日本ダービーの後の第12レースに設定されている目黒記念は、指定交流競走のハンデ戦で行われるレース。

 

昨年の目黒記念は、せん馬のフェイムゲームが8人気の低評価を覆し、見事に1着となっています。

 

また、フェイムゲームの騎乗騎手が、日本ダービーをレイデオロで勝ったルメール騎手だったことも、意味がありそうですね。

 

今回は目黒記念2018のサインを探してみたいと思います。

スポンサーリンク

目黒記念2018の出走予定(特別登録)

出典 JRA

 

目黒記念2018の出走予定(特別登録)は19頭。

 

昨年の目黒記念優勝馬のフェイムゲームも登録しています。

 

目黒記念2018の登録馬には、昨年いなかったマル地馬がいますね。

 馬 名 性齢 斤量 想定騎手 調教師
1 ウインテンダネス 牡5 54.0kg 内田 博幸 杉山 晴紀
2 ヴォージュ 牡5 54.0kg 藤岡 康太 西村 真幸
3 コウキチョウサン 牡5 51.0kg 石川 裕紀人 和田 正一郎
4 コルコバード 牝5 53.0kg 北村 宏司 木村 哲也
5 サウンズオブアース 牡7 58.0kg H.ボウマン 藤岡 健一
6 ゼーヴィント 牡5 57.5kg 戸崎 圭太 木村 哲也
7 ソールインパクト 牡6 54.0kg 福永 祐一 戸田 博文
8 チェスナットコート 牡4 56.0kg 蛯名 正義 矢作 芳人
9 トウシンモンステラ 牡8 52.0kg 村山 明
10 ノーブルマーズ 牡5 55.0kg 高倉 稜 宮本 博
11 ハッピーモーメント 牡8 54.0kg 三浦 皇成 角居 勝彦
12 パフォーマプロミス 牡6 56.0kg M.デムーロ 藤原 英昭
13 フェイムゲーム せん8 59.0kg C.ルメール 宗像 義忠
14 ブライトバローズ 牡6 54.0kg 石橋 脩 堀 宣行
15 ホウオウドリーム 牡4 54.0kg 田辺 裕信 矢作 芳人
16 ポポカテペトル 牡4 55.0kg 川田 将雅 友道 康夫
17 マコトガラハッド せん5 51.0kg 丸山 元気 鮫島 一歩
18 リッジマン 牡5 52.0kg 庄野 靖志
19 ロードヴァンドール 牡5 56.0kg 横山 典弘 昆 貢

参考 netkeiba

出走馬情報からサイン

出典 JRA

 

出走馬情報には、パフォーマプロミス、チェスナットコート、フェイムゲーム、コルコバード、ロードヴァンドール、ゼーヴィント、ソールインパクト、ポポカテペトルの8頭の記載がありました。

 

この8頭の中から優勝馬が出そうですね。

日経新春杯1着馬の出走からのサイン

目黒記念2018の登録馬に、今年の日経新春杯1着馬のパフォーマプロミスの名前があります。

 

過去に、日経新春杯1着馬が同じ年の目黒記念に出走したのは、2013年のカポーティスターだけ。

 

2013年の目黒記念の結果を見てみます。

 

2013年目黒記念(18頭立て)

1着 ムスカテール 牡5 56㎏ 2枠4番(逆15番)内田博幸騎手 4人気

前走 天皇賞春(京都3200m)7人気16着(2着対角)

前々走 日経賞(中山2500m)7人気3着

3走前 日経新春杯(京都2400m)1人気2着

2着 ルルーシュ 牡5 57㎏ 8枠16番(逆3番)ウィリアムズ騎手 2人気

前走 アメリカジョッキークラブカップ(中山2200m)1人気7着(1着平行)

前々走 有馬記念(中山2500m)6人気8着

3走前 アルゼンチン共和国杯(東京2500m)2人気1着

3着  カフナ 牡5 56.5㎏ 6枠11番(逆8番)戸崎圭太騎手 3人気

前走 メトロポリタンステークス(東京2400m)2人気1着

前々走 大阪ーハンブルクカップ(阪神2400m)2人気2着

 

1着となったのは、日経新春杯1人気2着のムスカテール。

 

ムスカテールが2着となった日経新春杯はゾロ目決着でした。

 

また、G1の天皇賞春で自身は7人気16着に敗れていますが、2着対角に配置されていたのは気になります。

 

今年の日経新春杯はゾロ目決着ではない上、1着馬のパフォーマプロミスは天皇賞春に出走していません。

 

ただ、チェスナットコートは天皇賞春で2着平行配置となっている馬なので、気になります。

スポンサーリンク

最後に

フェイムゲームが目黒記念の連覇に挑みますが、目黒記念を連覇した馬は2002年と2003年を勝ったトシザブイしかいません。

 

トシザブイは2002年の目黒記念に勝った後、2003年の目黒記念まで賞金加算のなかった馬。

 

しかも、2003年の目黒記念の前走は天皇賞春で、1着対角に配置されていました。

 

フェイムゲームの前走はダイヤモンドステークスで、天皇賞春には出走していない馬。

 

現時点では厳しいと思います。

スポンサーリンク