皐月賞への優先出走権を与える報知杯弥生賞、 フジテレビ賞スプリングステークス、若葉ステークスが終了しましたが、皐月賞や日本ダービーに向けて、賞金を加算したい馬は毎日杯などの他のレースに出走してきます。

 

2017年の毎日杯1着馬のアルアインは、毎日杯を勝ち、皐月賞を制しています。

 

このため、毎日杯はクラシックの裏ルートと呼ばれていますが、今年はどんな結果になるのでしょうね。

 

今回は、毎日杯2019の予想を行いたいと思います。

スポンサーリンク

毎日杯2019の出馬表

出典 JRA

 

毎日杯2019には15頭が登録し、カリボールとモズベッロが回避して、13頭立てとなっています。

 

現在のところ、1人気はランスオブプラーナ、2人気はマイネルフラップ、3人気ウーリリとなっていますが、人気は動きそうですね

 

出馬表を見ると、4枠のキングオブコージとケイデンスコールはロードカナロア産駒同士ですね。

1枠 1番 ランスオブプラーナ 牡3 56.0kg 松山 弘平 本田 優
2枠 2番 ウーリリ 牡3 56.0kg 福永 祐一 友道 康夫
3枠 3番 ルモンド 牡3 56.0kg 川田 将雅 中内田 充正
4枠 4番 キングオブコージ 牡3 56.0kg 和田 竜二 安田 翔伍
5番 ケイデンスコール 牡3 57.0kg 北村 友一 安田 隆行
5枠 6番 オールイズウェル 牡3 56.0kg 藤岡 佑介 佐々木 晶三
7番 ダノンテイオー 牡3 56.0kg 岩田 康誠 大久保 龍志
6枠 8番 コパノマーティン 牡3 56.0kg 浜中 俊 村山 明
9番 アントリューズ 牡3 56.0kg 田辺 裕信 栗田 徹
7枠 10番 セントウル 牡3 56.0kg 小牧 太 森 秀行
11番 マイネルフラップ 牡3 56.0kg 吉田 隼人 梅田 智之
8枠 12番 アンタエウス 牡3 56.0kg 山田 祥雄 川西 毅
13番 ヴァンドギャルド 牡3 56.0kg C.ルメール 藤原 英昭

地方馬出走からのサイン

地方馬が毎日杯に出走したのは、2000年、2004年、2006年ですが、2000年の裏番組はマーチステークスで、地方馬の出走はありませんでした。

 

残った2004年と2006年は、裏番組が日経賞で地方馬の出走がありました。

 

2004年毎日杯(2000m・8頭立て)

1着 キングカメハメハ 牡3 57㎏ 8枠8番(逆1番)福永祐一騎手 2人気

前走 すみれステークス(阪神2200m)1人気1着

前々走 京成杯(中山2000m)1人気3着

3走前 2歳500万下条件戦・エリカ賞(阪神2000m)1人気1着(地方馬出走あり)

2着 シェルゲーム マル外 牡3 56㎏ 4枠4番(逆5番)岡部幸雄騎手 1人気

前走 2歳500万下条件戦・葉牡丹賞(中山2000m)1人気1着(地方馬出走あり)

前々走 2歳新馬戦(東京2000m)1人気1着

3着 マイネルマクロス 牡3 57㎏

前走 京成杯(中山2000m)3人気2着

前々走 ホープフルステークス(中山2000m)2人気3着

5走前 芙蓉ステークス(中山1600m)2人気1着(地方馬出走あり)

6着 エイユーハーデイ 地方馬 牡3 56㎏ 6枠6番(逆3番)岩田康誠騎手 5人気

 

2006年毎日杯(2000m・15頭立て)

1着 アドマイヤメイン 牡3 56㎏ 7枠12番(逆4番)福永祐一騎手 1人気

前走 3歳500万下条件戦・平場(阪神2000m)1人気1着(地方馬出走あり)

前々走 きさらぎ賞(京都1800m)4人気5着

2着 インテレット 牡3 56㎏ 6枠10番(逆6番)四位洋文騎手 11人気

前走 3歳500万下条件戦・平場(中山ダート1800m)2人気1着

前々走 2歳未勝利戦(中山ダート1800m)1人気1着

3着 マイネルアラバンサ 牡3 56㎏ 8枠15番(逆1番)佐藤哲三騎手 3人気

前走 すみれステークス(阪神2200m)4人気2着

前々走 3歳新馬戦(京都2000m)1人気1着

12着 シティボス 地方馬 牡3 56㎏ 1枠1番(逆15番)川原正一騎手 15人気

 

2004年と2006年の毎日杯は共に2000mで行われていましたが、1着馬は2000mの500万下条件戦を勝っていた馬。

 

しかし、毎日杯2019は1800mで行われるレースなので、1800mの条件戦を勝ってきたランスオブプラーナ自身及び筋は気になります。

きさらぎ賞と共同通信杯からのサイン

毎日杯は、1着賞金3800万円の特別指定交流競走の別定戦。

 

同じ1800mで行われる1着賞金3800万円の特別指定交流競走の別定戦は、きさらぎ賞と共同通信杯です。

 

この2レースの結果を見てみます。

 

2019年きさらぎ賞(8頭立て)

1着 ダノンチェイサー 牡3 56㎏ 4枠4番(逆5番)川田将雅騎手 3人気

2着 タガノディアマンテ 牡3 56㎏ 1枠1番(逆8番)岩田康誠騎手 6人気

 

2019年共同通信杯(7頭立て)

1着 ダノンキングリー 牡3 56㎏ 1枠1番(逆7番)戸崎圭太騎手 3人気

2着 アドマイヤマーズ 牡3 57㎏ 4枠4番(逆4番)デムーロ騎手 1人気

 

不思議なことに、両レースともに1番と4番の組み合わせになっています。

 

また、1着はダノックスが馬主の馬ですね。

スポンサーリンク

毎日杯2019の予想の結論

ランスオブプラーナが1番に配置されたので、対角のヴァンドギャルド、平行のコパノマーティン、そして、ランスオブプラーナ自身が候補になります。

 

コパノマーティンは厳しいと思うので、ランスオブプラーナとヴァンドギャルドを軸にして、ダノンテイオー、ケイデンスコール、キングオブコージに軽く流します。

スポンサーリンク