昨年、 日曜開催から土曜開催に変わったローレル競馬場賞中山牝馬ステークスですが、昨年のローレル競馬場賞中山牝馬ステークスを勝ったカワキタエンカは、秋華賞で2着同枠配置の馬でした。

 

ローレル競馬場賞中山牝馬ステークスはハンデ戦なので、G1馬敗退馬の救済があったと考えるべきなのでしょうか?

 

ローレル競馬場賞中山牝馬ステークス2019は、どんな結果になるのでしょうね。

 

今回は、ローレル競馬場賞中山牝馬ステークス2019の予想を行いたいと思います。

スポンサーリンク

ローレル競馬場賞中山牝馬ステークス2019の出馬表

出典 JRA

 

ローレル競馬場賞中山牝馬ステークス2019には15頭が登録し、カリビアンゴールドが回避し、14頭立てとなっています。

 

現在のところ、1人気はミッキーチャーム、2人気はノームコア、3人気はウラヌスチャームとなっています。

 

3枠はディープインパクト産駒同士で、ステイゴールド産駒のアドマイヤリードとワンブレスアウェイが対角配置になっているのは気になります。

 

1枠 1番 アドマイヤリード 牝6 56.0kg 横山 典弘 須貝 尚介
2枠 2番 ノームコア 牝4 55.0kg 田辺 裕信 萩原 清
3枠 3番 カワキタエンカ 牝5 54.0kg 池添 謙一 浜田 多実雄
4番 アッフィラート 牝6 51.0kg 武藤 雅 藤原 英昭
4枠 5番 クロコスミア 牝6 55.0kg 岩田 康誠 西浦 勝一
6番 ランドネ 牝4 53.0kg 戸崎 圭太 角居 勝彦
5枠 7番 フロンテアクイーン 牝6 54.0kg 三浦 皇成 国枝 栄
8番 レイホーロマンス 牝6 51.0kg 内田 博幸 橋田 満
6枠 9番 ウラヌスチャーム 牝4 53.0kg F.ミナリク 斎藤 誠
10番 デンコウアンジュ 牝6 54.0kg 蛯名 正義 荒川 義之
7枠 11番 フローレスマジック 牝5 53.0kg 石橋 脩 木村 哲也
12番 ウインファビラス 牝6 52.0kg 松岡 正海 畠山 吉宏
8枠 13番 ミッキーチャーム 牝4 55.0kg 川田 将雅 中内田 充正
14番 ワンブレスアウェイ 牝6 54.0kg 津村 明秀 古賀 慎明

愛知杯からのサイン

ローレル競馬場賞中山牝馬ステークスと同じ1着賞金3600万円の愛知杯が、今年はなぜかカク指定戦に変わっています。

 

その愛知杯は、前年の愛知杯の1着馬のエテルナミノルと同枠となった1人気のノームコア(トップハンデ)が2着。

 

ノームコアは、愛知杯と同じ2000mの紫苑ステークスで1着、そして、サンケイスポーツ賞フローラステークスで2着同枠の3着になっている馬。

 

そして、愛知杯で1着となったのは、愛知杯と同じ2000mのマーメイドステークス(特指・ハンデ)で2着となり、エリザベス女王杯で敗退していたワンブレスアウェイ。

 

ワンブレスアウェイの同枠には、愛知杯と同じ中京2000mの500万下条件戦の西尾特別を勝ち、愛知杯と同じ中京2000mの1000万下条件戦のシンガポールターフクラブ賞でゾロ目決着の3着だったレイズアベール。

日刊スポーツ賞中山金杯と中山記念からのサイン

ローレル競馬場賞中山牝馬ステークスは中山競馬場の名前の入ったレース。

 

同じ中山競馬場の名前の入ったレースとして、日刊スポーツ賞中山金杯と中山記念があります。

 

日刊スポーツ賞中山金杯と中山記念は、どちらも松岡正海騎手の騎乗したウインブライトが勝っています。

 

また、正逆11番が1着となっています。

スポンサーリンク

ローレル競馬場賞中山牝馬ステークス2019の予想の結論

前年のローレル競馬場賞中山牝馬ステークス1着馬のカワキタエンカが3枠3番配置なので、カワキタエンカの筋は、同枠アッフィラート、対角ウインファビラス、平行デンコウアンジュとなります。

 

また、愛知杯の覇者のワンブレスアウェイが大外の8枠14番配置になっていて、対角にはG1馬のアドマイヤリード。

 

愛知杯と同じことをするなら、カワキタエンカの筋を使うと思いますし、愛知杯から捻ってくるなら、ワンブレスアウェイかアドマイヤリードを使うのではないでしょうか。

 

そこで、カワキタエンカとウインファビラスからアドマイヤリード、ミッキーチャーム、ランドネへ。

 

そして、ワンブレスアウェイとアドマイヤリードから1人気のミッキーチャームへ。

 

軽く流してみます。

スポンサーリンク