2018年のスポーツニッポン賞京都金杯は、武豊騎手騎乗のブラックムーンが勝ちました。

 

ブラックムーンは、2017年マイルチャンピオンシップで1着対角に配置されていた馬で、2017年マイルチャンピオンシップで6着でした。

 

また、2018年のスポーツニッポン賞京都金杯で2着となったクルーガー(トップハンデ)は、2017年マイルチャンピオンシップで7着だった馬。

 

このあたりが、主催者の絶妙なところです。

 

今回は、スポーツニッポン賞京都金杯2019のサインを探してみたいと思います。

スポンサーリンク

スポーツニッポン賞京都金杯2019の出走予定(特別登録)

出典 JRA

 

スポーツニッポン賞京都金杯2019の出走予定(特別登録)は19頭。

 

明け4歳馬の登録が多いですね。

 馬 名 性齢 斤量 想定騎手 調教師
1 アサクサゲンキ 牡4 54.0kg 松若 風馬 音無 秀孝
2 アドマイヤアルバ 牡4 54.0kg 岩田 康誠 須貝 尚介
3 カツジ 牡4 56.0kg 松山 弘平 池添 兼雄
4 キャンベルジュニア 牡7 56.0kg 堀 宣行
5 グァンチャーレ 牡7 56.5kg 古川 吉洋 北出 成人
6 コウエイタケル 牡8 55.0kg 小牧 太 山内 研二
7 ゴールドサーベラス 牡7 54.0kg 柴山 雄一 清水 英克
8 サラキア 牝4 53.0kg 池添 謙一 池添 学
9 ストーミーシー 牡6 54.0kg 吉田 隼人 斎藤 誠
10 スマートオーディン 牡6 57.0kg 秋山 真一郎 池江 泰寿
11 ツーエムマイスター 牡7 52.0kg 本田 優
12 トゥラヴェスーラ 牡4 53.0kg 高橋 康之
13 パクスアメリカーナ 牡4 55.0kg 川田 将雅 中内田 充正
14 バリス 牡8 52.0kg 鈴木 孝志
15 ヒーズインラブ 牡6 56.5kg 藤岡 康太 藤岡 健一
16 マイスタイル 牡5 56.0kg 田中 勝春 昆 貢
17 ミエノサクシード 牝6 54.0kg 川島 信二 高橋 亮
18 リライアブルエース 牡6 54.0kg 坂井 瑠星 矢作 芳人
19 ロードクエスト 牡6 57.0kg 福永 祐一 小島 茂之

参考 netkeiba

ゲストプレゼンターからのサイン

スポーツニッポン賞京都金杯2019のゲストプレゼンターは、7代目おけいはん 三条けい子の中川可菜!

 

おけいはんとは、京阪電気鉄道のイメージキャラクターのようです。

 

単純に7代目から7番や7枠、三条から3番や3枠を使うのでしょうか?

 

それとも、京阪杯の出目を使うのでしょうか?

 

2018年の京阪杯は3番のダノンスマッシュが勝っています。

 

また、京阪杯で2着同枠になっていたコウエイタケルが登録しています。

2008年スポーツニッポン賞京都金杯からのサイン

2018年のスポーツニッポン賞京都金杯は、1月6日開催!

 

これは、2007年と同じです。

 

ならば、通常開催に戻る2008年のスポーツニッポン賞京都金杯の結果が気になります。

 

2008年スポーツニッポン賞京都金杯(16頭立て)

1着  エイシンデピュティ 牡6 57kg 5枠9番(逆8番)岩田康誠騎手 3人気

前走 鳴尾記念(阪神1800m)3人気2着

前々走 天皇賞秋(東京2000m)14人気14着(1着同枠)

2着 アドマイヤオーラ 牡4 57kg 8枠16番(逆1番) 安藤勝己騎手 1人気

前走 鳴尾記念(阪神1800m)4人気3着

前々走 日本ダービー(東京2400m)4人気3着

3着  カネトシツヨシオー 牡5 55kg 5枠10番(逆7番) 幸英明騎手 9人気

前走 阪神カップ(阪神1400m)15人気7着

前々走 1600万下条件戦・ゴールデンホイップトロフィー(阪神1600m)4人気1着

 

2008年スポーツニッポン賞京都金杯は、G1敗退馬の救済が行われました。

 

2008年スポーツニッポン賞京都金杯1着馬のエイシンデピュティは、前年の天皇賞秋の1着同枠馬!

 

スポーツニッポン賞京都金杯2019の登録馬の パクスアメリカーナは、NHKマイルカップ2着同枠馬です。

 

また、ロードクエストはマイルチャンピオンシップの2着対角馬ですね。

スポンサーリンク

最後に

2019年リステッド競走に指定されているキャピタルステークス、リゲルステークス、ポートアイランドステークスの1着馬が登録していますね。

 

また、出馬表が出たら、再検討したいと思います。

スポンサーリンク