2012年から、目黒記念は第12レースで行われるようになっているレース!

 

昨年は、ゾロ目決着で馬連万馬券という荒れた決着となっています。

 

今回は、目黒記念2019の予想を行ってみたいと思います。

スポンサーリンク

目黒記念2019の出馬表

目黒記念2019には15頭が登録し、ダッシングブレイズとマイネルヴンシュが回避し、13頭立てとなっています。

 

現在のところ、1人気はブラストワンピース、2人気はムイトオブリガード、3人気はルックトゥワイスとなっています。

1枠 1番 ウインテンダネス 牡6 56.0kg 内田 博幸 杉山 晴紀
2枠 2番 アクションスター 牡9 50.0kg 藤田 菜七子 和田 勇介
3枠 3番 ソールインパクト 牡7 54.0kg 福永 祐一 戸田 博文
4枠 4番 ムイトオブリガード 牡5 56.0kg 武 豊 角田 晃一
5番 アイスバブル 牡4 54.0kg B.アヴドゥラ 池江 泰寿
5枠 6番 ブラストワンピース 牡4 59.0kg 池添 謙一 大竹 正博
7番 ゴーフォザサミット 牡4 57.0kg 石橋 脩 藤沢 和雄
6枠 8番 チェスナットコート 牡5 56.0kg 坂井 瑠星 矢作 芳人
9番 アドマイヤエイカン 牡6 55.0kg 岩田 康誠 須貝 尚介
7枠 10番 ルックトゥワイス 牡6 55.0kg D.レーン 藤原 英昭
11番 ポポカテペトル 牡5 55.0kg M.デムーロ 友道 康夫
8枠 12番 パリンジェネシス 牡5 54.0kg 川田 将雅 清水 久詞
13番 ケイティクレバー 牡4 54.0kg 鮫島 克駿 杉山 晴紀

根岸ステークスと目黒記念からのサイン

昨年も取り上げた旧競馬場レースの目黒記念と関屋記念からのサインを見てみます。

 

2015年関屋記念(12頭立て)

1着  レッドアリオン 8枠12番(逆1番)

2着  マジェスティハーツ 4枠4番(逆9番)

 

2016年根岸ステークス(16頭立て)

1着 モーニン 8枠15番(逆2番)

2着 タールタン 4枠8番(逆9番)

 

2016年目黒記念(18頭立て)

1着 クリプトグラム 7枠15番逆4番

2着  マリアライト 3枠6番(逆13番)

 

 

2016年関屋記念(18頭立て)

1着 ヤングマンパワー 8枠17番(逆2番)

2着 ダノンリバティ 6枠12番(逆7番)

 

2017年根岸ステークス(16頭立て)

1着 カフジテイク 2枠3番(逆14番)

2着 ベストウォーリア 3枠5番(逆12番

 

2017年目黒記念(18頭立て)

1着 フェイムゲーム 6枠12番(逆7番)

2着 ヴォルシェーブ 1枠2番(逆17番)

 

 

2017年関屋記念(16頭立て)

1着 マルターズアポジー 2枠3番(逆14番

2着 ウインガニオン 8枠15番(逆2番)

 

2018年根岸ステークス(14頭立て・出走取消戦)

1着 ノンコノユメ 8枠14番(逆1番)

2着 サンライズノヴァ 5枠8番(逆7番)

 

2018年目黒記念(16頭立て)

1着 ウインテンダネス 2枠3番(逆14番

2着 ノーブルマーズ 2枠4番(逆13番)

 

ここまでは連動しています。

 

2017年関屋記念(15頭立て)

1着 プリモシーン 7枠12番(逆4番)

2着 ワントゥワン 6枠10番(逆6番)

 

2018年根岸ステークス(16頭立て)

1着 コパノキッキング 6枠11番(逆6番)

2着 ユラノト 1枠2番(逆15番)

 

正逆6番は気になりますね。

スポンサーリンク

目黒記念2019の予想の結論

2011年、日本ダービーが第11レースに行われましたが、その前日に京都競馬場でメーンレースとして行われたのが金鯱賞でした。

 

2011年金鯱賞は、7枠13番のルーラーシップが1着、3枠5番のキャプテントゥーレが2着となっていました。

 

昨日行われた京都メーンレースの葵ステークスは、3枠6番のディアンドルが1着、7枠13番のアスターペガサスが2着で枠連は3枠と7枠の決着となっており、2011年金鯱賞の枠連と同じです。

 

2011年の日本ダービー後の第12レースはつばさ賞というレースでしたが、結果は1枠が1着、4枠が2着となっています。

 

ここに乗っかります。

 

1枠と4枠の枠連で遊んでみます。

スポンサーリンク