マイルチャンピオンシップ2018は、まさかのゾロ目決着!

 

軸にしたアルアインは3着に沈みました。

 

でも、何でゾロ目だったのでしょうか?

 

ソロ目ということは、何かが不足していたということ?

 

今回はマイルチャンピオンシップ2018と東京スポーツ杯2歳ステークス2018の後検証(回顧)を行いたいと思います。

スポンサーリンク

マイルチャンピオンシップ2018の後検証(回顧)

出典 JRA

着順 馬番 馬 名 騎手 単勝

人気

1着 1 1 ステルヴィオ W.ビュイック 5
2着 1 2 ペルシアンナイト M.デムーロ 3
3着 2 3 アルアイン 川田将雅 4

 

マイルチャンピオンシップ2018の1着馬はステルヴィオ。

 

毎日王冠で2着に入り、古馬対戦歴のある馬。

 

この馬の良さは、1600mというマイルで連対を外していないところです。

 

マイルチャンピオンシップというレース名が示すとおり、マイルのチャンピオンが集まるレースとなっており、実際に、マイルチャンピオンシップ2018の出走馬を見ても、安田記念1着馬のモズアスコット、NHKマイルカップ優勝のケイアイノーテック、2017年マイルチャンピオンシップ1着馬のペルシアンナイト、2017年NHKマイルカップ1着馬のアエロリット、2017年桜花賞馬のレーヌミノルが参戦していました。

 

しかし、マイル戦で連対を外していない馬はモズアスコットとステルヴィオの2頭だけ。

 

また、モズアスコットは安田記念というG1を制覇した馬なので、マイルチャンピオンシップを勝つためには条件が必要なはずです。

 

そして、ステルヴィオが足らないのは古馬戦勝利歴でしょうか?

 

ステルヴィオは、皐月賞のトライアルレースであるフジテレビ賞スプリングステークスを勝ち、毎日王冠を2着していますが、1600mの重賞を勝っていません。

 

そこが、この馬の足りないところだと思います。

 

2着に入ったペルシアンナイトは、昨年のマイルチャンピオンシップの勝利以降は、大阪杯のトライアルレースである中山記念を5着し、G1の大阪杯(阪神2000m)で連対、安田記念を6着に敗退し、富士ステークスで5着の戦歴をもって、マイルチャンピオンシップに出走してきた馬。

 

安田記念を6着に敗退したのがミソで、モズアスコットとは対極にいる馬です。

 

エリザベス女王杯で、前年の1着同枠にいたリスグラシューが1着になりましたが、今年のジャパン・オータムインターナショナルの傾向なのかも知れません。

 

そして、3着に入ったのが海外のQE2世Cに出走したアルアイン。

 

ゾロ目でなければ、2着に入っていた馬でした。

東京スポーツ杯2歳ステークス2018の後検証(回顧)

出典 JRA

 

着順 馬番 馬 名 騎手 単勝

人気

1着 1 2 ニシノデイジー 勝浦正樹 8
2着 2 4 アガラス W.ビュイック 7
3着 3 5 ヴァンドギャルド C.デムーロ 4

 

東京スポーツ杯2歳ステークス2018の予想の時に、地方馬が出走した函館2歳ステークスと札幌2歳ステークスは、1人気の対角配置が勝っていると書きながら、捻って1人気にしてしまい撃沈!

 

ニシノデイジーは1人気の対角配置そのものでしたね。

 

また、第5回東京競馬土曜日メーンレースの結果からも、正4番のアガラスは残すべき馬でしたね。

 

ただし、アガラスは牝馬のメイスンハナフブキの対角配置の馬だったので、ラジオNIKKEI杯京都2歳ステークスの唯一の牝馬であるラヴズオンリーユーが出走してきたら、筋の馬は注意が必要かも知れませんね。

スポンサーリンク

最後に

エリザベス女王杯で、前年の1着同枠にいたリスグラシューが1着、マイルチャンピオンシップでは前年の1着馬のペルシアンナイトがゾロ目の2着となりました。

 

次のジャパンカップはシュヴァルグランの同枠が気になります。

 

どんな馬が同枠配置を務めるのかな?

スポンサーリンク