天皇賞秋のトライアルレースは、産経賞オールカマー、毎日王冠、京都大賞典の3レース。

 

産経賞オールカマーはダービー馬の4歳馬レイデオロが勝ち、毎日王冠はNHKマイルカップ1着馬のアエロリットが勝っています。

 

この2レースはG1馬が勝っていることになります。

 

では、京都大賞典もG1馬が勝つのでしょうか?

 

今回は京都大賞典2018の予想を行いたいと思います。

スポンサーリンク

京都大賞典2018の出馬表

出典 JRA

 

京都大賞典2018には12頭が登録し、馬番決定前にパフォーマプロミスが出走取消をして、11頭立てとなっています。

 

現在のところ、1人気はサトノダイヤモンド、2人気はシュヴァルグラン、3人気はウインテンダネスとなっています。

1枠 1番 モンドインテロ 牡6 56.0kg 松山 弘平 手塚 貴久
2枠 2番 サトノダイヤモンド 牡5 57.0kg 川田 将雅 池江 泰寿
3枠 3番 ブレスジャーニー 牡4 56.0kg 和田 竜二 佐々木 晶三
4枠 4番 レッドジェノヴァ 牝4 54.0kg 池添 謙一 小島 茂之
5枠 5番 アルバート 牡7 57.0kg J.モレイラ 堀 宣行
6枠 6番 ケントオー 牡6 56.0kg 小牧 太 西橋 豊治
7番 プラチナムバレット 牡4 56.0kg 幸 英明 河内 洋
7枠 8番 シュヴァルグラン 牡6 58.0kg 福永 祐一 友道 康夫
9番 スマートレイアー 牝8 55.0kg 浜中 俊 大久保 龍志
8枠 10番 サンエイゴールド 牡5 56.0kg 山本 聡哉 瀬戸 幸一
11番 ウインテンダネス 牡5 57.0kg 菱田 裕二 杉山 晴紀

11頭立ての京都大賞典からのサイン

過去の京都大賞典で、取消戦ではなく、11頭立てで行われたのは2006年。

 

2006年の京都大賞典も地方馬の出走がありました。

 

2006年京都大賞典(11頭立て)

1着  スイープトウショウ 牝5 56kg 7枠9番(逆3番) 池添謙一騎手 2人気

前走 エリザベス女王杯(京都2200m)2人気1着

前々走 天皇賞(秋)(東京2000m)4人気5着

2着 ファストタテヤマ 牡7 57kg 7枠8番(逆4番)武幸四郎騎手 7人気

前走 札幌記念(札幌2000m)6人気6着

前々走 みなみ北海道ステークス(函館2600m)4人気1着

2005年京都大賞典3着

3着 トウショウナイト 牡5 57kg 6枠7番(逆5番) 武士沢友治騎手 5人気

前走 札幌日経オープン(札幌2600m)2人気1着

前々走 函館記念(函館2000m)9人気7着

 

2006年京都大賞典で1着となったのは、エリザベス女王杯1着馬のスイープトウショウ。

 

スイープトウショウは秋華賞馬でもありますね。

 

また、2着となったのは菊花賞2着歴のあるファストタテヤマでした。

サウジアラビアロイヤルカップと毎日王冠からのサイン

この3日間開催は、東京競馬場で土曜日にサウジアラビアロイヤルカップ、日曜日に毎日王冠、京都競馬場で京都大賞典が行われます。

 

サウジアラビアロイヤルカップは牝馬のグランアレグリア、毎日王冠は牝馬のアエロリットが勝っています。

 

でも、サウジアラビアロイヤルカップの裏番組の平城京ステークスも牝馬のアイアンテーラーが勝ち、毎日王冠の裏番組の夕刊フジ杯オパールステークスも牝馬のアンヴァルが勝っています。

 

この2日間はメーンレースは牝馬が勝っているという結果が出ています。

 

偶然にしては気になります。

スポンサーリンク

京都大賞典2018の予想の結論

今年の産経賞オールカマーと毎日王冠は、1人気が1着、3人気が2着という結果になっています。

 

産経賞オールカマーと毎日王冠と同じ1着賞金額の京都大賞典ですから、1人気と3人気の組み合わせも抑えますが、もう一つ気になることがあります。

 

2017年産経賞オールカマーはルージュバックが勝ち、2018年産経賞オールカマーはレイデオロが勝っています。

 

この2頭の馬主はキャロットファームです。

 

そして、2017年毎日王冠はリアルスティールが勝ち、2018年毎日王冠はアエロリットが勝っています。

 

この2頭の馬主はサンデーレーシングです。

 

2017年の京都大賞典を勝ったのはスマートレイアーです。

 

今回はこの馬を軸にします。

 

相手はサトノダイヤモンド、シュヴァルグラン、アルバートにします。

 

抑えでサトノダイヤモンドとレッドジェノヴァの組み合わせも。

スポンサーリンク