全豪オープンで、大坂なおみ選手が優勝しましたね。

 

昨年の全米オープンに続く四大大会優勝は凄いことですよね。

 

やっぱり、身体能力が違うのでしょうね。

 

これで、大坂なおみ選手は世界ランキングでも1位が確実になったようです。

 

まさか、日本人選手が世界ランキング1位になる日が来るとは、思いませんでした。

 

さて、こちらは地道に競馬の予想をしたいと思います。

 

今回は根岸ステークス2019の予想を行います。

スポンサーリンク

根岸ステークス2019の出馬表

出典 JRA

 

根岸ステークス2019には18頭が登録し、サイタスリーレッドとヒロブレイブが回避し、16頭立てとなっています。

 

現在のところ、1人気はサンライズノヴァ、2人気はコパノキッキング、3人気は ユラノトとなっています。

1枠 1番 クインズサターン 牡6 56.0kg 四位 洋文 野中 賢二
2番 ユラノト 牡5 56.0kg C.ルメール 松田 国英
2枠 3番 サトノファンタシー 牡6 56.0kg 岩田 康誠 松田 国英
4番 ケイアイノーテック 牡4 58.0kg 藤岡 佑介 平田 修
3枠 5番 ラブバレット 牡8 56.0kg 大野 拓弥 加藤 和宏
6番 モーニン 牡7 58.0kg 和田 竜二 石坂 正
4枠 7番 クロスケ 牡4 55.0kg 田辺 裕信 水野 貴広
8番 ヤマニンアンプリメ 牝5 54.0kg 内田 博幸 中村 均
5枠 9番 ワンダーリーデル 牡6 56.0kg 柴田 大知 沖 芳夫
10番 レッドゲルニカ せん6 56.0kg 蛯名 正義 藤沢 和雄
6枠 11番 コパノキッキング せん4 56.0kg O.マーフィー 村山 明
12番 サンライズノヴァ 牡5 57.0kg 戸崎 圭太 音無 秀孝
7枠 13番 メイショウウタゲ 牡8 56.0kg 酒井 学 安達 昭夫
14番 ノボバカラ 牡7 56.0kg F.ミナリク 森 秀行
8枠 15番 キタサンミカヅキ 牡9 58.0kg 森 泰斗 佐藤 賢二
16番 マテラスカイ 牡5 57.0kg 吉村 智洋 森 秀行

1着賞金3800万円の重賞レースからのサイン

1着賞金3800万円の重賞レースは、福島牝馬ステークス、みやこステークス、東京中日スポーツ杯武蔵野ステークス、そして、根岸ステークスの4レース。

 

このうち、昨年はJBC競走が開催されたことに伴い、みやこステークスは中止となっています。

 

では、残りの福島牝馬ステークスと東京中日スポーツ杯武蔵野ステークスの結果はどうだったのでしょうか?

 

2018年福島牝馬ステークス(12頭立て)

1着 キンショーユキヒメ 牝5 54㎏ 6枠7番(逆6番)秋山真一郎騎手 7人気

2着 カワキタエンカ 牝4 54㎏ 4枠4番(逆9番)池添謙一騎手 1人気

 

2018年東京中日スポーツ杯武蔵野ステークス(16頭立て)

1着 サンライズノヴァ 牡4 56㎏ 2枠4番(逆13番)戸崎圭太騎手 1人気

2着 クインズサターン 牡5 56㎏ 2枠3番(逆14番)四位洋文騎手 7人気

 

2つのレースの共通項は4番、1人気、7人気ですね。

霜月ステークスからのサイン

根岸ステークスは東京1400mのダートで行われるレースですが、同じ東京1400mダートで行われる霜月ステークスが、近2年で連動しています。

 

2016年霜月ステークス(16頭立て)

1着 ラストダンサー 牡5 55㎏ 7枠14番逆3番)田辺裕信騎手 2人気

2着 タールタン マル外 牡8 57.5㎏ 3枠5番(逆12番)北村宏司騎手 1人気

 

2017年根岸ステークス(16頭立て)

1着 カフジテイク  牡5 56㎏ 2枠3番逆14番)福永祐一騎手 1人気

2着  ベストウォーリア マル外 牡7 58㎏ 3枠5番(逆12番)戸崎圭太騎手 3人気

 

 

2017年霜月ステークス(16頭立て)

1着 ダノンフェイス 牡4 54㎏ 2枠4番(逆13番)浜中俊騎手 2人気

2着 サウススターマン 牡6 56㎏ 8枠16番(逆1番)三浦皇成騎手 4人気

 

2018年根岸ステークス(14頭立て・取消戦)

1着  ノンコノユメ せん6 58㎏ 8枠14番(逆1番)内田博幸騎手 6人気

2着 サンライズノヴァ 牡4 56㎏ 5枠8番(逆7番)戸崎圭太騎手 1人気

 

 

2018年霜月ステークス(16頭立て)

1着 サトノファンタシー 牡5 56㎏ 2枠4番(逆13番)岩田康誠騎手 7人気

2着  プロトコル 牡7 54㎏ 5枠10番(逆7番)柴田善臣騎手 14人気

スポンサーリンク

根岸ステークス2019の予想の結論

今年の重賞の傾向は、4歳馬VS5歳馬以上という流れ。

 

必ず、4歳馬が連対しています。

 

根岸ステークス2019の出走馬で4歳馬は、ケイアイノーテック、クロスケ、コパノキッキングの3頭。

 

クロスケは厳しいと思うので除きます。

 

5歳馬以上で考えると、東京中日スポーツ杯武蔵野ステークス組からクインズサターンとサンライズノヴァ。

 

そこで、ケイアイノーテックとコパノキッキングからクインズサターンとサンライズノヴァ、そしてユラノトに流します。

スポンサーリンク