逆2番)ビュイック 騎手 2人気

前走 3歳新馬戦(京都1800m)1人気1着

2着 ウインプリメーラ 牝3 54kg 8枠12番(逆1番)岩田康誠騎手 1人気

前走 フェアリーステークス(中山1600m・特指・別定戦)3人気8着

前々走 アルテミスステークス(東京1600m)7人気3着

 

2013年のエルフィンステークスは1人気と2人気のゾロ目決着で、2019年のエルフィンステークスは1人気が1着で、1人気の平行配置馬が2着となっています。

JRAフェイスブックからのサイン

出典 JRAフェイスブック

 

JRAフェイスブックには、2006年のきさらぎ賞を勝ったドリームパスポートの記事が載っていました。

 

ドリームパスポートは小倉競馬場でデビューしましたが、3戦目の京都1600mの未勝利戦で初勝利を挙げ、萩ステークスと京都2歳ステークスという京都のオープンレースで連続2着していた1勝馬です。

スポンサーリンク

きさらぎ賞2019の予想の結論

裏に中京開催があり、3場開催された2013年のきさらぎ賞は、京都1400mを連勝した後、日刊スポーツ賞シンザン記念で3着(2着対角)になっていたタマモベストプレイ。

 

そして、2013年のきさらぎ賞で2着になっていたマズルファイヤーは、年明けの未勝利戦(京都1800m)で勝っていた馬。

 

つまり、年明けに走っていた2頭で決まったということになります。

 

ただし、2013年のきさらぎ賞出走馬には中京競馬場出走歴のある馬は見当たりません。

 

ここが、きさらぎ賞2019との違いでしょう。

 

中京競馬場に出走歴のある馬は、ダノンチェイサーとランスオブプラーナ。

 

今回は、ダノンチェイサーとランスオブプラーナから軽く流してみます。

 

相手はエングレーバー、メイショウテンゲン、ヴァンドギャルドに。

スポンサーリンク