中山記念2017の枠順が確定しましたね。

 

現在のところ、1人気にはアンビシャス、2人気はリアルスティール、3人気はネオリアリズムとなっています。

 

今回は、中山記念2017の予想をしてみたいと思います。

スポンサーリンク

中山記念2017の出馬表

 

中山記念2017は、12頭登録でカオスモスが阪急杯に回ったため、11頭の出走となっています。

1枠 1番 ネオリアリズム 57.0キロ
2枠 2番  マイネルミラノ 56.0キロ
3枠 3番  ヴィブロス 54.0キロ
4枠 4番  リアルスティール 58.0キロ
5枠 5番  マル地 サクラアンプルール 56.0キロ
6枠 6番  ヒラボクディープ 56.0キロ
7番  アンビシャス 57.0キロ
7枠 8番  ツクバアズマオー 56.0キロ
9番  ロゴタイプ 58.0キロ
8枠 10番  ヌーヴォレコルト 54.0キロ
11番  クリールカイザー 56.0キロ

昨年、G1の安田記念1着のロゴタイプ、同じくG1のドバイターフを1着したリアルスティールは2キロ増の58キロになっています。

 

また、G2競走の札幌記念を勝ったネオリアリズム、同じくG2の産経大阪杯を勝ったアンビシャスは1キロ増の57キロ。

 

そして、牝馬限定の秋華賞(G1)を勝ったヴィブロスは1キロ増の54キロになっています。

2017年G2別定戦の流れ

2017年のG2別定戦は、アメリカジョッキークラブカップ、東海テレビ杯東海ステークス、京都記念が終了しています。

 

ダート競走である東海テレビ杯東海ステークスは1着賞金額が5500万円、芝の競走であるアメリカジョッキークラブカップ、京都記念、そして中山記念は1着賞金額が6200万円であることから、東海テレビ杯東海ステークスは除いておきます。

 

アメリカジョッキークラブカップ

1着 タンタアレグリア   2016年阪神大賞典(G2)2着

2着 ゼーヴィント    2016年朝日杯セントライト記念(G2)2着

 

京都記念

1着 サトノクラウン   2016年京都記念(G2)1着

2着 スマートレイアー  2016年サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークス(G2)1着

 

中山記念2017の出走メンバーで、G2連対歴にある馬を探してみます。

 

ネオリアリズム  2016年札幌記念1着

リアルスティール  2015年フジテレビ賞スプリングステークス2着他

ヒラボクディープ  2013年青葉賞1着

アンビシャス   2016年毎日王冠2着他

ロゴタイプ   2015年中山記念2着他

ヌーヴォレコルト  2015年中山記念1着他

クリールカイザー  2015年アメリカジョッキークラブカップ1着

 

2016年に限定すれば、ネオリアリズムとアンビシャスになります。

やっぱり気になる2006年中山記念

秋華賞馬が、翌年の中山記念に出走したのは2006年だけです。

 

2006年中山記念(12頭立て)

1着 バランスオブゲーム 7歳牡馬 59キロ 田中勝春騎手 6人気 5枠6番

前走 根岸ステークス(ダート)11着  2005年中山記念覇者

2着 ダイワメジャー  5歳牡馬 58キロ デムーロ騎手  1人気  1枠1番

前走 マイルチャンピオンシップ2着

3着 エアメサイア  4歳牝馬 55キロ 武豊騎手 4人気 8枠12番

前走 エリザベス女王杯5着

 

1着馬のバランスオブゲームの同枠に配置されていたのは、ハットトリックです。

 

ハットトリックが中山記念に出走した後、次に出走したレースはドバイデューティフリーで、現在のドバイターフになります。

 

今年、リアルスティールとヴィブロスは、大阪杯をパスして、ドバイターフに出走することになっています。

JRAのフェイスブックは1996年のサクラローレルが勝った中山記念を投稿

 

JRAのフェイスブックは1996年のサクラローレルが勝った中山記念を投稿していますが、サクラローレルは目黒記念を2着したあとに、1年以上休養をはさみ、中山記念に出走し勝った馬です。

 

ちょっと予想外の年を出してきましたね。

 

1996年中山記念

1着 サクラローレル 6歳牡馬 57キロ 横山典弘騎手 9人気 3枠5番

前走 目黒記念2着(1995.2.19)

2着 ジェニュイン 5歳牡馬 57キロ  岡部幸雄騎手 1人気  2枠3番

前走 有馬記念10着  前々走 天皇賞(秋)2着

3着 サイレントハピネス 5歳牝馬  54キロ 橋本広喜 騎手 5人気 6枠10番

前走 中山牝馬ステークス4着

 

2006年と1996年の中山記念の共通項は、1着馬はG1馬ではなく1年間勝利から遠ざかっていた馬。

 

そして、2着馬は1人気で、3着馬は牝馬ということです。

 

中山記念2017で、1年間勝利から遠ざかっている馬は、ヒラボクディープ・クリールカイザーの2頭。

 

国内未勝利という考えであれば、ヌーヴォレコルト・リアルスティールも入ります。

スポンサーリンク

まとめ

今回はアンビシャスから入りたいと思います。

 

おそらく、アンビシャスは2着ではないでしょうか。

 

相手は、リアルスティール・ヌーヴォレコルト・ネオリアリズムにしてみます。

 

リアルスティールとヌーヴォレコルトは地方出身騎手ですし、ネオリアリズムのデムーロ騎手はフェブラリーステークスや京都記念、アーリントンカップなど連覇が多いです。

 

また、サインの「重賞わくわくチャレンジ」で、中山記念を見るとサトノダイヤモンドの有馬記念が載っていますが、昨年の中山記念で1枠1番にサトノギャラントと馬主が同じなのも気になるところです。

スポンサーリンク