2月22日に、JRAの公式サイトで、ドバイシーマクラシック(G1)にサウンズオブアースが、ゴドルフィンマイル(G2)にカフジテイクが選出され、関係者が出走を受諾したそうです。

 

また、2月17日には、ドバイワールドカップ(G1)にアウォーディー、アポロケンタッキー両馬が、ドバイターフ(G1)にヴィブロス、リアルスティール両馬が、ゴドルフィンマイル(G2)にラニが選出され、関係者が出走を受諾したという記事がありました。

 

ヴィブロスとリアルスティールは、大阪杯の前哨戦である中山記念に登録していますが、日程から見て、ドバイターフに出走する予定ならば、大阪杯に出走しないことになります。

 

フェブラリーステークスの前哨戦である東海テレビ杯東海ステークスの覇者であるグレンツェントも、フェブラリーステークスを回避しました。

 

東海テレビ杯東海ステークスと中山記念は、ダートと芝の違いこそあれ、距離は1800mと同じG2です。

 

何やら怪しいですね。

 

今回は、中山記念2017のサインを考えてみることにします。

スポンサーリンク

JRA賞重賞馬グッズをゲット!重賞わくわくチャレンジ

第2回中山開催日イベントを見ると、「JRA賞重賞馬グッズをゲット!重賞わくわくチャレンジ」という企画がありますね。

 

中山記念2017が開催される2月26日(日)を見てみると、有馬記念で優勝したサトノダイヤモンドが描かれたオリジナルデザインウオッシャブルトートバックが150名に当たるようです。

 

同じ中山競馬場で行われたG1だから、有馬記念にしたのかは分かりませんが、有馬記念で優勝したサトノダイヤモンドのゼッケンである11番が見えます。

 

それと、バックの色が黒になっているのがサインのような気がします。

 

2枠に有力馬が入ったら、狙い目かも知れません。

JRA×川崎競馬 勝ち馬当て2重賞キャンペーン

JRAの中山記念と3月1日に川崎競馬場で行われる「エンプレス杯(Jpn2)」の2レースの勝ち馬を予想して、商品をゲットする企画です。

2月26日(日)に中山競馬場で行われる「中山記念(GII)」、3月1日(水)に川崎競馬場で行われる「エンプレス杯(JpnII)」の2レースの勝ち馬を予想し、キャンペーンサイトから応募すると、2レースとも的中した方の中から抽選で「神奈川県畜産会提供品(高座豚手造りハムセット)」や、「JRAオリジナルクオカード2枚セット(キタサンブラック・モーリス)」などの賞品をプレゼントいたします。

出典 JRA

 

中山記念2017に出走予定のマル地馬のサクラアンプルールへのサインでしょうか。

 

それとも、中山記念2017に出走する地方競馬出身の騎手へのサインでしょうか。

 

ヴィブロスには内田騎手、リアルスティールには戸崎騎手、ヌーヴォレコルトには岩田騎手が乗りそうですね。

お昼休みミニトークショー「今日のイチオシ馬券を探せ!」

 

中山記念2017の開催日の出演者は、市丸博司と津田麻莉奈ですね。

 

津田麻莉奈はホリプロに所属していますね。

 

中山記念2017には、堀厩舎所属のネオリアリズムが出走予定になっています。

 

また、津田麻莉奈はフェブラリーステークスの開催日に行われた「オープン型セミナー」にも出演していました。

 

フェブラリーステークスは、2枠3番のゴールドドリームが優勝しています。

 

2枠というと「JRA賞重賞馬グッズをゲット!重賞わくわくチャレンジ」でも取り上げた黒のバックとも重なりますね。

スポンサーリンク

最後に

出馬表が出るまで、あれこれ考えることは結構楽しいものです。

 

中山記念はG2なので、格下馬が連対できるほど甘くはないレースだと思いますが、出馬表が出たら、また考えてみます。

スポンサーリンク