3日間開催の中日に開催される毎日王冠は、東京1800mで行われる指定交流競走の別定戦です。

 

今年の毎日王冠は、菊花賞馬のキセキ、NHKマイルカップ1着馬のケイアイノーテック、2017年NHKマイルカップ優勝のアエロリットの3頭のG1馬に加え、2017年大阪杯2着馬のステファノスなど伏兵馬も多くいます。

 

どんな結果になるのでしょうね。

 

今回は、毎日王冠2018の予想を行いたいと思います。

スポンサーリンク

毎日王冠2018の出馬表

出典 JRA

 

毎日王冠2018には13頭が登録し、13頭全頭が出走してきました。

 

現在のところ、1人気はアエロリット、2人気はサトノアーサー、3人気はステルヴィオとなっています。

1枠 1番 キセキ 牡4 58.0kg 川田 将雅 中竹 和也
2枠 2番 ケイアイノーテック 牡3 56.0kg 藤岡 佑介 平田 修
3枠 3番 ステファノス 牡7 56.0kg 福永 祐一 藤原 英昭
4枠 4番 サトノアーサー 牡4 56.0kg 戸崎 圭太 池江 泰寿
5番 ステルヴィオ 牡3 55.0kg C.ルメール 木村 哲也
5枠 6番 サンマルティン せん6 56.0kg 池添 謙一 国枝 栄
7番 サトノアーサー 牡4 56.0kg 横山 典弘 菊沢 隆徳
6枠 8番 アクションスター 牡8 56.0kg 大野 拓弥 和田 勇介
9番 アエロリット 牝4 55.0kg J.モレイラ 菊沢 隆徳
7枠 10番 スズカデヴィアス 牡7 56.0kg 三浦 皇成 橋田 満
11番 サウンズオブアース 牡7 56.0kg 田辺 裕信 藤岡 健一
8枠 12番 カツジ 牡3 55.0kg 松山 弘平 池添 兼雄
13番 レアリスタ 牡6 56.0kg 石橋 脩 堀 宣行

出走構成からのサイン

毎日王冠2018には、せん馬のサンマルティンが出走します。

 

過去の毎日王冠で、せん馬が出走したのは1993年、1998年、2001年、2002年、2005年、2007年、2008年です。

 

この中で、3歳馬(馬齢変更前は4歳馬)が出走したのは1998年だけです。

 

1998年毎日王冠(9頭立て)

1着 サイレンススズカ 牡5 59㎏ 2枠2番(逆8番)武豊騎手 1人気

前走 宝塚記念(阪神2200m)1人気1着

前々走 金鯱賞(中京2000m)1人気1着

5走前 バレンタインステークス(東京1800m・別定)1人気1着

2着 エルコンドルパサー マル外 牡4 57㎏ 4枠4番(逆6番)蛯名正義騎手 3人気

前走 NHKマイルカップ(東京1600m)1人気1着

前々走 ニュージーランドトロフィー4歳ステークス(東京1400m)1人気1着

3着 サンライズフラッグ 牡5 58㎏ 7枠7番(逆3番)安田康彦騎手 4人気

前走 朝日チャレンジカップ(阪神2000m)1人気3着

前々走 宝塚記念(阪神2200m)5人気8着

3走前 鳴尾記念(阪神2000m)7人気1着

 

1998年毎日王冠は宝塚記念1着馬のサイレンススズカが1着。

 

2着には、NHKマイルカップ1着馬のエルコンドルパサーが入っています。

 

このレースには、朝日杯3歳ステークス1着以来のグラスワンダーも出走していましたが、2人気で5着に沈んでいます。

 

毎日王冠2018にも、NHKマイルカップ1着馬のケイアイノーテックが出走しますね。

サウジアラビアロイヤルカップからのサイン

毎日王冠2018の前日に行われたサウジアラビアロイヤルカップは、1人気のグランアレグリアが勝ち、2着には8頭立ての7人気のドゴールが入りました。

 

グランアレグリアは1人気ですから、順当な感じですが、7人気の馬が2着に入るのは意外です。

 

サウジアラビアロイヤルカップは2場3日間開催の初日に行われるレースで、東で行われるレースです。

 

今年、2場3日間開催で行われれたのは、1月6日~1月8日と9月15日~17日。

 

では9月15日に行われた中山競馬場のメーンレースのレインボーステークスと、サウジアラビアロイヤルカップの結果を見てみます。

 

レインボーステークス(12頭立て)

1着 ドレッドノータス せん5 57㎏ 8枠11番(逆2番)石橋脩騎手 7人気

2着 シャルドネゴールド 牡3 54㎏ 4枠4番(逆9番)内田博幸騎手 1人気

 

サウジアラビアロイヤルカップ(8頭立て)

1着 グランアレグリア 牝2 54㎏ 4枠4番(逆5番)ルメール騎手 1人気

2着 ドゴール 牡2 55㎏ 5枠5番(逆4番)津村明秀騎手 7人気

 

この2レースは人気で合わせてきました。

 

では、9月16日に行われた中山競馬場のメーンレースのラジオ日本賞の結果を見てみます。

 

ラジオ日本賞(9頭立て)

1着 ヒラボクラターシュ 牡3 53㎏ 6枠6番(逆4番)内田博幸騎手 2人気

2着  アングライフェン 牡6 56㎏ 1枠1番(逆9番)三浦皇成騎手 5人気

スポンサーリンク

毎日王冠2018の予想の結論

ラジオ日本賞の連対馬の人気は2人気と5人気。

 

おそらく、当日の2人気はサトノアーサーではないでしょうか。

 

今回はサトノアーサーを軸にします。

 

相手はダイワキャグニーとケイアイノーテックにします。

スポンサーリンク