日本ダービーの後に行われる目黒記念は、祭りの後といった感じです。

 

昨年は1着が3人気のクリプトグラム、2着に後の宝塚記念馬のマリアライト、3着には8歳馬の伏兵ヒットザターゲットが入り、3連単は結構良い配当になりました。

 

今年は、どんな結果になるのでしょうか?

 

今回は、目黒記念2017の予想を行いたいと思います。

スポンサーリンク

目黒記念2017の出馬表

出典 JRA

 

目黒記念2017には21頭の登録があり、サムソンズプライドとプレストウィックが回避し、トレジャーマップが除外となっています。

 

現在のところ、1人気はヴォルシェーブ、2人気はウムブルフ、3人気はモンドインテロとなっています。

1枠 1番  モンドインテロ  牡5 56.5kg 内田 博幸 手塚貴久
2番  ヴォルシェーブ  牡6 56.5kg 戸崎 圭太 友道 康夫
2枠 3番  サラトガスピリット  牡5 54.0kg 四位 洋文 友道 康夫
4番  カフジプリンス  牡4  55.0kg 岩田 康誠 矢作芳人
3枠 5番  アルター  せん5  55.0kg 柴山 雄一 古賀慎明
6番  シルクドリーマー  牡8  53.0kg 石川 裕紀人 黒岩 陽一
4枠 7番  ウムブルフ  牡4  55.0kg M.デムーロ 堀 宣行
8番  マル外 ラニ  牡4  56.0kg 武 豊 松永幹夫
5枠 9番  ハッピーモーメント  牡7  54.0kg 川田 将雅 角居 勝彦
10番  トルークマクト  牡7  54.0kg 蛯名 正義 尾関 知人
6枠 11番  マイネルサージュ  牡5  55.0kg 柴田 大知 鹿戸 雄一
12番  フェイムゲーム  せん7  58.0kg C.ルメール 宗像 義忠
7枠 13番  ヒットザターゲット  牡9  57.5kg 大野 拓弥 加藤敬二
14番  ムスカテール  牡9  56.0kg 吉田 豊 友道 康夫
15番  ワンアンドオンリー  牡6  58.0kg 横山 典弘 橋口 慎介
8枠 16番  メイショウカドマツ  牡8  55.0kg 藤岡 佑介 藤岡 健一
17番  レコンダイト  牡7  55.0kg 松山 弘平 音無 秀孝
18番  クリプトグラム  牡5  56.0kg 藤原 英昭 藤原 英昭

昨年は1頭もいなかった前走条件馬が3頭もいます。

メトロポリタンステークスの日程移動

東京2400mで行われているオープンレースのメトロポリタンステークスですが、昨年の2回東京1日から2回東京5日に日程が移動しています。

 

目黒記念2017に出走する馬で、前走がメトロポリタンステークスだった馬はヴォルシェーブ、カフジプリンス、シルクドリーマー、ハッピーモーメント、マイネルサージュ、メイショウカドマツ、 レコンダイトと7頭います。

 

また、回避したプレストウィックは1着同枠の3着馬でした。

農林水産省賞典レースからのサイン

目黒記念は農林水産省賞典という副題がついたレースです。

 

2017年に行われた農林水産省賞典を見てみます。

 

農林水産省賞典 愛知杯(15頭立て)

1着 マキシマムドパリ 6枠11番(逆5番) 岩田康誠騎手 1人気

2着 サンソヴール マル地 3枠4番(逆12番) 津村明秀騎手 10人気

3着 クインズミラーグロ 1枠1番(逆15番) 藤岡康太騎手 6人気

 

農林水産省賞典 京都記念(10頭立て)

1着 サトノクラウン 6枠6番(逆5番) デムーロ騎手 3人気

2着 スマートレイアー 4枠4番(逆7番) 岩田康誠騎手 5人気

3着  マカヒキ 3枠3番(逆8番) ムーア騎手 1人気

 

農林水産省賞典 中山グランドジャンプ(13頭立て)

1着 オジュウチョウサン 8枠12番(逆2番)  石神深一騎手 1人気

2着 サンレイデューク 4枠5番(逆9番) 難波剛健騎手 6人気

3着 アップトゥデイト 5枠6番(逆8番) 林満明騎手 2人気

 

この3レースからは正逆5番が浮かび上がります。

 

正5番はアルター、逆5番はムスカテールとなります。

 

また、中山グランドジャンプを除けば、正逆4番となります。

ダービー馬ワンアンドオンリー

ダービー馬ワンアンドオンリーが出走します。

 

馬主はノースヒルズ です。

 

代表者は前田幸治氏ですが、目黒記念2017の出走馬を見ていくと、ラニの馬主は前田葉子氏で前田幸治氏の妻、ヒットザターゲットの馬主は前田晋二氏で前田幸治氏の弟となっています。

 

ワンアンドオンリーのラストランが目黒記念2017という情報もありますが、真偽のほどは分かりませんが、前田幸治氏ファミリーが集結しています。

読売マイラーズカップからの考察

http://news.netkeiba.com/から引用

 

読売マイラーズカップでは、前年1着馬が1年ぶりの出走をしていました。

 

そして、1年ぶりの出走は厳しく10着に敗れています。

 

クルーガーはキングカメハメハ産駒で、読売マイラーズカップでは2着に同じキングカメハメハ産駒のエアスピネルが入っています。

 

目黒記念2017も前年1着馬のクリプトグラムが1年ぶりの出走をします。

 

クリプトグラムもキングカメハメハ産駒ですね。

 

同じキングカメハメハ産駒でヒットザターゲットがいます。

スポンサーリンク

まとめ

2500mのハンデ戦であることから、有馬記念敗退馬の救済があるとみます。

 

昨年の2着馬のマリアライトも有馬記念4着敗退馬でした。

 

有馬記念に出走していた馬はヒットザターゲットとムスカテール。

 

このうち、キングカメハメハ産駒のヒットザターゲットを軸にします。

 

 

日本ダービーもキングカメハメハ産駒でした。

 

相手は、ハーツクライ産駒のワンアンドオンリーとカフジプリンス、そして日程変更のあったメトロポリタンステークスからヴォルシェーブ、そしてウムブルフにします。

スポンサーリンク