今年、第70回の開催を迎える鳴尾記念は、以前は6月と12月に開催されていたそうです。

 

年2回も開催されていれば、通常のレースよりも施行回数が多くなるのは当然です。

 

今年の鳴尾記念は、10頭しか出走馬がいません。

 

夏開催の開幕重賞としてはちょっと寂しいですね。

 

今回はそんな10頭立てになってしまった鳴尾記念2017の予想を行いたいと思います。

スポンサーリンク

鳴尾記念2017の出馬表

出典 JRA

 

1枠 1番 ラストインパクト 牡7 56.0kg 四位 洋文 角居勝彦
2枠 2番 スピリッツミノル 牡5 56.0kg 幸 英明 本田 優
3枠 3番 マイネルフロスト  牡6 56.0kg 丹内 祐次 高木 登
4枠 4番 スズカデヴィアス 牡6 56.0kg 横山典弘 橋田 満
5枠 5番 バンドワゴン 牡6 56.0kg C.ルメール 石坂 正
6枠 6番 デニムアンドルビー 牝7 54.0kg 福永 祐一 角居勝彦
7枠 7番 レッドソロモン 牡5 56.0kg 岩田 康誠 庄野靖志
8番 スマートレイアー 牝7 54.0kg M.デムーロ 大久保 龍志
8枠 9番 ステイインシアトル 牡6 56.0kg 武 豊 池江泰寿
10番 ミュゼエイリアン せん5 56.0kg 松山 弘平 黒岩 陽一

現在のところ、1人気は

バンドワゴン、2人気はスマートレイアー、3人気はスズカデヴィアスとなっています。

10頭立ての鳴尾記念

日程移動後の鳴尾記念で10頭立てだったのは2012年。

 

2012年鳴尾記念(10頭立て)

1着 トゥザグローリー 8枠10番(逆1番) 5歳牡馬 57キロ 福永祐一騎手 2人気

前走 中山記念1人気10着

前々走 日経新春杯1着

同枠 ダンツホウテイ 7歳牡馬 56キロ 吉田豊騎手 7人気

前走 新潟大賞典11人気2着

2着 ショウナンマイティ 7枠8番(逆3番) 4歳牡馬 57キロ 浜中俊騎手 1人気

前走 産経大阪杯6人気1着

前年鳴尾記念2着馬

同枠 イケトップガン 8歳牡馬 56キロ 川田将雅騎手 最下位人気

前走 メイステークス8着

3着 トーセンラー 6枠6番(逆5番) 4歳牡馬 56キロ 岩田康誠騎手 5人気

前走 新潟大賞典3人気11着

 

2012年の鳴尾記念は2人気と1人気の固い決着。

 

1着馬・2着馬とも57キロと増量馬でした。

 

また、1着同枠に新潟大賞典2着馬がいるのは気になります。

 

鳴尾記念2017にも新潟大賞典2着馬のマイネルフロストがいます。

 

ただし、マイネルフロストは3枠1頭の単独枠となっています。

 

そして、2着同枠には最下位人気がいます。

JRAフェイスブックからのサイン

JRAフェイスブックの金曜日の記事は、JRAブリーズアップセールで落札されたハヤブサカノンという牝馬の記事です。

 

セレクトセール出身の馬はバンドワゴン、デニムアンドルビー、ステイインシアトルの3頭、千葉サラブレッド・セール出身の馬はミュゼエイリアン 。

 

牝馬ということであればデニムアンドルビーが怪しいです。

ヒーロー列伝からのサイン

6月3日から始まるオッズ・マスターズ・グランプリ2017 -ヒーロー列伝という企画がありますが、初日に行われる鳴尾記念2017で、サインとなるものがありそうです。

 

調べてみると、ミュゼエイリアンはスクリーンヒーロー産駒です。

スポンサーリンク

まとめ

10頭立ての2012年鳴尾記念から最下位人気の同枠が2着していること、JRAフェイスブックからセレクトセール出身の馬が浮上すること、ヒーロー列伝からミュゼエイリアンが考えられることから、現在最下位人気のミュゼエイリアンの同枠のステイインシアトルを軸とします。

 

相手は、牝馬のスマートレイアーとデニムアンドルビー。

 

デニムアンドルビーは、鳴尾記念が農林水産省典の副題からも浮上します。

 

さらに、バンドワゴンも抑えます。

スポンサーリンク