京都牝馬ステークスは2016年から1600mから1400mに変更されたレースです。

 

そのため、1400mの京都牝馬ステークスは過去3年しかありません。

 

でも、逆に考えれば、3年のレース実績があるともいえそうです。

 

今回は、京都牝馬ステークス2019の予想を行いたいと思います。

スポンサーリンク

京都牝馬ステークス2019の出馬表

出典 JRA

 

京都牝馬ステークス2019には21頭が登録し、コパノディール、ヤマカツグレース、ロッテンマイヤーが回避し、18頭立てとなっています。

 

しかし、ディメンシオンが出走取消ですね。

 

現在のところ、1人気はミスパンテール、2人気はアルーシャ、3人気はワントゥワンとなっています。

 

ダイワメジャー産駒が3枠に2頭、7枠に2頭、対のように配置されているのは気になります。

1枠 1番 ディメンシオン 牝5 54.0kg 福永 祐一 藤原 英昭
2番 ベルーガ 牝4 54.0kg 川田 将雅 中内田 充正
2枠 3番 ハーレムライン 牝4 54.0kg 柴田 善臣 田中 清隆
4番 リバティハイツ 牝4 55.0kg 北村 友一 高野 友和
3枠 5番 レーヌミノル 牝5 55.0kg 松田 大作 本田 優
6番 オールポッシブル 牝5 54.0kg 荻野 極 高橋 亮
4枠 7番 キョウワゼノビア 牝6 54.0kg 田中 勝春 角田 晃一
8番 ライトフェアリー 牝7 54.0kg 酒井 学 石毛 善彦
5枠 9番 エイシンティンクル 牝6 54.0kg 和田 竜二 坂口 正則
10番 デアレガーロ 牝5 54.0kg 池添 謙一 大竹 正博
6枠 11番 ワントゥワン 牝6 55.0kg M.デムーロ 藤岡 健一
12番 アルーシャ 牝4 54.0kg C.ルメール 藤沢 和雄
7枠 13番 アマルフィコースト 牝4 53.0kg 坂井 瑠星 牧田 和弥
14番 ミスパンテール 牝5 56.0kg 横山 典弘 昆 貢
15番 リナーテ 牝5 54.0kg 武 豊 須貝 尚介
8枠 16番 クリーンファンキー 牝6 54.0kg 藤岡 佑介 鈴木 伸尋
17番 カラクレナイ 牝5 54.0kg 松山 弘平 松下 武士
18番 カイザーバル 牝6 54.0kg 四位 洋文 角居 勝彦

過去3年の京都牝馬ステークスからのサイン

2016年から1400mで行われるようになった京都牝馬ステークスですが、結果を振り返ってみます。

 

2016年京都牝馬ステークス(18頭立て)

1着 クイーンズリング 牝4 56kg 7枠14番(逆5番)M.デムーロ騎手 1人気

前走 エリザベス女王杯(京都2200m)5人気8着

前々走 秋華賞(京都2000m)5人気2着

前年報知杯フィリーズレビュー(阪神1400m)1着

2着 マジックタイム 牝5 54kg 5枠10番(逆9番)柴山雄一騎手 6人気

前走 1600万下条件戦・節分ステークス(東京1600m)1人気1着

前々走 1600万下条件戦・ユートピアステークス(東京1600m・定量戦)1人気2着

 

2017年京都牝馬ステークス(18頭立て)

1着 レッツゴードンキ 牝5 55kg 5枠10番(逆9番)岩田康誠騎手 1人気

前走 ターコイズステークス(中山1600m)6人気2着

前々走 JBCレディスクラシック(川崎ダート1600m)4人気2着

2着 ワンスインナムーン 牝4 54kg 7枠15番(逆4番)石橋脩騎手 7人気

前走 1600万下条件戦・サンライズステークス(中山1200m)1人気1着

前々走 1000万下条件戦・平場(中山1200m)2人気1着

 

2018年京都牝馬ステークス(12頭立て)

1着 ミスパンテール 牝4 55kg 6枠8番(逆5番)横山典弘騎手 1人気

前走 ターコイズステークス(中山1600m)5人気1着

前々走 1600万下条件戦・清水ステークス(京都1600m)4人気1着

2着 デアレガーロ 牝4 54kg 7枠10番(逆3番)池添謙一騎手 4人気

前走 1600万下条件戦・市川ステークス(中山1600m)5人気1着

前々走 1600万下条件戦・秋風ステークス(中山1600m)8人気4着

 

この3年間の2着馬は、前走で1600万下条件戦を勝った斤量54kgの馬で、1着馬は55㎏以上のクラシック出走歴のある馬です。

スポンサーリンク

京都牝馬ステークス2019の予想の結論

京都牝馬ステークス2019は第54回開催なので、新しいことはやってこないでしょう。

 

京都牝馬ステークス2019の出走馬で、前走で1600万下条件戦を勝った馬はアルーシャのみ。

 

今回は、アルーシャを軸とします。

 

相手は、ミスパンテール、カラクレナイ、デアレガーロ。

 

そして、ミスパンテールとベルーガ、ミスパンテールとオールポッシブルの組み合わせ。

スポンサーリンク