2場3日開催の最終日に開催される京都大賞典。

 

G1馬は不在ですが、面白いメンバーが集まりました。

 

今回は、京都大賞典2017の予想を行いたいと思います。

京都大賞典2017の出馬表

京都大賞典2017には15頭が登録され、15頭全頭が出走してきました。

 

現在のところ、1人気はシュヴァルグラン、2人気はミッキーロケット、3人気はサウンズオブアースとなっています。

1枠 1番 プロレタリアト 牝6 54.0kg 杉原 誠人 小島 茂之
2枠 2番 サウンズオブアース 牡6 56.0kg 横山 典弘 藤岡 健一
3番 シュヴァルグラン 牡5 57.0kg M.デムーロ 友道 康夫
3枠 4番 スマートレイアー 牝7 54.0kg 武 豊 大久保 龍志
5番 ミッキーロケット 牡4 57.0kg 和田 竜二 音無 秀孝
4枠 6番 ヒットザターゲット 牡9 56.0kg 小牧 太 加藤 敬二
7番 フェイムゲーム せん7 57.0kg C.ルメール 宗像 義忠
5枠 8番 トーセンバジル 牡5 56.0kg 岩田 康誠 藤原 英昭
9番 アクションスター 牡7 56.0kg 松若 風馬 音無 秀孝
6枠 10番 ラストインパクト 牡7 56.0kg 浜中 俊 角居 勝彦
11番 バロンドゥフォール せん7 56.0kg 古川 吉洋 久保田 貴士
7枠 12番 カレンミロティック せん9 56.0kg 池添 謙一 平田 修
13番  ハッピーモーメント  牡7 56.0kg 藤岡 康太 角居 勝彦
8枠 14番 レコンダイト  牡7 56.0kg 北村 友一 音無 秀孝
15番  マキシマムドパリ  牝5  54.0kg  藤岡 佑介  松元 茂樹

産経賞オールカマーと毎日王冠の結果から

天皇賞(秋)のステップレースは産経賞オールカマーと毎日王冠、そして京都大賞典。

 

この3レースの1着馬に優先出走権が与えられます。

 

産経賞オールカマーと毎日王冠を振り返ってみます。

 

産経賞オールカマー

1着 ルージュバック 北村宏司騎手

2着 ステファノス  戸崎圭太騎手

3着 タンタアレグリア 蛯名正義騎手

 

産経賞オールカマーで1着となったルージュバックの戦歴を見ると、今年G1化された大阪杯の前哨戦の金鯱賞に出走し、4人気で8着。

 

金鯱賞でルージュバックの同枠には2人気のプロディガルサンがいました。

 

産経賞オールカマーで2着となったステファノスも、大阪杯の前哨戦の金鯱賞に出走し、3人気で6着でした。

 

ステファノスは、大阪杯にその後出走し、2着となっています。

 

毎日王冠

1着 リアルスティール デムーロ騎手

2着 サトノアラジン  川田将雅騎手

3着  グレーターロンドン  田辺裕信騎手

 

毎日王冠で1着となったリアルスティールは大阪杯の前哨戦の中山記念に出走し、2人気8着。

 

毎日王冠で2着となったサトノアラジンは、安田記念の前哨戦の京王杯スプリングカップに1人気で出走し9着、そして、安田記念で1着となっています。

 

両レースからは、G1の前哨戦で2人気か2人気となった馬の同枠の馬が1着となり、G1で連対してきた馬が2着となっています。

 

今年G1で連対しているのは、シュヴァルグランだけです。

 

しかし、リアルスティールやルージュバックのような馬は見当たりません。

中山記念と金鯱賞からのサイン

今年、大阪杯がG1となったことで、古馬2000mのG1レースが春と秋にできました。

 

大阪杯の前哨戦の中山記念と金鯱賞を見てみます。

 

中山記念

1着  ネオリアリズム デムーロ騎手

2着 サクラアンプルール 横山典弘騎手

3着 ロゴタイプ  田辺裕信騎手

 

なんとなく、騎手だけ見ると、毎日王冠の結果と似ています。

 

毎日王冠

1着 リアルスティール デムーロ騎手

2着 サトノアラジン  川田将雅騎手

3着  グレーターロンドン  田辺裕信騎手

 

では、次に金鯱賞を見てみます。

 

金鯱賞

1着 ヤマカツエース 池添謙一騎手

2着 ロードヴァンドール 太宰啓介騎手

3着 スズカデヴィアス 藤岡佑介騎手

 

オールカマーとはちょっと違う感じですね。

 

池添騎手のカレンミロティックは気になります。

スポンサーリンク

結論

軸はシュヴァルグランにしますが、果たして1着になれるでしょうか?

 

相手はアンガールズのサインからカレンミロテック、 フェイムゲーム、バロンドゥフォールのせん馬3頭。

 

3着は8枠でしょうか。