朝日杯セントライト記念が終了し、今度の日曜日に行われる神戸新聞杯で、菊花賞の優先出走馬が決定されます。

 

今年の菊花賞は、どの馬が勝つのでしょうか?

 

さて、特別登録を見ると、日本ダービー優勝馬のレイデオロが登録されていますね。

 

そして、やっぱり、日本ダービー4着馬のマイスタイルが特別登録してきましたね。

 

このマイスタイルという馬は要注意です。

 

今回は神戸新聞杯2017のサインを探してみたいと思います。

スポンサーリンク

神戸新聞杯2017の出走予定(特別登録)

出典 JRA

 

神戸新聞杯2017には、16頭が出走予定(特別登録)となっています。

 

神戸新聞杯2017の出走可能頭数は18頭なので、登録時点でフルゲート割れとなっています。

 

馬 名 斤量 性齢 想定騎手 調教師
1 アダムバローズ 56.0kg 牡3 池添謙一 角田 晃一
2 アドマイヤウイナー 56.0kg 牡3 秋山真一郎 須貝 尚介
3 エテレインミノル 56.0kg 牡3 北村友一 北出 成人
4 カデナ 56.0kg 牡3 福永祐一 中竹 和也
5 キセキ 56.0kg 牡3 M.デムーロ 角居 勝彦
6 サトノアーサー 56.0kg 牡3 川田将雅 池江 泰寿
7 タガノシャルドネ 56.0kg 牡3 和田竜二 川村 禎彦
8 タガノヤグラ 56.0kg 牡3 千田 輝彦
9 ダンビュライト 56.0kg 牡3 武豊 音無 秀孝
10 ベストアプローチ 56.0kg 牡3 岩田康誠 藤原 英昭
11 ホウオウドリーム 56.0kg 牡3 藤岡康太 矢作 芳人
12 マイスタイル 56.0kg 牡3 横山典弘 昆 貢
13 メイショウテンシャ 56.0kg 牡3 藤岡佑介 池添 兼雄
14 メルヴィンカズマ 56.0kg 牡3 西浦 勝一
15 ユラノト 56.0kg 牡3 松田 国英
16 レイデオロ 56.0kg 牡3 C.ルメール 藤沢 和雄

参考 netkeiba

神戸新聞杯2017のサイン

出典 JRA

 

神戸新聞杯当日、阪神競馬場に来場するのは吉本の芸人のCOWCOWの2人。

 

第4回阪神競馬開催は、9月10日のセントウルステークスが麒麟と藤崎マーケット、9月17日のローズステークスは、ペナルティと桜 稲垣早季と福本愛菜、9月18日の敬老の日は月亭八方、月亭八光、レギュラー、そして9月24日の神戸新聞杯はCOWCOWと吉本所属の芸人などがトークショーで出演しています。

 

そこで、セントウルステークス、ローズステークス、敬老の日のメインレースの仲秋ステークスで考えてみます。

 

セントウルステークス

1着 ファインニードル

同枠 ワキノブレイブ 清水久詞調教師 2頭出し

 

ローズステークス

1着 ラビットラン 角居勝彦調教師 2頭出し

 

仲秋ステークス

2着 ビップライブリー 清水久詞調教師 2頭出し

 

なぜか、2頭出しの調教師の馬あるいは同枠が連対しています。

 

そういえば、麒麟と藤崎マーケット、ペナルティ、レギュラーはコンビですよね。

 

神戸新聞杯2017当日もCOWCOWというコンビが出演します。

 

しかし、残念ながら神戸新聞杯2017には、2頭出しの調教師はいません。

 

気になるのは、タガノヤグラの馬主の八木良司とタガノシャルドネの馬主の八木秀之氏が親子であること。

 

この2頭の同枠馬には気をつけたいですね。

神戸新聞杯とスプリングステークス?

先日行われた朝日杯セントライト記念ですが、地方馬が1頭出走していた点で、報知杯弥生賞に似ています。

 

報知杯弥生賞2017(12頭立て)

1着  カデナ 8枠11番(逆2番)福永祐一騎手 1人気

2着 マイスタイル 7枠10番(逆3番)横山典弘騎手 8人気

同枠 ダイワキャグニー 2人気

3着  ダンビュライト 4枠4番(逆9番) ルメール騎手 5人気

 

朝日杯セントライト記念2017(15頭立て)

1着 ミッキースワロー 3枠5番(逆11番)横山典弘騎手 2人気

2着 アルアイン 4枠7番(逆9番)ルメール騎手 1人気

3着 サトノクロニクル 2枠2番(逆14番) デムーロ騎手 3人気

 

報知杯弥生賞2017は、1人気が1着で、2人気の同枠馬が2着。

 

朝日杯セントライト記念2017は2人気が1着で、1人気が2着。

 

同じ騎手が、それぞれのレースでも3着以内に来ています。

 

となると、神戸新聞杯2017でもスプリングステークス2017と関連があるかも知れません。

 

スプリングステークス2017(11頭立て)

1着 ウインブライト 8枠10番(逆2番) 松岡正海騎手 5人気

2着 アウトライアーズ 7枠8番(逆4番) 田辺裕信騎手 2人気

3着 プラチナヴォイス 6枠7番(逆5番)和田竜二騎手 6人気

スポンサーリンク

最後に

昨年の神戸新聞杯には、マル外が出走していませんでした。

 

神戸新聞杯2017には、マル外のベストアプローチが登録しています。

 

この馬は、テレビ東京杯青葉賞で1着同枠の2着に入った馬です。

 

この馬が鍵を握っているかも知れません。

スポンサーリンク