ダービー馬が2頭にオークス馬、安田記念の勝ち馬、海外G1のドバイターフ1着馬とG1馬が4頭出走予定の毎日王冠2017。

 

今年の毎日王冠は豪華なメンバーが揃いました。

 

昨年は1頭もいなかった3歳馬もソウルスターリングを入れて3頭出走予定となっています。

 

今回は毎日王冠2017のサインを探してみたいと思います。

スポンサーリンク

毎日王冠2017の出走予定(特別登録)

出典 JRA

 

毎日王冠2017の出走予定(特別登録)は12頭。

 

登録段階で、フルゲート割れとなっています。

馬 名 性齢 斤量 想定騎手 調教師
1 アストラエンブレム 牡4 56.0kg  戸崎圭太 小島 茂之
2 ウインブライト 牡3 55.0kg  松岡正海 畠山 吉宏
3 グレーターロンドン 牡5 56.0kg  田辺裕信 大竹 正博
4 サトノアラジン 牡6 58.0kg  川田将雅 池江 泰寿
5 ソウルスターリング 牝3 53.0kg  C.ルメール 藤沢 和雄
6 ダイワキャグニー 牡3 54.0kg  北村宏司 菊沢 隆徳
7 ヒストリカル 牡8 56.0kg  田中勝春 音無 秀孝
8 マカヒキ 牡4 57.0kg  内田博幸 友道 康夫
9 マッチレスヒーロー 牡6 56.0kg  吉田隼人 金成 貴史
10 ヤングマンパワー 牡5 56.0kg  石橋脩 手塚 貴久
11 リアルスティール 牡5 57.0kg  M.デムーロ 矢作 芳人
12 ワンアンドオンリー 牡6 57.0kg  横山典弘 橋口 慎介

参考 netkeiba

イベントからのサイン

出典 JRA

 

毎日王冠が行われる10月8日には「競馬場で音楽を楽しもう!秋のバンド生演奏!」というイベントがあり、HIBI☆Chazz-K(ヒビチャズケ)が出演します。

 

実は、HIBI☆Chazz-K(ヒビチャズケ)は、2017年テレビ東京杯青葉賞が行われた4月29日にも東京競馬場に来場しています。

 

2017年テレビ東京杯青葉賞は、デムーロ騎手騎乗の1人気アドミラブルが、7枠10番で勝っています。

 

2着は岩田康誠騎手騎乗の4人気のマル外ベストアプローチとなっていますが、この2017年テレビ東京杯青葉賞はぞろ目決着でした。

 

7枠あるいはデムーロ騎手が乗ってきたら、注意が必要です。

 毎日王冠と毎日杯

毎日王冠と毎日杯は、どちらも毎日新聞社が寄贈しているレース。

 

2014年毎日杯(14頭立て)

1着  マイネルフロスト  1枠1番(逆14番

2着  エイシンブルズアイ 2枠2番(逆13番)

 

2014年毎日王冠(15頭立て)

1着 エアソミュール  2枠2番逆14番

2着  サンレイレーザー 4枠6番(逆10番)

 

 

2015年毎日杯(15頭立て)

1着  ミュゼエイリアン 5枠9番(逆7番) 川田将雅騎手

2着 ダノンリバティ  5枠8番(逆8番) 武豊騎手

 

2015年毎日王冠(13頭立て)

1着  エイシンヒカリ 8枠13番(逆1番)武豊騎手

2着 ディサイファ 4枠4番(逆10番)  四位洋文騎手

 

 

2016年毎日杯(10頭立て)

1着 スマートオーディン 8枠10番(逆1番)

2着  アーバンキッド 2枠2番(逆9番)

 

2016年毎日王冠(12頭立て)

1着  ルージュバック 7枠10番(逆3番)

2着  アンビシャス 6枠7番(逆6番)

 

2014年から2016年を見ると、毎日王冠と毎日杯は、毎年連動していますが、年によって連動の方法が異なります。

 

2017年毎日杯(8頭立て)

1着 アルアイン 3枠3番(逆6番) 松山弘平騎手 2人気

2着 サトノアーサー 1枠1番(逆8番) 川田将雅騎手 1人気

 

果たして、今年も毎日杯との連動はあるのでしょうか。

スポンサーリンク

最後に

今週は3日間開催となり、毎日王冠は2日目となります。

 

代替競馬を除いては、3月18日~20日と9月16日~18日にも3日間開催は行われていました。

 

ただし、3月18日~20日は3場開催されていたので、2場開催の9月16日~18日に近いかも知れません。

 

9月17日の中日には、中山でラジオ日本賞、阪神で 関西テレビ放送賞ローズステークスが行われていました。

 

東で行われるレースと考えれば、ラジオ日本賞となります。

 

もしかしたら、ラジオ日本賞の出目などが連動するかも知れません。

スポンサーリンク