今年の京都記念は第111回を迎えます。

 

何で、そんなに歴史があるのかというと、昔は春と秋の年2回行われていたからです。

 

今でいうと天皇賞のようなものだったことになりますね。

 

そんな、かつては年2回行われていた京都記念2018のサインを探してみたいと思います。

スポンサーリンク

 

京都記念2018の出走予定(特別登録)

出典 JRA

 

京都記念2018の出走予定(特別登録)は10頭です。

 

去年も10頭立てだったので、いいところだと思います。

 

ダービー馬のレイデオロ、エリザベス女王杯1着のモズカッチャン、秋華賞馬のディアドラと昨年のメンバーよりは揃っている感じですね。

 馬 名 性齢 斤量 想定騎手 調教師
1 アクションスター 牡8 56.0kg 太宰 啓介 音無 秀孝
2 アルアイン 牡4 57.0kg 川田 将雅 池江 泰寿
3 クリンチャー 牡4 55.0kg 藤岡 佑介 宮本 博
4 クロコスミア 牝5 54.0kg 岩田 康誠 西浦 勝一
5 ケントオー 牡6 56.0kg 西橋 豊治
6 ディアドラ 牝4 54.0kg 福永 祐一 橋田 満
7 プリメラアスール 牝6 54.0kg 酒井 学 鈴木 孝志
8 ミッキーロケット 牡5 56.0kg 松若 風馬 音無 秀孝
9 モズカッチャン 牝4 54.0kg M.デムーロ 鮫島 一歩
10 レイデオロ 牡4 57.0kg D.バルジュー 藤沢 和雄

参考 netkeiba

イベントからのサイン

京都記念2018が行われる2月11日には、「ゲッツ!」でおなじみのダンディ坂野が京都競馬場に来場して、京都記念2018の勝馬予想会&レース回顧を行うようです。

 

もしかすると、ダンディ坂野がサインを発信しているかも知れません。

 

調べてみましょう!

 

ダンディ坂野は1967年1月16日生まれですね。

 

サンミュージックプロダクションに所属しています。

 

出走予定馬、調教師、騎手を調べてみましたが、1月16日生まれはいませんね。

 

もしかすると1番や6番が連対するのかも知れません。

セントライト記念2着馬からのサイン

京都記念2018の出走予定のアルアインは皐月賞馬という面もありますが、セントライト記念2着馬という戦歴も持っている馬です。

 

過去、セントライト記念で2着となった馬が、翌年の京都記念に出走したケースは2012年だけです。

 

2012年京都記念(9頭立て)

1着 トレイルブレイザー 牡5 57㎏ 3枠3番(逆7番)武豊騎手 5人気

前走 香港ヴァーズ(香港2400m)5人気6着

3走前 アルゼンチン共和国杯(東京2500m)3人気1着

2011年宝塚記念(阪神2200m)16人気8着(1着対角)

2着  ダークシャドウ 牡5 57㎏ 1枠1番(逆9番)福永祐一騎手 1人気

前走 天皇賞秋(東京2000m)2人気2着

前々走 毎日王冠(東京1800m・別定戦)1人気1着

3着 ヒルノダムール 牡5 58㎏ 8枠9番(逆1番) 藤田伸二騎手 3人気

前走 日経新春杯(京都2400m)3人気2着

前々走 鳴尾記念(阪神1800m・別定戦)1人気2着

4着 トーセンラー 牡4 55㎏ 4枠4番(逆6番)C.デムーロ騎手 4人気

前走 菊花賞(京都3000m)3人気3着

前々走 セントライト記念(中山2200m)3人気2着

 

前年のセントライト記念2着馬のトーセンラーは、翌年の京都記念に出走し、4着に終わっています。

 

2012年の京都記念で1着となったのは、前年のアルゼンチン共和国杯1着馬のトレイルブレイザーですね。

 

トレイルブレイザーの戦歴で気になるのは、前年の宝塚記念で1着対角配置になっていたことです。

 

やはり、それなりにG2勝ちがあり、京都記念と同じ距離の宝塚記念で筋配置になっている馬が選ばれているといことです。

 

2着となったダークシャドウにしても、G2の毎日王冠を勝っていますから、格が大事であるということです。

 

この時点で、アクションスターやケントオー、プリメラアスールは厳しいと思います。

 

気になるのはミッキーロケット。

 

2017年の宝塚記念で1着対角配置になっています。

スポンサーリンク

最後に

京都記念2018で気になることがあります。

 

それは、昨年あった指定交流競走の記号がないことです。

 

国際競走になってから、京都記念から指定交流競走の記号がなかった年があります。

 

それは2008年でした。

 

2008年の京都記念で勝ったアドマイヤオーラは1人気の4歳馬。

 

別定戦の鳴尾記念で3着同着になっていた馬でした。

 

その時の鳴尾記念はぞろ目決着だったので、枠としては2番目に入線しています。

 

そういえば、レイデオロが2着となったジャパンカップもぞろ目決着でしたね。

 

また、枠順が決まったら検討したいと思います。

スポンサーリンク