3月12日(日)は、中山競馬場と阪神競馬場で、牝馬の重賞が2レース行われます。

 

ローレル競馬場賞中山牝馬ステークスと報知杯フィリーズレビュー。

 

まさしく牝馬デーといったところです。

 

報知杯フィリーズレビューは桜花賞の前哨戦ですが、ローレル競馬場賞中山牝馬ステークスは何なのでしょうか。

 

今回は、ローレル競馬場賞中山牝馬ステークスのサインについて考えたいと思います。

スポンサーリンク

ローレル競馬場賞中山牝馬ステークスとは?

JRAの公式サイトで、ローレル競馬場賞中山牝馬ステークスを見ると、以下の説明があります。

中山競馬場と友好関係にあるローレルパーク競馬場との親善を深めるため1983年に創設された。創設より中山競馬場の芝1800mで5歳(現4歳)以上牝馬限定のハンデキャップ競走として行われている。2006年に4歳以上の牝馬重賞路線が整備され、春の女王決定戦として5月に『ヴィクトリアマイル』が新設されたため、本競走はその前哨戦に位置付けられている。

出典 JRA

 

しかし、「ヴィクトリアマイル」で優先出走権が付与されるのは、G2のサンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークスとG3の福島牝馬ステークスの1着馬です。

 

ローレル競馬場賞中山牝馬ステークスとは、「ヴィクトリアマイル」の前哨戦に位置付けられているものの、優先出走権を付与しないレースということになります。

ローレル競馬場賞中山牝馬ステークス2017の出走予定馬(特別登録)

ローレル競馬場賞中山牝馬ステークス2017の出走予定馬(特別登録)は19頭。

 

出走可能頭数は16頭なので、回避馬がでなければ除外が発生します。

 

既にハンデも発表されていますので、併せて表記しておきます。

1  ウインファビラス  53.0キロ
2  ウインリバティ  50.0キロ
3  ウキヨノカゼ  55.0キロ
4  クインズミラーグロ  52.0キロ
5  サンソヴール  52.0キロ
6  シャルール  54.0キロ
7  タッチングスピーチ  55.0キロ
8  デニムアンドルビー  55.5キロ
9  トーセンビクトリー  53.0キロ
10  ヌーヴォレコルト  56.5キロ
11  ハピネスダンサー  52.0キロ
12  パールコード  55.0キロ
13  ビッシュ  55.0キロ
14  ヒルノマテーラ  54.0キロ
15  プリメラアスール  51.0キロ
16  フロンテアクイーン  53.0キロ
17  マジックタイム  56.0キロ
18  メイショウマンボ  54.0キロ
19  リーサルウェポン  49.0キロ

ヌーヴォレコルトと タッチングスピーチは、金鯱賞とダブル登録ですね。

 

デニムアンドルビーは、ダート戦のフェブラリーステークスから早くも登場ですね。

ローレル競馬場賞中山牝馬ステークス2017のサイン

第2回中山開催日イベントを見ると、元AKB48の倉持明日香が来場し、表彰式プレゼンターを務めるそうです。

 

倉持明日香は、1989年9月11日生まれ、神奈川県出身の27歳。

 

ワタナベエンターテインメントに所属しています。

 

父親は元プロ野球選手の倉持明。

 

9月11日生まれの騎手や調教師は見つかりませんでした。

 

元AKB48だから4番と8番が関係しているのでしょうか。

 

TBSの「ひるおび」のお天気コーナーを不定期に行っているそうなので、ヒルノマテーラなんか面白そうですね。

 

他のサインを探すと、やはり「重賞わくわくチャレンジ」です。

 

3月12日のローレル競馬場賞中山牝馬ステークス2017は、モーリス号オリジナルデザインフードポットですね。

 

牝馬のレースなのに、なぜかモーリスが優勝した天皇賞(秋)がデザインされています。

 

「重賞わくわくチャレンジ」の開催されたレースを見ていきましょう。

 

12月25日 有馬記念

1着 サトノダイヤモンド 6枠11番

2着 キタサンブラック 1枠1番

2月26日 中山記念(11頭立て)

1着 ネオリアリズム 1枠1番(逆11番)

 

12月23日 農林水産省賞典 中山大障害

1着 オジュウチョウサン 7枠9番

3月5日 報知杯弥生賞(12頭立て)

1着馬 カデナ 8枠11番

2着馬 マイスタイル 7枠10番

 

枠の符合はありますが、気になるのは正逆11番であることです。

 

大阪杯のCMでも、11番という馬番が見えます。

「重賞わくわくチャレンジ」はもしかして正逆11番で統一しているかも!

 

ちなみに、モーリスが優勝した天皇賞(秋)で、モーリスは5枠8番でした。

スポンサーリンク

最後に

今回は、ローレル競馬場賞中山牝馬ステークス2017のサインについて考えてみました。

 

出馬表が出たら、また考えてみたいと思います。

スポンサーリンク