日本ダービーの後に行われる目黒記念は、指定交流競走のハンデ戦で行われるレースです。

 

昨年は、日本ダービーの1着騎手のルメール騎手が騎乗したフェイムゲームが、目黒記念も制しました。

 

今年の目黒記念はどんな結果になるのでしょうか?

 

今回は、目黒記念2016の予想を行いたいと思います。

スポンサーリンク

目黒記念2018の出馬表

出典 JRA

 

目黒記念2018には19頭が登録し、コルコバード、マコトガラハッド、ロードヴァンドールが回避し、16頭立てとなっています。

 

現在のところ、1人気はチェスナットコート、2人気はパフォーマプロミス、3人気は フェイムゲームとなっています。

1枠 1番 ホウオウドリーム 牡4 54.0kg 田辺 裕信 矢作 芳人
2番 ゼーヴィント 牡5 57.5kg 戸崎 圭太 木村 哲也
2枠 3番 ウインテンダネス 牡5 54.0kg 内田 博幸 杉山 晴紀
4番 ノーブルマーズ 牡5 55.0kg 高倉 稜 宮本 博
3枠 5番 サウンズオブアース 牡7 58.0kg H.ボウマン 藤岡 健一
6番 ヴォージュ 牡5 54.0kg 藤岡 康太 西村 真幸
4枠 7番 ハッピーモーメント 牡8 54.0kg 三浦 皇成 角居 勝彦
8番 パフォーマプロミス 牡6 56.0kg M.デムーロ 藤原 英昭
5枠 9番 ブライトバローズ 牡6 54.0kg 石橋 脩 堀 宣行
10番 チェスナットコート 牡4 56.0kg 蛯名 正義 矢作 芳人
6枠 11番 ソールインパクト 牡6 54.0kg 福永 祐一 戸田 博文
12番 トウシンモンステラ 牡8 52.0kg 丸山 元気 村山 明
7枠 13番 コウキチョウサン 牡5 51.0kg 石川 裕紀人 和田 正一郎
14番 フェイムゲーム せん8 59.0kg C.ルメール 宗像 義忠
8枠 15番 リッジマン 牡5 52.0kg 松岡 正海 庄野 靖志
16番 ポポカテペトル 牡4 55.0kg 川田 将雅 友道 康夫

フルゲート割れの目黒記念

目黒記念が2回東京12日に移動してから、フルゲート割れとなったのは、2014年のみですが、6月開催で行われていました。

 

2014年目黒記念の結果を見てみます。

 

2014年目黒記念(16頭立て)

1着  マイネルメダリスト 牡6 54㎏ 7枠14番(逆3番)蛯名正義騎手 8人気

前走 大阪ーハンブルクカップ(阪神2400m)6人気4着(1着同枠)

前々走 1600万下条件戦・サンシャインステークス(中山2500m)6人気1着(ゾロ目)

同枠 タマモベストプレイ 牡4 55㎏ ウィリアムズ騎手 3人気

前走 新潟大賞典(新潟2000m)4人気7着

3走前 有馬記念(中山2500m)16人気5着

2着 ラブイズブーシェ 56㎏ 5枠9番(逆8番)古川吉洋騎手 12人気

前走 福島民報杯(福島2000m)3人気5着

前々走 小倉大賞典(小倉1800m)6人気6着

4走前 有馬記念(中山2500m)12人気4着

3着 プロモントーリオ 牡4 54㎏ 三浦皇成騎手 4人気

前走 メトロポリタンステークス(東京2400m)5人気2着

前々走 日経賞(中山2500m)8人気13着

 

2014年目黒記念は、前年の有馬記念5着馬のタマモベストプレイの同枠馬のマイネルメダリストが1着、2着は前年の有馬記念4着馬のラブイズブーシェ。

 

マイネルメダリストは、前々走で2500mの条件戦を勝って、オープン戦に出走し、1着同枠だった馬でした。

スポンサーリンク

根岸ステークスからのサイン

目黒記念は、第1回東京優駿大競走(現日本ダービー)が行われた目黒競馬場から、競馬場の府中への移設が決まった際、同競馬場の名称を永く後世に伝えるため創設されたレース。

 

同様に、旧競馬場として横浜競馬場の所在地名に由来するレースとして、根岸ステークス、関屋記念があります。

 

根岸ステークス、関屋記念、そして目黒記念の結果を見てみます。

 

2015年関屋記念(12頭立て)

1着  レッドアリオン 8枠12番(逆1番)

2着  マジェスティハーツ 4枠4番(逆9番)

 

2016年根岸ステークス(16頭立て)

1着 モーニン 8枠15番(逆2番)

2着 タールタン 4枠8番(逆9番)

 

2016年目黒記念(18頭立て)

1着 クリプトグラム 7枠15番逆4番

2着  マリアライト 3枠6番(逆13番)

 

 

2016年関屋記念(18頭立て)

1着 ヤングマンパワー 8枠17番(逆2番)

2着 ダノンリバティ 6枠12番(逆7番)

 

2017年根岸ステークス(16頭立て)

1着 カフジテイク 2枠3番(逆14番)

2着 ベストウォーリア 3枠5番(逆12番

 

2017年目黒記念(18頭立て)

1着 フェイムゲーム 6枠12番(逆7番)

2着 ヴォルシェーブ 1枠2番(逆17番)

 

 

2017年関屋記念(16頭立て)

1着 マルターズアポジー 2枠3番(逆14番)

2着 ウインガニオン 8枠15番(逆2番)

 

2018年根岸ステークス(14頭立て・出走取消戦)

1着 ノンコノユメ 8枠14番(逆1番)

2着 サンライズノヴァ 5枠8番(逆7番)

 

 

これまでは根岸ステークスと関屋記念の連動サインは生きていました。

 

8枠14番は怪しいですね。

スポンサーリンク

目黒記念2018の予想の結論

4枠はサンデーレーシングが同居している枠です。

 

また、パフォーマプロミスの前々走は中山2500mのグレイトフルステークスで、この馬はグレイトフルステークスを1人気1着し、ハンデ戦の日経新春杯も1人気1着だった馬。

 

この馬を軸にします。

 

相手はマル地と同枠となったポポカテペトル、フェイムゲーム、ブライトバローズにします。