昨年のきさらぎ賞1着馬のサトノフェイバーは、年明けデビューの馬でした。

 

しかし、きさらぎ賞を勝った後に骨折が判明し、いまだに出走していません。

 

また、昨年のきさらぎ賞2着馬のグローリーヴェイズは、今年の日経新春杯で優勝し、重賞ウイナーの仲間入りを果たしました。

 

故障がなければ、サトノフェイバーも活躍していたかも知れませんが、それもまた運命なのでしょう。

 

今年のきさらぎ賞は、どんな結果が待っているのでしょうか?

 

今回は、きさらぎ賞2019のサインを探してみたい思います。

スポンサーリンク

きさらぎ賞2019の出走予定(特別登録)

出典 JRA

 

きさらぎ賞2019の出走予定(特別登録)は11頭。

 

ヴァンドギャルドやダノンチェイサーが人気を集めそうです。

 馬 名 性齢 斤量 想定騎手 調教師
1 アガラス 牡3 56.0kg 戸崎 圭太 古賀 慎明
2 ヴァンドギャルド 牡3 56.0kg M.デムーロ 藤原 英昭
3 エングレーバー 牡3 56.0kg 藤岡 佑介 中内田 充正
4 コパノマーティン 牡3 56.0kg 鮫島 克駿 村山 明
5 サンアップルトン 牡3 56.0kg 黛 弘人 中野 栄治
6 タガノディアマンテ 牡3 56.0kg 鮫島 一歩
7 ダノンチェイサー 牡3 56.0kg 川田 将雅 池江 泰寿
8 ハギノアップロード 牡3 56.0kg 福永 祐一 松田 国英
9 マコトジュズマル 牡3 56.0kg 鮫島 一歩
10 メイショウテンゲン 牡3 56.0kg 池添 謙一 池添 兼雄
11 ランスオブプラーナ 牡3 56.0kg 太宰 啓介 本田 優

参考 netkeiba

睦月賞からのサイン

きさらぎ(如月)は旧暦で2月を指します。

 

では、旧暦で1月を指す睦月という名前に入った睦月賞からの連動サインは?

 

2016年睦月賞(14頭立て)

1着 リターントゥジェム 8枠13番(逆2番)長岡禎仁騎手 6人気

2着  グランディフローラ  5枠8番(逆7番)松山弘平騎手 4人気

 

2016年きさらぎ賞(9頭立て)

1着 サトノダイヤモンド 8枠9番(逆1番)ルメール騎手 1人気

2着 レプランシュ 2枠2番逆8番)内田博幸騎手 4人気

 

 

2017年睦月賞(10頭立て)

1着 ショパン 4枠4番(逆7番)M.デムーロ騎手 1人気

2着 ヤマカツポセイドン 8枠10番(逆1番)国分優作騎手 6人気

 

2017年きさらぎ賞(8頭立て)

1着  アメリカズカップ  7枠7番(逆2番) 松若風馬騎手 6人気

2着 サトノアーサー  1枠1番(逆8番)川田将雅騎手 1人気

 

 

2018年睦月賞(13頭立て)

1着 マイネルレオーネ 4枠4番(逆10番) 川田将雅騎手 7人気

2着 サトノリュウガ 5枠7番(逆7番)福永祐一騎手 2人気 サトミホースカンパニー

 

2018年きさらぎ賞(10頭立て)

1着 サトノフェイバー 3枠3番(逆8番) 古川吉洋騎手 4人気 サトミホースカンパニー

2着 グローリーヴェイズ 7枠8番(逆3番)M.デムーロ騎手 2人気 

 

年によって馬番連動や人気歴連動など異なりますが、連動は続いています

 

2019年睦月賞(8頭立て)

1着 コスモピクシス 5枠5番(逆4番)坂井瑠星騎手 4人気 中野栄治調教師 ビッグレッドファーム

2着 フォイヤーヴェルク 1枠1番(逆8番) 和田竜二騎手 2人気 池江泰寿調教師 サンデーレーシング

3場開催のきさらぎ賞からのサイン

前年と比べて、今年は中京開催が1週遅れて開催されているので、きさらぎ賞2019が開催される週は3場開催となっています。

 

きさらぎ賞の裏に中京開催があるのは、1986年、2010年、2013年。

 

ただし、裏番組に東京新聞杯があるのは2013年のみ。

 

2013年きさらぎ賞(9頭立て・取消戦)

1着 タマモベストプレイ 牡3 56kg 3枠3番(逆7番)和田竜二騎手 6人気

前走 日刊スポーツ賞シンザン記念(京都1600m)3人気3着(2着対角)

前々走 2歳500万下条件戦・秋明菊賞(京都1400m)2人気1着

3走前 2歳新馬戦(京都1400m)1人気1着

2着 マズルファイヤー 牡3 56kg 2枠2番(逆8番)秋山真一郎騎手 5人気

前走 3歳未勝利戦(京都1800m)1人気1着

前々走 2歳未勝利戦(京都2000m)2人気4着

3着 アドマイヤドバイ 牡3 56kg 7枠7番(逆3番)福永祐一騎手 3人気

前走 3歳500万下条件戦・福寿草特別(京都2000m)4人気2着

前々走 ラジオNIKKEI杯2歳ステークス(阪神2000m)6人気5着

 

2013年きさらぎ賞で1着となったのは、京都競馬場で連勝し、 日刊スポーツ賞シンザン記念で3着に敗れていたタマモベストプレイ。

 

2着に入ったのは、京都1800mの未勝利戦を勝ってきたマズルファイヤー。

 

きさらぎ賞2019の登録馬では、京都競馬場で連続連対歴のあるメイショウテンゲン、福寿草特別で2着連対したハギノアップロードは気になります。

スポンサーリンク

最後に

きさらぎ賞2019と同じ1着賞金3800万円のレースで、既に終了したのが日刊スポーツ賞シンザン記念と京成杯。

 

日刊スポーツ賞シンザン記念(京都1600m)は、新馬戦(京都1600m)を1人気で勝ったヴァルディゼールが1着、500万下条件戦の千両賞(阪神1600m)を勝ったマイネルフラップが2着。

 

京成杯(中山2000m)は、新馬戦(東京1800m)を1人気で勝ったラストドラフトが1着、500万下条件戦の葉牡丹賞(中山2000m)を1人気で2着したランフォザローゼスが2着。

 

いずれも、新馬戦を1人気で勝ってきた馬と500万下条件戦で連対した馬の決着となっています。

 

ただし、きさらぎ賞2019には、新馬戦を1人気で勝ってきた馬はいません。

 

また、出馬表が出たら、再検討したいと思います。

スポンサーリンク