G1の中休みとなった土日のトライアルレースが終了しました。

 

サンケイスポーツ賞フローラステークスは荒れましたが、他のレースは比較的穏やかな配当で落ち着いています。

 

福島牝馬ステークスやサンケイスポーツ賞フローラステークスはゴール寸前で順位が入れ替わる混戦でしたね。

 

今回は読売マイラーズカップ他の後検証(回顧)を行いたいと思います。

スポンサーリンク

福島牝馬ステークス2017の後検証(回顧)


出典 JRA

着順 馬番 馬 名 騎手 単勝

人気

1着 3 6 ウキヨノカゼ 吉田隼人 3
2着 4 8 フロンテアクイーン 北村宏司 4
3着 5 9 クインズミラーグロ 武豊 1

武豊騎手が騎乗したクインズミラーグロは、愛知杯、ローレル競馬場賞中山牝馬ステークスに続いて3回連続3着でした。

 

なんとなく、予感はしていましたが、やっぱり3着でしたね。

 

武豊騎手が騎乗していた5年前の福島牝馬ステークスも武豊騎手は5枠で3着という結果でした。

 

やはり、2012年が反映された結果だったのでしょう。

 

2012年福島牝馬ステークス

2着 コスモネモシン 4人気

3着 アカンサス 武豊騎手

→2017年福島牝馬ステークス

2着 フロンテアクイーン 4人気

3着 クインズミラーグロ 武豊騎手

 

そして1着はJRAフェイスブックどおりの6番が使われていました。

 

しかも、同じトライアルレースのサンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークスの1着馬ミッキークイーンと同じ馬番でした。

 

そして私は逆6番を選んでしまっています。

 

どうも、素直な性格ではないので、逆に行ってしまうようです。

 

この辺は反省しないといけません。

サンケイスポーツ賞フローラステークス2017の後検証(回顧)


出典 JRA

着順 馬番 馬 名 騎手 単勝

人気

1着 1 1 モズカッチャン 和田竜二 12
2着 4 7 ヤマカツグレース 横山典弘 10
3着 7 14 フローレスマジック 戸崎圭太 2

皐月賞と同様に2000mを否定したサンケイスポーツ賞フローラステークスでした。

 

2000mの勝利歴がある枠は、2枠・3枠・5枠・8枠。

 

皐月賞の2着馬と同じハービンジャー産駒が同じ馬番に入ったので、4枠が怪しいと思ったことは正解でしたが、同じハービンジャー産駒のモズカッチャンが1着となるところまでは全く想定できませんでした。

 

同じサンケイスポーツの冠のついた阪神牝馬ステークスも角居厩舎の同枠であるミッキークイーンが1着となっていました。

 

もう少し考えれば良かったですね。

 

3着には、 阪神ジュベナイルフィリーズではなく桜花賞に出走したアロンザモナの同枠で、スペシャルゲートのフローレスマジックが入りました。

 

今回の結果は非常に勉強になりました。

読売マイラーズカップ2017の後検証(回顧)

出典 JRA

着順 馬番 馬 名 騎手 単勝

人気

1着 8 11 イスラボニータ C.ルメール 2
2着 4 4 エアスピネル 武豊 1
3着 6 6 ヤングマンパワー 松岡正海 7

サインは解釈を間違えると失敗するという典型のレースでした。

 

JRAフェイスブックからのサインは、スーパーホーネットでした。

 

スーパーホーネットからのサインの意味は、馬番3番ではなく、朝日杯フューチュリティステークス2着馬ということだったと思います。

 

朝日杯フューチュリティステークス2着馬といえばエアスピネルです。

 

1着馬はJRAオリジナル壁紙カレンダーのサインどおり、イスラボニータでした。

 

3着馬のヤングマンパワーはプロディガルサンと組んだのが良かったのでしょうね。

 

読売マイラーズカップ2017

2着 東京新聞杯1人気

3着 東京新聞杯2着同枠

4着 東京新聞杯3人気

 

こんな感じなのでしょうか。

スポンサーリンク

最後に

いよいよ今度の日曜日は天皇賞(春)ですね。

 

そして前日には青葉賞です。

 

天皇賞(春)で、キタサンブラックがサトノダイヤモンドに有馬記念で負けた雪辱を晴らすか、それともサトノダイヤモンドが返り討ちにするのか見物です。

 

そして、早々と登録していたカレンミロティックが故障で離脱し、現時点で18頭しかいません。

 

別な刺客が、この2頭を抑えてしまうことも考えられますが、キタサンブラックは連対は確保すると思います。

スポンサーリンク