来年、JBCスプリント、JBCクラシック、JBCレディスクラシックの3競走が第5回京都2日で行われることが決定しており、これに伴い、みやこステークスは休止されるそうです。

 

つまり、今年行われる、みやこステークスは閉幕戦で行われることになります。

 

今年のみやこステークスは楽しめそうですね。

 

今回は、みやこステークス2017のサインを探してみたいと思います。

スポンサーリンク

みやこステークス2017の出走予定(特別登録)

出典 JRA

 

みやこステークス2017の出走予定(特別登録)は16頭。

 

みやこステークス2017の出走可能頭数は16頭なので、回避馬が出なければフルゲートで行われます。

 馬 名 性齢 斤量 想定騎手 調教師
1 アスカノロマン  牡6  57.0kg  和田竜二  川村 禎彦
2 エピカリス  牡3  54.0kg  萩原 清
3 キングズガード  牡6  57.0kg  藤岡佑介  寺島 良
4 サルサディオーネ  牝3  52.0kg  丸山元気  羽月 友彦
5 シャイニービーム  牡5  56.0kg  高倉稜  福島 信晴
6 タガノヴェリテ  せん5  56.0kg  荻野極  本田 優
7 タガノディグオ  牡3  56.0kg  藤岡康太  宮 徹
8 タムロミラクル  牡5  56.0kg  川田将雅  西園 正都
9 テイエムジンソク  牡5  56.0kg  古川吉洋  木原 一良
10 トップディーヴォ  牡5  56.0kg  横山典弘  昆 貢
11 マイネルクロップ  牡7  56.0kg  畠山 吉宏
12 モルトベーネ  牡5  57.0kg  秋山真一郎  松永 昌博
13 モンドクラッセ  牡6  56.0kg  松山弘平  清水 英克
14 リーゼントロック  牡6  56.0kg  中谷雄太  矢作 芳人
15 ルールソヴァール  せん5  56.0kg  幸英明  高木 登
16 ローズプリンスダム  牡3  55.0kg  木幡巧也  畠山 吉宏

参考 netkeiba

出走馬情報からのサイン

出典 JRA

 

出走馬情報にはエピカリス、テイエムジンソク、ローズプリンスダム、キングズガード、タガノヴェリテ、モルトベーネ、タガノディグオ、アスカノロマンの8頭の記載がありました。

 

この8頭の内、少なくとも1頭は連対しそうですね。

鳳雛ステークスとみやこステークス

京都ダート1800mのオープン以上のレースは、鳳雛ステークスとみやこステークスの2レースだけです。

 

鳳雛ステークスは2014年から始まった歴史の浅いレースですが、関連性を調べてみました。

 

2014年鳳雛ステークス(14頭立て)

1着  カゼノコ  7枠9番(逆6番) 2人気

2着 アスカノロマン 3枠3番(逆12番) 4人気

 

2014年みやこステークス(16頭立て)

1着 インカンテーション 7枠14番(逆3番) 2人気

2着 ランウェイワルツ 2枠4番(逆13番) 9人気

 

 

2015年鳳雛ステークス(10頭立て)

1着 ライドオンウインド 6枠6番(逆5番) 6人気

2着  ラインルーフ 8枠10番(逆1番) 5人気

 

2015年みやこステークス(11頭立て)

1着 ロワジャルダン 2枠2番(逆10番) 7人気

2着 カゼノコ 4枠4番(逆8番) 6人気

 

 

2016年鳳雛ステークス(10頭立て)

1着  キョウエイギア 3枠3番(逆8番) 4人気

2着  マイネルバサラ 2枠2番(逆9番) 6人気

 

2016年みやこステークス(16頭立て)

1着 アポロケンタッキー 5枠9番逆8番4人気

2着 グレンツェント 3枠6番(逆11番) 1人気

 

人気と馬番の両方で鳳雛ステークスとみやこステークスはリンクしていました。

 

2017年鳳雛ステークス(10頭立て)

1着 ローズプリンスダム 8枠10番(逆1番)10人気

2着 リヴェルディ 2枠2番(逆9番) 9人気

 

今年も、人気歴が機能するなら、10人気か9人気が連対することになります。

スポンサーリンク

最後に

ベルモントステークスに出走取消したエピカリスが、みやこステークス2017に出走予定となっています。

 

エピカリスはベルモントステークスに出走しませんでしたが、出馬表に名を残したと考えれば、ラニと同じです。

ラニはベルモントステークスに出走し3着になった後、ブラジルカップ3着を挟んで、みやこステークスに出走し13着に終わっていますが、1着馬の平行配置になっていました。

 

エピカリス自身、同枠、対角、平行配置には気をつけたいと思います。

スポンサーリンク