2月19日に行われるダートレースのG1競走・フェブラリーステークスの前哨戦は、先週行われた東海テレビ杯東海ステークスと今週行われる根岸ステークスの2レースです。

 

そして、秋に行われるダートレースのG1競走であるチャンピオンズカップの前哨戦は、東京中日スポーツ杯武蔵野ステークスとみやこステークスの2レースです。

 

フェブラリーステークスの前哨戦である東海テレビ杯東海ステークスと根岸ステークスの1着馬には、フェブラリーステークスの優先出走権が、チャンピオンズカップの前哨戦である東京中日スポーツ杯武蔵野ステークスとみやこステークスの1着馬には、チャンピオンズカップの優先出走権が与えられます。

スポンサーリンク

東海テレビ杯東海ステークスの1着馬と2着馬は?

 

東海テレビ杯東海ステークスの1着馬と2着馬の戦歴を、もう一度見てみましょう。

 

東海テレビ杯東海ステークスの1着馬であるグレンツェントは、チャンピオンズカップの前哨戦のみやこステークスの2着馬です。

 

2つしかない中央のG1タイトルに向けた前哨戦同士の「東海テレビ杯東海ステークス」と「みやこステークス」。

 

グレンツェントは東海テレビ杯東海ステークス1着とみやこステークス2着を保有したことになります。

 

一方、東海テレビ杯東海ステークスで2着したモルトベーネはどうでしょうか?

 

モルトベーネは、みやこステークスに出走していますが、6着という成績です。

 

しかし、モルトベーネの同枠にいたロワジャルダンが、みやこステークスで3着になっています。

 

つまり、モルトベーネ自体は、みやこステークスで6着でしたが、枠としては3着席にいたということです。

根岸ステークスと東京中日スポーツ杯武蔵野ステークス

「東海テレビ杯東海ステークス」と「みやこステークス」が、中央のG1タイトルに向けた前哨戦同士の関係であるならば、「根岸ステークス」と「東京中日スポーツ杯武蔵野ステークス」も同様の関係があると見ます。

 

昨年行われた東京中日スポーツ杯武蔵野ステークスの結果は1着がタガノトネール、2着がゴールドドリーム、3着が カフジテイクでした。

 

根岸ステークス2017の出走メンバーを見てみます。

 

東京中日スポーツ杯武蔵野ステークスの1着馬のタガノトネールと2着のゴールドドリームは不在ですが、3着のカフジテイクが出走予定です。

 

さらに、出走馬を見ていくと、東京中日スポーツ杯武蔵野ステークスで2着同枠であったノボバカラが出走します。

根岸ステークスの出馬表

 

根岸ステークスの出馬表が出ましたね。

1枠 1番  ブルミラコロ
2番  ラストダンサー
 2枠 3番   カフジテイク
4番   マル地ニシケンモノノフ
 3枠 5番   マル外 ベストウォーリア  
 6番  グレープブランデー
 4枠  7番  モンドクラッセ
 8番  シカク地 ラブバレット
 5枠  9番  コーリンベリー
10番 グレイスフルリープ
6枠 11番 マル外 タールタン
12番 ブライトライン
7枠 13番 エイシンバッケン
14番 キングズガード
8枠 15番 マル外 ベストマッチョ
16番 ノボバカラ

東京中日スポーツ杯武蔵野ステークスの3着馬の カフジテイクは、マル地のニシケンモノノフと同枠になりました。

 

東京中日スポーツ杯武蔵野ステークスの2着同枠だったノボバカラは、マル外の4歳馬ベストマッチョと同枠になりましたね。

 

ノボバカラとニシケンモノノフは、カペラステークスの1・2着馬でもありますね。

 

この2枠と8枠の組み合わせは面白そうですね。

スポンサーリンク

最後に

今回は中央のダートG1レースの前哨戦である「東海テレビ杯東海ステークス」と「みやこステークス」、「根岸ステークス」と「東京中日スポーツ杯武蔵野ステークス」で予想を組立てみました。

 

この予想では、2枠は8枠に先着できないことになりますね。

 

まだ時間があるので、もう少し考えてみたいと思います。

スポンサーリンク