昨年の京都記念は、G1馬を抑えて、菊花賞2着馬のクリンチャーが優勝し、2着には皐月賞馬のアルアイン、3着にはダービー馬のレイデオロが入り、3着以内を4歳馬が独占しました。

 

今年の京都記念はどうなるのでしょうね。

 

今回は、京都記念2019のサインを探してみたいと思います。

スポンサーリンク

京都記念2019の出走予定(特別登録)

出典 JRA

 

京都記念2019の出走予定(特別登録)は12頭。

 

昨年いなかったマル外、せん馬は気になるところです。

 馬 名 性齢 斤量 想定騎手 調教師
1 アクションスター 牡9 56.0kg 和田 勇介
2 カフジプリンス 牡6 56.0kg 坂井 瑠星 矢作 芳人
3 ケントオー 牡7 56.0kg 幸 英明 西橋 豊治
4 ステイフーリッシュ 牡4 56.0kg 藤岡 佑介 矢作 芳人
5 タイムフライヤー 牡4 56.0kg 松田 国英
6 ダッシングブレイズ 牡7 56.0kg 松山 弘平 斉藤 崇史
7 ダンビュライト 牡5 56.0kg 松若 風馬 音無 秀孝
8 ノーブルマーズ 牡6 56.0kg 高倉 稜 宮本 博
9 パフォーマプロミス 牡7 57.0kg 福永 祐一 藤原 英昭
10 ハートレー せん6 56.0kg 川田 将雅 手塚 貴久
11 ブラックバゴ 牡7 56.0kg 池添 謙一 斎藤 誠
12 マカヒキ 牡6 57.0kg 岩田 康誠 友道 康夫

参考 netkeiba

ゲストプレゼンターからのサイン

京都記念2019のゲストプレゼンターは円広志!

 

円広志といえば、「夢想花」という曲がヒットしましたよね。

 

「飛んで 飛んで 飛んで 飛んで 回って 回って 回る♪」

 

1人気が飛んでしまうのでしょうか?

 

また、サイン的には「ひろし」つながりから宮本博調教師のノーブルマーズに注意したいですね。

2019年G2重賞からのサイン

2019年のG2は、これまで日経新春杯、東海テレビ杯東海ステークス、アメリカジョッキークラブカップが終了しています。

 

では、この3レースの結果から、京都記念2019のヒントが浮かばないでしょうか?

 

2019年日経新春杯(16頭立て・ハンデ戦)

1着 グローリーヴェイズ 牡4 55㎏ 1枠2番(逆15番)M.デムーロ騎手 1人気

2着 ルックトゥワイス 牡6 55㎏ 5枠10番(逆7番)岩田康誠騎手 5人気

13着 ロードヴァンドール 牡6 56㎏ 8枠15番(逆2番)横山典弘騎手 11人気

前年日経新春杯2着馬

 

2019年東海テレビ杯東海ステークス(13頭立て・指定・別定)

1着 インティ 牡5 56㎏ 4枠4番(逆10番)武豊騎手 1人気

2着 チュウワウィザード 牡4 56㎏ 3枠3番(逆11番)川田将雅騎手 2人気

4着 コスモカナディアン 牡6 56㎏ 7枠10番(逆4番)丸山元気騎手 6人気

前年東海テレビ杯東海ステークス2着馬

 

日経新春杯と東海テレビ杯東海ステークスは、前年の2着馬が出走してきて、1着馬の対角配置となっています。

 

2019年アメリカジョッキークラブカップ(11頭立て・カク指定・別定)

1着 シャケトラ 牡6 56㎏ 7枠8番(逆4番)石橋脩騎手 7人気

2着 フィエールマン 牡4 57㎏ 4枠4番(逆8番)ルメール騎手 1人気

 

アメリカジョッキークラブカップには、前年2着馬の出走はありませんでした。

 

気になるのは、前年のアメリカジョッキークラブカップで5着になっているトーセンビクトリーの調教師が、2019年アメリカジョッキークラブカップ1着馬のシャケトラと同じ角居勝彦氏であること。

 

また、前年のアメリカジョッキークラブカップ2着馬のミッキースワローは1人気で、2019年アメリカジョッキークラブカップ2着馬のフィエールマンも1人気であることです。

 

そして、2019年日経新春杯1着馬のグローリーヴェイズを管理する尾関知人氏、2019年東海テレビ杯東海ステークス1着馬のインティを管理する野中賢二氏、2019年アメリカジョッキークラブカップ1着馬のシャケトラを管理する角居勝彦氏は、前年の同レースで出馬表に名前がありました。

スポンサーリンク

最後に

昨年、カク指定がとれた京都記念ですが、昨年に引き続き、京都記念2019もカク指定の文字はありません。

 

また、出馬表が出たら、再検討したいと思います。

スポンサーリンク