昨年に引き続き、今年の京都記念は10頭立てとなりました。

 

といっても、期待のダービー馬のレイデオロ、皐月賞馬のアルアイン、エリザベス女王杯優勝のモズカッチャン、秋華賞馬のディアドラは出走するので、まあまあのメンバーです。

 

今回は、10頭立てとなった京都記念2018の予想を行いたいと思います。

スポンサーリンク

京都記念2018の出馬表

出典 JRA

 

京都記念2018には10頭が登録し、10頭全頭が出走します。

 

現在のところ、1人気はレイデオロ、2人気はモズカッチャン、3人気はアルアインとなっています。

1枠 1番 プリメラアスール 牝6 54.0kg 酒井 学 鈴木 孝志
2枠 2番 ケントオー 牡6 56.0kg 小牧 太 西橋 豊治
3枠 3番 ディアドラ 牝4 54.0kg 福永 祐一 橋田 満
4枠 4番 クリンチャー 牡4 55.0kg 藤岡 佑介 宮本 博
5枠 5番 モズカッチャン 牝4 54.0kg M.デムーロ 鮫島 一歩
6枠 6番 レイデオロ 牡4 57.0kg D.バルジュー 藤沢 和雄
7枠 7番 クロコスミア 牝5 54.0kg 岩田 康誠 西浦 勝一
8番 アクションスター 牡8 56.0kg 太宰 啓介 音無 秀孝
8枠 9番 ミッキーロケット 牡5 56.0kg 松若 風馬 音無 秀孝
10番 アルアイン 牡4 57.0kg 川田 将雅 池江 泰寿

出走馬情報からのサイン

出典 JRA

 

出走馬情報にはレイデオロ、アルアイン、クリンチャー、ディアドラ、モズカッチャン、クロコスミア、ミッキーロケット、ケントオーの8頭の記載がありました。

 

この8頭の中から優勝馬が出そうですね。

2008年京都記念からのサイン

昨年の京都記念は指定交流競走の別定戦でしたが、京都記念2018では指定交流競走のマークが消されています。

 

過去にさかのぼると、2008年が今年と同じ指定交流競走ではない別定戦です。

 

2008年京都記念(16頭立て)

1着 アドマイヤオーラ 牡4 57㎏ 5枠10番(逆7番)安藤勝己騎手 1人気

前走 スポニチ賞京都金杯(京都1600m・ハンデ)1人気2着

前々走 鳴尾記念(阪神1800m・別定)4人気3着(3着同着・ぞろ目決着)

同枠 フサイチホウオー 牡4 56㎏ C.ルメール騎手 8人気

前走 スポニチ賞京都金杯(京都1600m・ハンデ)4人気15着

2着 アドマイヤフジ 牡6 57㎏ 7枠14番(逆3番)川田将雅騎手 4人気

前走 日刊スポ賞中山金杯(中山2000m・ハンデ)3人気1着

前々走 鳴尾記念(阪神1800m・別定)5人気3着(3着同着・ぞろ目決着)

同枠 ダークメッセージ 牡5 57㎏  武豊騎手 5人気

前走 日経新春杯(京都2400m・ハンデ)2人気2着

3着 シルクフェイマス 牡9 57㎏ 4枠8番(逆9番)福永祐一騎手 11人気

前走 アメリカジョッキークラブカップ(中山2200m・別定)11人気10着

前々走 スポニチ賞京都金杯(京都1600m・ハンデ)7人気8着(2着同枠)

同枠 ヴィータローザ 牡8 57㎏  小牧太騎手 14人気

前走 朝日チャレンジカップ(阪神2000m・別定)6人気8着(1着同枠)

 

1着のアドマイヤオーラと2着のアドマイヤフジは前々走の別定戦の鳴尾記念で3着同着ですね。

 

アドマイヤオーラは1年以上前に出走した別定戦のシンザン記念でぞろ目で1着になっている馬です。

 

また、2着のアドマイヤフジも、前走のハンデ戦のスポニチ賞京都金杯で1着になっていますが、別定戦の連対歴はないです。

 

ゾロ目決着だった前々走の別定戦の鳴尾記念で3着同着以外は2頭とも、目立った戦歴がありません。

 

そこで、前年の京都記念を見ていて、気付いたことがあります。

 

2008年京都記念の1着馬のアドマイヤオーラと2着のアドマイヤフジは同一馬主ですが、前年の優勝馬も同じ馬主のアドマイヤムーンでした。

 

しかも、2007年の京都記念優勝馬のアドマイヤムーンの騎乗騎手は武豊騎手で、さかのぼると2006年の京都記念も武豊騎手が騎乗していたシックスセンスでした。

 

つまり武豊騎手は2006年と2007年の京都記念連覇騎手です。

 

その武豊騎手は、2008年の京都記念で2着同枠のダークメッセージに騎乗していました。

 

ここで、2016年の京都記念と2017年の京都記念の結果を見てみます。

 

2016年と2017年の京都記念はサトノクラウンが連覇していますが、両年ともにデムーロ騎手が騎乗していました。

 

2018年の京都記念でデムーロ騎手は、5枠5番のモズカッチャンに騎乗します。

 

モズカッチャンは単枠なので、モズカッチャンか対角配置のレイデオロは気になります。

 

視点を変えてみます。

 

2008年京都記念で1着となったアドマイヤオーラは京都競馬場でオール連対の馬でした。

 

京都記念2018の出走馬で京都競馬場でオール連対の馬はクリンチャーです。

スポンサーリンク

京都記念2018の予想の結論

2008年京都記念から、軸はレイデオロにします。

 

ただし、ダービー馬が京都記念を勝つイメージが浮かばないので、2着と見ます。

 

相手は、クリンチャー、ミッキーロケット、アルアイン、モズカッチャンにします。

スポンサーリンク