マイルチャンピオンシップ2018の出馬表とG1ヘッドラインが発表されましたね。

 

モズアスコットは4枠8番、アエロリットは7枠15番に配置されました。

 

今回はG1ヘッドラインなどから、サインを探してみたいと思います。

スポンサーリンク

マイルチャンピオンシップ2018の出馬表

出典 JRA

 

マイルチャンピオンシップ2018には20頭が登録し、グァンチャーレ 、 ベステンダンクが除外となり、18頭立てとなっています。

1枠 1番 ステルヴィオ 牡3 56.0kg W.ビュイック 木村 哲也
2番 ペルシアンナイト 牡4 57.0kg M.デムーロ 池江 泰寿
2枠 3番 アルアイン 牡4 57.0kg 川田 将雅 池江 泰寿
4番 ブラックムーン 牡6 57.0kg 浜中 俊 西浦 勝一
3枠 5番 ヒーズインラブ 牡5 57.0kg 藤岡 康太 藤岡 健一
6番 ジュールポレール 牝5 55.0kg 石川 裕紀人 西園 正都
4枠 7番 ロジクライ 牡5 57.0kg C.デムーロ 須貝 尚介
8番 モズアスコット 牡4 57.0kg C.ルメール 矢作 芳人
5枠 9番 ウインブライト 牡4 57.0kg 松岡 正海 畠山 吉宏
10番 ミッキーグローリー 牡5 57.0kg 戸崎 圭太 国枝 栄
6枠 11番 ジャンダルム 牡3 56.0kg 武 豊 池江 泰寿
12番 レーヌミノル 牝4 55.0kg 四位 洋文 本田 優
7枠 13番 レッドアヴァンセ 牝5 55.0kg 北村 友一 音無 秀孝
14番 エアスピネル 牡5 57.0kg 福永 祐一 笹田 和秀
15番 アエロリット 牝4 55.0kg R.ムーア 菊沢 隆徳
8枠 16番 カツジ 牡3 56.0kg 松山 弘平 池添 兼雄
17番 ロードクエスト 牡5 57.0kg 横山 典弘 小島 茂之
18番 ケイアイノーテック 牡3 56.0kg 藤岡 佑介 平田 修

G1ヘッドラインからのサイン

マイルチャンピオンシップ2018のG1ヘッドラインは、「最強最速を語れ、マイルの勲章にその価値がある。」

 

過去のマイルチャンピオンシップのG1ヘッドラインを見てみます。

 

2017年マイルチャンピオンシップのG1ヘッドライン

マイルは譲れない、絶対的な個性を極め王位を奪え。

 

2016年マイルチャンピオンシップのG1ヘッドライン

譲れぬ舞台で昇華、貫いた情熱の軌跡が王位に届く。

 

2015年マイルチャンピオンシップのG1ヘッドライン

真摯に夢へ挑む勇者の渇望、渾身の想いがマイルを制す。

 

2014年マイルチャンピオンシップのG1ヘッドライン

強靭な風の軌跡、時を越え語り継がれる覇者がいる。

 

2013年マイルチャンピオンシップのG1ヘッドライン

速さと強さの核心へ、驚嘆の瞬間に王者が叫ぶ。

 

2012年マイルチャンピオンシップのG1ヘッドライン

我が道を誇る自信、速さと強さの真実を見せつけたい。

 

2011年マイルチャンピオンシップのG1ヘッドライン

速さが卓越、強さが超絶、譲れぬ舞台に威信を懸ける。

 

どうもピンときませんね。

 

「最強と最速」が使われているのは、2018年の安田記念と2017年の安田記念。

 

2018年安田記念

最強と最速の真価は府中のマイルでこそ発揮される。

 

2017年安田記念

最速と最強、信念の進化。

 

ただし、後半部分の「マイルの勲章にその価値がある。」という部分が引っ掛かります。

 

考えられるのは、G1のタイトルはあるけれど、マイルのG1を勝っていない馬、あるいは、マイルのG1にあと一歩で手が届かなかった馬。

 

前者でいえばアルアイン、後者でいえばエアスピネルやステルヴィオでしょうか。

ステップレースからのサイン

マイルチャンピオンシップのステップレースは、富士ステークスと毎日放送賞スワンステークス。

 

では、今年の秋季G1では、ステップレースを使った馬の連対はあったのでしょうか。

 

昨年の結果も併せて見てみます。

 

2017年スプリンターズステークス

1着 レッドファルクス  前走 安田記念3着

2着 レッツゴードンキ  前走 ヴィクトリアマイル11着

 

2018年スプリンターズステークス

1着 ファインニードル 前走 産経賞セントウルステークス1着

2着 ラブカンプー   前走 産経賞セントウルステークス2着

 

スプリンターズステークスは、2017年の連対馬はステップレースを使っていませんが、2018年の連対馬はステップレースを経て出走。

 

2017年天皇賞(秋)

1着 キタサンブラック 前走 宝塚記念9着

2着 サトノクラウン    前走  宝塚記念1着

 

2018天皇賞(秋)

1着 レイデオロ 前走 産経賞オールカマー1着

2着 サングレーザー 前走 札幌記念1着

 

天皇賞(秋)は2017年の連対馬はステップレースを使っていませんが、2018年の連対馬のうち、1着のレイデオロはステップレースを経て出走、2着のサングレーザーはステップレースを使っていません。

 

2017年エリザベス女王杯

1着 モズカッチャン 前走 秋華賞3着

2着 クロコスミア 前走 アイルランド府中牝馬ステークス1着

 

2018年エリザベス女王杯

1着 リスグラシュー 前走 アイルランド府中牝馬ステークス2着

2着 クロコスミア 前走 アイルランド府中牝馬ステークス5着

 

エリザベス女王杯は、2017年1着馬のモズカッチャンはステップレースを使っていませんが、2着馬のクロコスミアはステップレースを経て出走。

 

2018年1着馬のリスグラシュー、2着馬のクロコスミアはいずれもステップレースを経て出走。

 

この3レースの結果を見てみると、1着馬は真逆の関係になります。

 

では、マイルチャンピオンシップの2017年の結果を見てみます。

 

2017年マイルチャンピオンシップ

1着  ペルシアンナイト 前走 富士ステークス5着

2着 エアスピネル 前走 富士ステークス1着

 

2017年マイルチャンピオンシップの1着馬はステップレースを経て出走していますから、今までの流れが継続すれば、ステップレースに出走していない馬が1着となります。

スポンサーリンク

最後に

東京スポーツ杯2歳ステークスのレース結果も、マイルチャンピオンシップ2018の重要なサインとなりそうです。

 

また、再検討してみます。

スポンサーリンク