昨年の小倉大賞典は、1人気のトリオンフが1着となりましたが、2着にはブービー人気のクインズミラーグロが入ったため、馬連でも万馬券となっています。

 

フェブラリーステークスよりも配当が良かったので、穴党の方はこちらで勝負した方が良いかも知れませんね。

 

今年の小倉大賞典も大穴が突っ込んでくるのでしょうか?

 

今回は、小倉大賞典2019のサインを探してみたいと思います。

スポンサーリンク

小倉大賞典2019の出走予定(特別登録)

出典 JRA

 

小倉大賞典2019の出走予定(特別登録)は16頭でしたが、クロコスミアとサーブルオールが回避して、14頭立てとなっています。

 

昨年いなかったマル地が2頭登録していますね。

 馬 名 性齢 斤量 騎手 調教師
1 アメリカズカップ 牡5 56.0kg 幸 英明 音無 秀孝
2 エアアンセム 牡8 57.0kg 吉田 隼人 吉村 圭司
3 エテルナミノル 牝6 54.0kg 松田 大作 本田 優
4 クロコスミア 牝6 55.0kg 西浦 勝一
5 ケイティクレバー 牡4 54.0kg 秋山 真一郎 杉山 晴紀
6 サイモンラムセス 牡9 53.0kg 小牧 太 梅田 智之
7 サーブルオール 牡6 55.0kg 萩原 清
8 スズカディープ せん7 53.0kg 岩崎 翼 橋田 満
9 スティッフェリオ 牡5 57.0kg 丸山 元気 音無 秀孝
10 タニノフランケル 牡4 54.0kg 川田 将雅 角居 勝彦
11 ナイトオブナイツ 牡6 56.0kg 古川 吉洋 池添 兼雄
12 ブラックスピネル 牡6 57.0kg 三浦 皇成 音無 秀孝
13 マイスタイル 牡5 56.0kg 田中 勝春 昆 貢
14 マウントゴールド 牡6 56.0kg 浜中 俊 池江 泰寿
15 マルターズアポジー 牡7 57.5kg 柴田 善臣 堀井 雅広
16 レトロロック 牡7 55.0kg 松若 風馬 角居 勝彦

参考 netkeiba

ゲストプレゼンターからのサイン

小倉大賞典2019のゲストプレゼンターは、若手俳優の井之脇海!

 

井之脇海が、小倉大賞典2019のサインを発信しているかも知れません。

 

井之脇海の海という名前から、セーリングマッチレース名のアメリカズカップ、若手俳優から松若風馬騎手騎乗のレトロロックあたりでしょうか?

日刊スポーツ賞中山金杯からのサイン

小倉大賞典2019は、1着賞金4,100万円のハンデ重賞です。

 

1着賞金4,100万円のハンデ重賞は、既に日刊スポーツ賞中山金杯とスポーツニッポン賞京都金杯が終了していますが、この2レースはカク指定のレースです。

 

今回は、日刊スポーツ賞中山金杯の方だけ見てみます。

 

2019年日刊スポーツ賞中山金杯(16頭立て)

1着 ウインブライト 牡5 58㎏ 6枠11番(逆6番)松岡正海騎手 3人気

前走 マイルチャンピオンシップ(京都1600m)14人気9着

前々走 富士ステークス(東京1600m)10人気10着

前年日刊スポーツ賞中山金杯2着

2着 ステイフーリッシュ 牡4 56㎏ 8枠15番(逆2番)藤岡佑介騎手 7人気

前走 チャレンジカップ(阪神2000m)5人気3着(1着同枠)

前々走  菊花賞(京都3000m)11人気11着

7着 エアアンセム 牡8 57㎏ 3枠6番(逆11番)田辺裕信騎手 4人気

前走 福島記念(福島2000m・特指・ハンデ)1人気3着(1着同枠)

3走前 函館記念(函館2000m・特指・ハンデ)1人気1着

 

2019年日刊スポーツ賞中山金杯は、特別指定交流競走のハンデ戦である福島記念で1着同枠、函館記念で1着だったエアアンセムの対角配置のウインブライトが1着になっています。

 

エアアンセム自身及び筋の馬には注意が必要でしょう。

スポンサーリンク

最後に

小倉大賞典2019はフルゲート割れとなりました。

 

出走取消戦ではなく、フルゲート割れとなったのは、1995年以来となります。

 

また、出馬表が出たら、再検討したいと思います。

スポンサーリンク