小倉大賞典2017の出馬表を見ていたら、クラリティスカイの名前が載っていました。

 

仮にもNHKマイルカップの1着馬ですよね。

 

今年の日刊スポーツ賞中山金杯では2着となり、復活かと思いきや、続くアメリカジョッキークラブカップでは10着に惨敗しています。

 

そして、今回は小倉大賞典2017に出走とは、G1馬も活躍しなければ可哀想なものです。

 

ということで、今回は小倉大賞典2017を予想してみます。

スポンサーリンク

小倉大賞典2017の出馬表

 

1枠 1番 レッドソロモン 56.0キロ
2番 ストロングタイタン 54.0キロ
2枠 3番 ダノンメジャー 55.0キロ
4番 コスモソーンパーク 55.0キロ
3枠 5番 クランモンタナ 56.0キロ
6番 マイネルハニー 56.0キロ
4枠 7番 マルターズアポジー 56.0キロ
8番 べルーフ 57.0キロ
5枠 9番 パドルウィール 55.0キロ
10番 ケイティープライド 52.0キロ
 6枠 11番 クラリティスカイ 57.5キロ
12番 フルーキー 57.5キロ
 7枠 13番 スピリッツミノル 55.0キロ
14番 ヒストリカル 57.0キロ
 8枠 15番 ダコール 58.0キロ
16番 ロードヴァンドール 54.0キロ

NHKマイルカップ1着馬の出走

小倉大賞典にNHKマイルカップの1着馬の出走は過去2回ありました。

 

探してみると、いるもんですね。

 

まずは2015年に、NHKマイルカップの1着馬のカレンブラックヒルが出走し、1着になっています。

 

2015年小倉大賞典(16頭立て)

1着 カレンブラックヒル 6歳牡馬 3人気 58キロ 3枠6番

前走 金鯱賞5着  前々走 天皇賞(秋)9着

2着 コスモソーンパーク 7歳牡馬 6人気 56キロ 1枠2番

前走 ニューイヤーステークス1着

3着 ダコール 7歳牡馬 11人気 57キロ 1枠1番

前走 日経新春杯5着  2013年小倉大賞典2着実績

 

続いて、2008年に、NHKマイルカップの1着馬のロジックが出走し、9着に終わっています。

 

2008年小倉大賞典(16頭立て)

1着 アサカディフィート 10歳セン馬 6人気 57.5キロ 8枠15番

前走 日刊スポーツ賞中山金杯7着  2007年小倉大賞典1着実績

2着 マルカシェンク  5歳牡馬 1人気 57キロ 2枠4番

前走 ニューイヤーステークス1着

3着 シルクネクサス  6歳牡馬 7人気 56キロ 7枠13番

前走 アメリカジョッキークラブカップ8着

9着 ロジック  5歳牡馬 12人気 56キロ 1枠2番

前走 新潟大賞典8着

 

この2レースの共通項は、ハンデが重い馬が1着になっていること、ニューイヤーステークス1着馬が連対していること、NHKマイルカップの1着馬が直接あるいは対角に配置されていることです。

 

そして、小倉大賞典で連対実績がある馬が再び連対していることです。

 

小倉大賞典2017の出走馬にニューイヤーステークス1着馬はいません。

 

ハンデが重い馬といえば、58キロのダコール、57.5キロのクラリティスカイとフルーキーでしょうか。

 

連対実績があるといえば、コスモソーンパークとダコールになります。

 チャレンジカップの出走馬が今年は多い

 

昨年と比べて、小倉大賞典2017にチャレンジカップの出走馬が多いのは、なぜなんでしょうか。

 

そして、2016年の1~3着馬と2015年の1~2着馬が小倉大賞典2017に集結しています。

2016年チャレンジカップ

1着 マイネルハニー

2着 ベルーフ

3着 ケイティープライド

 

2015年チャレンジカップ

1着 フルーキー

2着 ヒストリカル

スポンサーリンク

まとめ

第1回小倉競馬場で行われているイベントにも、「みんなで行こう 駐車場あいのりキャンペーン」がありました。

 

行われているのは、2/18、2/19です。

 

2/18は4頭出走していたマル地の1頭が1着となっていました。

 

2/19の出走馬を見ると、ディープインパクト産駒が4頭出走しています。

 

その4頭とは、クランモンタナ、ケイティープライド、ヒストリカル、ダコール。

 

NHKマイルカップ1着馬の出走から、同枠フルーキー、対角マイネルハニー、平行ダノンメジャー、そしてクラリティスカイ。

 

しかし、まず選びたいのは、5回中山9日に行われた有馬記念15着のマルターズアポジーのいる4枠です。

 

裏番組に、やはり有馬記念出走のデニムアンドルビーがいるのが怪しいです。

 

ディープインパクト産駒の中では、負担重量の重いダコールとヒストリカル。

 

あとは、NHKマイルカップ馬の同枠フルーキーですね。

 

まとめると、べルーフとマルターズアポジーからダコール、ヒストリカル、フルーキーへ馬連で。

スポンサーリンク