菊花賞のトライアルレースは、朝日杯セントライト記念と神戸新聞杯の2レースです。

 

それぞれのレースで、3着以内に入った馬には菊花賞への優先出走権が与えられます。

 

先日行われた朝日杯セントライト記念では、京成杯1着馬で皐月賞3着馬のジェネラーレウーノが1着、3戦3勝の1人気のレイエンダが2着、2歳以降は賞金加算がなかったグレイルが3着となりました。

 

神戸新聞杯はどんな結果になるのでしょうか?

 

今回は、神戸新聞杯2018の予想を行いたいと思います。

スポンサーリンク

神戸新聞杯2018の出馬表

出典 JRA

 

神戸新聞杯2018には11頭が登録し、ダブルシャープが回避し、10頭立てとなっています。

 

神戸新聞杯が10頭立てで行われるのは1988年以来で、その当時は2000mで行われていました。

 

神戸新聞杯2018の出馬表を見ると、ダービー馬のワグネリアンと皐月賞馬のエポカドーロが対角配置になっています。

1枠 1番 ゴーフォザサミット 牡3 56.0kg 蛯名 正義 藤沢 和雄
2枠 2番 エタリオウ 牡3 56.0kg M.デムーロ 友道 康夫
3枠 3番 ワグネリアン 牡3 56.0kg 藤岡 康太 友道 康夫
4枠 4番 ステイフーリッシュ 牡3 56.0kg 川田 将雅 矢作 芳人
5枠 5番 タイムフライヤー 牡3 56.0kg 和田 竜二 松田 国英
6枠 6番 メイショウテッコン 牡3 56.0kg 松山 弘平 高橋 義忠
7枠 7番 ビッグスモーキー 牡3 56.0kg 浜中 俊 清水 久詞
8番 エポカドーロ 牡3 56.0kg 戸崎 圭太 藤原 英昭
8枠 9番 アドマイヤアルバ 牡3 56.0kg 岩田 康誠 須貝 尚介
10番 ハーベストムーン 牡3 56.0kg 幸 英明 浅見 秀一

ゾロ目回の神戸新聞杯からのサイン

神戸新聞杯2018は第55回のゾロ目回。

 

では、前回のゾロ目回の結果はどうだったのでしょう。

 

第44回(2007年)神戸新聞杯(15頭立て)

1着 ドリームジャーニー 牡3 8枠14番(逆2番)武豊騎手 3人気

前走 日本ダービー(東京2400m)8人気5着

前々走 皐月賞(中山2000m)3人気8着

朝日杯フューチュリティステークス1着馬

2着 アサクサキングス 牡3 7枠13番(逆3番)四位洋文騎手 5人気

前走 宝塚記念(阪神2200m)11人気15着

前々走 日本ダービー(東京2400m)14人気2着

きさらぎ賞1着馬

3着 ヴィクトリー 牡3 5枠9番(逆7番)岩田康誠騎手 2人気

前走 日本ダービー(東京2400m)2人気9着

前々走 皐月賞(中山2000m)7人気1着

 

第44回神戸新聞杯1着馬のドリームジャーニーは、2歳時の朝日杯フューチュリティステークス1着から賞金加算がなかった馬でした。

 

また、2着馬のアサクサキングスは日本ダービー2着から古馬戦の宝塚記念に出走し、11人気15着と惨敗していた馬でした。

ゆきやなぎ賞2着馬出走からのサイン

1回阪神5日に行われる500万下の条件戦である「ゆきやなぎ賞」は、神戸新聞杯と同じ阪神2400mで行われます。

 

神戸新聞杯2018には、ゆきやなぎ賞2着馬のエタリオウが出走しますね。

 

ゆきやなぎ賞が阪神2400mで行われるようになったのは2009年からで、2009年以降でゆきやなぎ賞2着馬が出走したのは2014年のみ。

 

2014年神戸新聞杯(16頭立て)

1着 ワンアンドオンリー 5枠10番(逆7番)横山典弘騎手 1人気

前走 日本ダービー(東京2400m)3人気1着

前々走 皐月賞(中山2000m)4人気4着

2着  サウンズオブアース 6枠11番(逆6番)藤岡佑介騎手 8人気

前走 日本ダービー(東京2400m)11人気11着

前々走 京都新聞杯(京都2200m)8人気2着

3着 トーホウジャッカル 1枠2番(逆15番)酒井学騎手 9人気

前走 1000万下条件戦・玄海特別(小倉2000m)3人気2着

前々走 3歳500万下条件戦・平場(小倉1800m)6人気1着

4着 サトノアラジン 4枠8番(逆9番)浜中俊騎手 2人気

前走 1000万下条件戦・九州スポーツ杯(小倉2000m)1人気1着

前々走 3歳500万下条件戦・茶臼山高原特別(中京2000m)1人気1着

ゆきやなぎ賞2着馬

 

2014年神戸新聞杯はダービー馬が1着で、京都新聞杯2着馬が2着になっています。

スポンサーリンク

神戸新聞杯2018の予想の結論

神戸新聞杯2018の頭数が10頭立てで行われることに、意味があるのではないでしょうか。

 

10頭立ての3歳トライアルといえば、今年の報知杯弥生賞が当てはまります。

 

後にダービー馬となるワグネリアンは、逆3番に配置され2着となっています。

 

そして、なぜか神戸新聞杯2018で、ワグネリアンは正3番配置となっています。

 

ワグネリアンは2着なのではないか…

 

今年の報知杯弥生賞で1着になったのは逆2番のダノンプレミアムで、報知杯弥生賞で3着になったのはワグネリアンの対角配置のジャンダルムでした。

 

皐月賞とダービー馬が出走した2000年の神戸新聞杯で3人気が勝っていたことから、現在3人気のエタリオウを1着候補とします。

 

エタリオウからワグネリアンに流します。

 

3着はエポカドーロ?

 

エタリオウでなければ、タイムフライヤーでしょうか。

スポンサーリンク